効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

痩せた口コミ多数?えごま油ダイエットの効果

痩せた口コミ多数?えごま油ダイエットの効果

えごま油ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    4

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

今回は“えごま油”が持つダイエット効果についてご紹介いたします。

ダイエットには大敵と思われがちな「油」ですが、エネルギー源となる他にも生体膜や血液の成分として需要で、それ以外にも脂溶性のビタミンの吸収を助けたり代謝を円滑に維持する為に必要な栄養素の1つでもあります。その為、油を極端に制限するのではなく、良質な油を適量摂取することがダイエットの近道となります。

その良質な油として注目されているのが、シソ科の植物であるえごまの種子から抽出される「えごま油」。えごま油は「不飽和脂肪酸」という代謝アップに有効な脂肪酸で構成されており、老化の原因とも言われている活性酸素を抑制するアンチエイジング効果が期待されている油です。

その効果から世界のモデルや女優などが 美容や健康のために愛用しているスーパーフードの1つとして挙げられています。

そこで、えごま油ダイエットについて「摂る時間は?」「寝る前が効果的って本当?」「オリーブオイルとは何が違うの?」といった疑問をクリアにしながら、おススメのレシピや「えごま油ダイエットで痩せた!」といった口コミなど、えごま油ダイエットを効果的に行う方法をご紹介したいと思います!

えごま油ダイエットの方法

えごま油ダイエットの方法

えごま油は良質な油とはいえ、油は油です。カロリーも他の油と同様ですので摂り過ぎはNGです。食材や調理から摂取する脂質量も考慮した場合、1日ティースプーン1~2杯を目安に摂取することがおススメです。

えごま油は酸化しやすい為、炒めたり揚げたりといった加熱調理には不向きですので、サラダのドレッシングとして取りいれたり、魚やきのこのソテーの仕上げに風味づけにかけたり生の状態で取り入れましょう

また、緑黄色野菜(トマトや小松菜ブロッコリーなど切り口が濃い色の野菜)に含まれる脂溶性のビタミンの吸収を高める為、一緒に摂るよう意識すると相乗効果が期待できます。えごま油は癖のある香りや独特の風味がある為、苦手な方は納豆に混ぜたり、カレーやみそ汁を食べる直前に加えたり、味の濃いものと一緒に摂ると取り入れやすくなります。

注意点としては、酸化しやすい分保存や選び方に気を付けていただきたいと思います。遮光された容器のものを選んだり、しっかり封をして冷暗所で保存しできるだけ早めに使い切るようにしましょう。1回使い切りタイプのパウチなど小分けになっているものもありますので、ご自身の使用する量や頻度に合わせて選ぶこともポイントとなります。

えごま油ダイエットの効果的な時間

えごま油は基本的に食事の中で取り入れていただくことがおススメです。緑黄色野菜などの野菜と摂ることで食物繊維も一緒に補うことができる為、血糖値の急激な上昇を抑えたり過剰な脂質の吸収を抑える効果も期待できます。

また、交感神経の働きが活発でエネルギー消費量が増える日中(朝食や昼食)のうちに取り入れることで効率良くエネルギー源として燃焼させることができます。

寝る前が効果的?

えごま油ダイエットは寝る前が効果的?

えごま油を使用したダイエットの中では、寝る前に摂取する摂り方を紹介しているものも見られますが、夕食を早めに済ませたり便秘解消によるダイエット効果も考えられる為、個々の代謝量や生活リズム、食事内容によっては逆効果になる可能性も否定できません。

夜は副交感神経の働きが優位になり、体脂肪を蓄えやすくなる時間帯になる為、極力エネルギー摂取は控えた方が安心です。また、寝る前ではなくても、適量の油の摂取はスムーズな排便の助けとなりますので、えごま油を食事の中で摂取するだけでも便通効果は期待できます

えごま油のダイエット効果

えごま油のダイエット効果

体内で補えない必須脂肪酸!「n-3系の不飽和脂肪酸」

油を構成している脂肪酸は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分かれており「飽和脂肪酸」は動脈硬化や肥満を引き起こす要因となる為摂り過ぎに気を付けたい脂肪酸である一方、「不飽和脂肪酸」は動脈硬化や高血圧を予防する等の健康効果や代謝アップ作用が期待されている良質な脂肪酸として積極的な摂取が勧められています。

えごま油は、この「不飽和脂肪酸」の中でも「多価不飽和脂肪酸」に分類され、さらにn-3系脂肪酸という体内で合成できないことから食事から摂取する必要がある「必須脂肪酸」で構成されています。

同じ健康油として知られる「オリーブオイル」も不飽和脂肪酸ではありますが、「一価不飽和脂肪酸」に分類されます。「一価不飽和脂肪酸」とは、血液中のコレステロールを減らす働き等がありますが、現代の食生活の中で不足している脂肪酸ではない為、積極的に勧められている油はえごま油などのn-3系の脂肪酸と言えます。

▶︎「オメガ3脂肪酸とは?ダイエット効果はあるの?

抗酸化成分「ルテオリン」「ロズマリン酸」

えごま油にはポリフェノールの一種である「ルテオリン」や「ロズマリン酸」が含まれています。これらは抗酸化作用を持ち、動脈硬化を防ぐと共に血流を上げることにより代謝をアップさせます。また、「ロズマリン酸」には摂取した糖質がブドウ糖に分解される過程を抑制する働きがあると言われており、血糖値の急激な上昇を防ぎ体脂肪を溜め込みにくくする効果も期待されています。

さらに、ダイエット効果の他にも炎症抑制作用や免疫力強化作用も報告されているので、花粉症などのアレルギー対策としても有効な油であると言えます。

血液サラサラ!燃える体に

「n-3系の不飽和脂肪酸」や「ルテオリン」「ロズマリン酸」などの抗酸化成分によって血液がサラサラになると、なぜ代謝がアップするのでしょうか。

血液は酸素や栄養素を細胞に運ぶと共に、二酸化炭素や老廃物を運び出して外に排出する役割を担っています。ストレスや偏った食生活、飽和脂肪酸などの摂り過ぎによって体が酸化すると血液がドロドロになり十分な機能を果たすことができなくなります。その結果、細胞が酸素不足となり円滑なエネルギー代謝を行うことができなくなり、ダイエットの妨げになるという仕組みです。

また、体内で働くさまざまな酵素の中でも脂質の代謝をサポートする「リパーゼ」という酵素は酸素を十分に得ることで活性化すると言われていますので、血液をサラサラに保つことで酵素の働きを活性化させ、巡りの良い痩せやすい体づくりに役立ちます

便秘解消!円滑な消化吸収をサポート

便秘解消!円滑な消化吸収をサポート

便秘解消には「水分」「食物繊維」「運動(腹筋)」が基本と言われていますが、見落とされがちになるのが「脂質」の摂取です。適度な脂質は腸内での便の移動を滑らかにサポートする為、ダイエットを意識するあまり極端に控えてしまうと、便秘を招く(助長する)ことにも繋がります。

しかしながら血中のコレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸の摂取は極力控えたい為、えごま油など良質な脂肪酸を摂取していくことが便秘解消&ダイエットと一石二鳥の効果に繋がります。

脂溶性のビタミンや抗酸化成分の吸収をサポート!

脂溶性のビタミンや抗酸化成分の吸収をサポート

食材に含まれる脂溶性のビタミン(V.A・V.E・V.D・V.K・β-カロテン等)は脂質と一緒に摂ることで吸収利用効率がアップします。とはいえ、揚げ物や炒め物など高カロリー食はダイエットに逆効果となってしまいます。

えごま油は酸化しやすい分、ドレッシングとして和えたり、出来上がった料理にかけたりして取り入れることになりますので、結果的に過剰な脂質摂取を控えることができます

えごま油を使ったダイエットレシピ

アボカドとトマトのえごま油deサラダ

脂溶性のビタミンやβカロテンが豊富なアボカドやトマトはえごま油との相性も抜群!ブロッコリースプラウトも抗酸化力の他「スルフォラファン」というファイトケミカルを含み、ダイエット効果をパワーアップさせてくれる最強の組み合わせです。

材料 2人分(1人分203kcal)
・アボカド 1/2個
・トマト 1/2個
・ブロッコリースプラウト(orスプラウト) 1パック
・レモン汁 大さじ1杯
・えごま油 大さじ1杯
・塩コショウ 少々

トマアボサラダ(スプラウトのせ)

作り方
1.アボカドとトマトを水洗いし食べやすい大きさに切っておく。
ブロッコリースプラウトも水洗いし水気を切っておく。
2.レモン汁、えごま油、塩コショウを混ぜ合わせておく。
3.(1)をボウルに入れ、(2)の調味料を混ぜ合わせる。

えごま油deかつおのカルパッチョ

Wの不飽和脂肪酸効果!「えごま油deかつおのカルパッチョ」

かつおは青魚の分類で、えごま油と同じくEPAやDHAなどn-3系の不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分にも血栓を防止して血液をサラサラにする作用がある為、Wの不飽和脂肪酸効果を強力にサポートします。

材料 2人分(1人分177kcal)
・かつお(柵) 150g
・玉ねぎ 1/2個
・飾り用(しその葉・刻みネギ・白ごま等)
<A>
・えごま油 大さじ2杯
・しょうゆ 大さじ2杯
・酢 大さじ1杯
・すりおろし生姜 大さじ2杯

えごま油でかつおのカルパッチョ

作り方
1.玉ねぎを薄くスライスし水にさらしておく。<A>の調味料を合わせておく。
2.かつおは5mm厚さに切り<A>に漬け冷蔵庫で20~30分おく。
3.水気を切った玉ねぎの上に(2)を並べ、漬けダレを回しかける。
4.しその葉や刻みネギ、白ごまなどをかける。

えごま油のダイエットスムージー

超低カロリー!「えごま油のダイエットスムージー」

トマトとセロリがベースなので、スムージーの中でも超低カロリーの上、酵素をたっぷり摂ることができます。また、食物繊維も豊富なので便秘解消や肌荒れ防止などダイエット以外にも嬉しい効果ばかり!えごま油をプラスすることでビタミンの吸収利用効率も便通効果もアップします。

材料 2人分(1人分60kcal)
・トマト 1個
・セロリ 1本
・水 100ml
・レモン汁 小さじ2杯
・はちみつ 小さじ2杯
・えごま油 小さじ2杯

作り方
1.トマトはヘタを除き、一口大に切る。セロリも筋を取り一口大に切る。
2.えごま油以外の材料をミキサーにかける。
3.グラスに注ぎ、えごま油を小さじ1杯ずつ混ぜ合わせる。

痩せた口コミ


えごま油ダイエットについての口コミでは以下のようなものが見られました。

摂取して翌日に体重が減少するようなダイエットではありませんが、便通や肌の潤いなど体感しやすいのも続けられるポイントですね。

ヨーグルトなど毎日摂る習慣があるものに混ぜることも継続していくポイントですね。

中には「ニオイや味がダメ・・・」という口コミも見られました。

無理な摂り方は続けることが難しい上にストレスになってしまいます。無理をしてそのまま摂らずに料理や飲み物に混ぜるなど、自分に合った取り入れ方を見つけることが成功への近道となります。

えごま油ダイエットでつや肌、スリムなボディを手に入れよう!

ダイエットの敵と思っていた油ですが、良質な油を適量摂ることでダイエットを円滑に進める為の力強いサポートになるのですね!

極端に油を制限して体を壊したり肌や髪をボロボロにしないよう、毎日ティースプーン1~2杯のえごま油でつやつやな肌や髪と一緒にスリムボディを手に入れましょう!

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事