効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

パセリのダイエット効果とレシピ

DietMenu

パセリのダイエット効果とレシピ

パセリダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    4

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

こちらの記事では、パセリのダイエット効果についてご紹介します。

味にアクセントをつけたり、彩りとして使われたりすることが多いパセリ。なかなか料理の主役になりにくいどころか、食べずに捨てられてしまうこともある悲しい存在です。

そんなパセリですが、実は栄養たっぷりでカロリーも低く、ダイエットに最適な食材だということをご存知でしょうか。この記事では、パセリを使った簡単レシピや、ダイエットの効果などを詳しくお伝えしていきます!

パセリのダイエット効果

パセリのダイエット効果

胃液の分泌を促し、栄養の吸収率を高めてくれる

パセリの最大の特徴といえば、独特の苦みですよね。実は、あの苦みには胃液の分泌を促す効果があるのです。エーザイ株式会社によると、日本人は欧米人と比較すると胃液の分泌量が少なく、7~8割の方が不足気味と言われています。

胃液の分泌量が少ないと、たんぱく質を始めとする栄養素を胃から吸収することができません。十分な栄養を体が摂りいれることができず、細胞にもエネルギーが行きわたらなくなります。結果的に胃液不足は、太りやすい体質を招いてしまうのです。

さらに体にとって必要な栄養素を吸収できない状態が続くと、脳が飢餓状態だと判断し「もっと食事をとれ」という指令を出します。本来は満腹になるだけの量を食べているにも関わらず、空腹感がいつまでもおさまらずに食べ過ぎてしまう…という状況に陥ってしまうのです。

「十分に食べているはずなのに満腹感が得られない」という方は、もしかすると胃液が不足していることが原因かもしれません。パセリには胃痛、胃もたれ、胃の不快感を解消してくれる働きがあるため、食事の前に食べるには最適な食材なのです。

むくみ解消などのデトックス効果

むくみ解消などのデトックス効果

パセリには、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

カリウムには過剰なナトリウムを排出し、むくみを解消する働きがあります。体のむくみは美容面で気になるだけでなく、冷え症や高血圧、さらには生活習慣病などを招く恐れがあります。

塩辛い食事に偏っていたり、甘いものばかり食べていたりすると、ナトリウムが過剰に蓄積されている可能性がありますので注意が必要です。

また、マグネシウムには整腸作用や利尿作用があるため、不要物を速やかに体外へ排出してくれるのです。腸内の不要物を排出してくれることにより、代謝が高まり痩せやすい体になったり、肌がきれいになったりと嬉しい効果がたくさんあります。

むくみや便秘でお悩みの方にとって、パセリはまさに救世主とも言える食材ですね。

女性にとって大切な鉄分やビタミンCが豊富!

女性にとって大切な鉄分やビタミンCが豊富

様々な栄養素の中で、特に女性が不足しがちになってしまうのが鉄分です。

厚労省の調査によると、成人女性に必要とされる鉄分量は12mgなのに対し、実際は世代を問わず平均7mg~7.5mgほどしか摂取できていません。この数字が表している通り、日本人は慢性的な鉄分不足なのです。

鉄分が不足すると、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの量が減っていきます。また、ヘモグロビンが不足すると、細胞に酸素が行き届かなくなり代謝が落ちていきます。

脂肪が燃焼しにくくなるばかりか、健康にも大きな害が及びます。少し動いただけでもめまいや息切れが起きたり、疲れやすくなったりという症状が起きてしまうのです。

さらに問題なのが、鉄分は非常に吸収されにくい成分だということです。鉄分の吸収率は約5~10%程度しかないため、10mgの鉄分を摂取しても実際には1mgほどしか吸収されません。

そこで大切なのは、ビタミンCと鉄分を一緒に摂取することです。ビタミンCには、鉄分の吸収率を高めてくれる働きがあるのです。

そしてパセリの注目すべきポイントとして、鉄分とビタミンCが豊富に含まれているということが挙げられます。パセリには100gあたり7.5mgの鉄分が含まれています。

鉄分が豊富といわれるほうれん草の7倍、あさりの2倍もの含有量を誇ります。

さらに、パセリは100gあたり120mgのビタミンCが含まれているのです。同じくビタミンCが豊富なレモンの2倍以上の含有量です。毎日の食生活で、鉄分とビタミンCのことを考えながら料理を作るのは大変なことです。

しかし、パセリを食べるだけで鉄分とビタミンCをバランスよく摂取できるのは嬉しいですよね。

パセリダイエットとは

パセリダイエットとは

パセリダイエットのやり方

パセリダイエットは、食事の前にパセリを食べるだけのダイエット方法です。ダイエットだからと食事の内容を劇的に変化させる必要はなく、いつもの食卓に一品パセリを使った料理をプラスするだけで良いのです。

パセリは栄養価が高いだけでなく、100gでわずか44kcalしかないため、ダイエット中でも安心して食べることができます。そのまま生で食べても良いですし、スープにしたり、ペースト状にして他の食材へかけて食べたりもできます。

様々な食材と合わせやすく、調理方法も豊富なのが魅力的ですね。パセリを使った簡単ダイエットレシピは、後ほどご紹介させていただきます。

パセリの簡単ダイエットレシピ

パセリの簡単ダイエットレシピ

それでは、ここでパセリを使った簡単ダイエットレシピをご紹介します。

これまでにパセリを使った料理をされたことがない方がほとんどだと思いますが、どれも手早く作れておいしいレシピばかりです。気になるレシピがあったら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

簡単!パセリのお浸し

簡単!パセリのお浸し

パセリの癖のある味も気にならず、あっさりといただけるのがこちらのレシピです。仕上げにごまをかけると、風味が増すばかりでなくコレステロールを減らす効果も期待できますよ。

材料(2人分)
・パセリ 1袋
・●白だし 大さじ1
・●醤油 大さじ1
・すり白ごま お好みで

簡単!パセリのお浸し

作り方
沸騰した鍋にパセリを入れ、2、3分茹でたら冷水にあけます。水気をしぼり、一口大に切ってからボウルに入れます。
白だしを入れ、2、3分待ち味がなじんでから醤油を入れます。仕上げにすりごまをかけたら完成です。

パセリサラダ

パセリサラダ

甘めにドレッシングが作られているので、パセリの苦味が気になりません。トマトには美肌をもたらす効果が、玉ねぎには血圧を下げてくれる効果があり、栄養満点でおいしい一皿です。

材料
・パセリ ここでは約50g使用
・トマト 1個
・玉ネギ(小) 1/2個
・☆酢 大さじ2
・☆オリーブオイル 大さじ1
・☆レモン絞り汁 少々
・☆砂糖 大さじ1/2
・☆にんにくパウダー 小さじ1/2
・☆塩 少々
・☆胡椒 少々

パセリサラダ

作り方
玉ねぎをラップに包み、電子レンジで30秒加熱します。パセリの葉・茎を細かいみじん切り、玉ねぎは粗いみじん切り、最後にトマトをざく切りにします。
☆の材料を全て混ぜて、ドレッシングを作ります。出来上がったドレッシングと、パセリ、トマト、玉ねぎを混ぜ合わせたら完成です。

万能★パセリソース

万能★パセリソース

材料(作りやすい分量)
・パセリ 5枝分くらい
・オリーブオイル 大さじ4
・塩 小さじ3/4
・黒胡椒 少々
・くるみ 20g(ひとつかみ程度)
・にんにく 1かけ

万能★パセリソース

作り方
材料を適当な大きさに切り、調味料と一緒にフードプロフェッサーで混ぜ合わせれば完成です。
白身魚や肉、フランスパンにかけて食べてもおいしくいただける万能のソースです。たくさん作って、冷蔵庫に常備しておきたいですね。

パセリたっぷり☆人参と卵のコンソメスープ

パセリたっぷり☆人参と卵のコンソメスープ
食物繊維やビタミンたっぷりの人参と、たくさんの栄養が凝縮された卵が入ったこちらのレシピ。温かいスープは空腹を落ち着かせるので、早食いや食べ過ぎの防止にもなります。

材料(2人分)
・人参(千切り) 1/2本
・卵 1個
・パセリ(みじん切り) お好みで
・コンソメ(固形) 1個
・水 400ml

パセリたっぷり☆人参と卵のコンソメスープ

作り方
湯を沸騰させ、細く千切りにした人参を入れます。コンソメを入れて溶かしたら、溶き卵を回しいれて軽くかき混ぜます。パセリをたっぷり入れて、器に盛れば完成です。

パセリのダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

パセリのダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

パセリの栄養を損なわない調理や保存をしよう!

パセリの調理方法や保存の仕方によっては、その高い栄養価を失ってしまう恐れがあります。以下の点に注意すれば、パセリのダイエット効果をさらに高めることができますよ。

・パセリに含まれるビタミンは水溶性のため、パセリを刻んでから水にさらすとビタミンが失われてしまいます。必ずパセリを切る前に水洗いをしましょう。

・保存する温度が低すぎると、パセリに含まれる栄養素が壊されたり、鮮度が落ちる原因になったりします。そこでパセリは野菜室で保存するのがおすすめなのですが、さらにもう一工夫加えましょう。ペーパータオルでパセリを包みポリ袋に入れ、立てるように入れると新鮮さを保ったまま保存ができます。

・パセリに含まれるカロテンは、加熱したり油と一緒に摂取したりするとさらに吸収率が高まります。熱湯でゆがくか、さっと油で炒めてから食べると、栄養をもれなく吸収できます。

乾燥し瓶詰されたパセリを使うことはあっても、生のパセリをご家庭で使用する機会はほとんどありませんよね。以上の3点を守れば、栄養価が高くおいしいパセリをいただけますよ。

パセリを食べる時に使う調味料に注意!

パセリを食べる時に使う調味料に注意!

パセリ自体のカロリーはとても低いからと言って、油断は禁物です。一緒に食べる食材によっては、非常にカロリーが高くなってしまいます。

例えばマヨネーズは大さじ1杯で84kcal、サラダ油は121kcalとかなりの高カロリーです。マヨネーズは少量を小皿に出してつけて食べたり、サラダ油で炒める時は、小さじで計ってからフライパンに広げたりすると良いでしょう。

パセリ本来の味を生かした、薄味の料理を作るように心がけてくださいね。

パセリダイエットで、おいしく楽しいダイエットをしよう!

いかがでしたか。

ここまで、パセリがもつ豊富な栄養素やダイエットへの素晴らしい効果についてお伝えしてきました。たくさんの効能をもたらしてくれるパセリを、料理のアクセントで終わらせてしまうのは本当にもったいないです。

これまでパセリを食べる機会が少なかった方は、ご紹介したレシピをぜひご活用くださいね。おいしくて栄養たっぷりなパセリで、健康的にダイエットを成功させましょう!

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事