効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

梅干しダイエットの効果は?やり方と口コミ

梅干しダイエットの効果は?やり方と口コミ

梅干しダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    4

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    5

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    1

昔から、体に良いとされて食べられてきた梅干し。

最近では何かと塩分控えめが健康に良いと叫ばれていますが、そんな中でもさまざまな種類の梅干しが店頭に並び、好んで召し上がる方も多いのではないでしょうか。

実は梅干しにダイエット効果があることをご存知でしたか?

梅干しのダイエット効果についてはもちろんのこと、やり方や食べるタイミング、レシピをご紹介いたしましょう。

梅干しダイエットとは?

梅干しは歴史は古く平安時代には薬として用いられ、江戸時代からは一般庶民の間に日常的に食べる食材のひとつとして広まりました。

日本人にとっては馴染み深い食べ物である梅干しですが、実はダイエットに効果があると注目されています。

いったいどのように梅干しを食べればいいのでしょうか?まずは、梅干しダイエットの方法について具体的にご紹介します。

梅干しダイエットのやり方

梅干しダイエットはいたって簡単です。毎日、梅干しを2個〜3個食べるだけです。

大きさの基準は人それぞれですが、コンビニのお弁当などでごはんの上に乗っている小梅は可食部が約2.3gで1kcalになります。

中粒で可食部が約10gほどあるものでは3kcal、大粒になると20gで7kcalとなります。だいたい市販されている梅干しは10g前後の中粒のものが主流となっていますので、そちらを毎日2、3個召し上がってください。

ちなみに、小梅の場合は10粒、かなりの大粒でしたら1粒が望ましい量となります。

食べるタイミング

梅干しはどのように食べても構いません。特に食べるタイミングについて、厳格な指定はありません。

ただし、ダイエット効果を大いに期待するには、梅干しに含まれる成分が働きやすいタイミングで食べることが望ましいとされています。

そのタイミングというのが、夕食前と寝る前の2回です。

夕食前に1粒
食事による血糖値の上昇を抑えて、脂肪を溜め込みにくくする狙いがあります。夕食は1日の中で最もカロリーが多くなりやすい食事です。

さらに、夜に運動をしっかりおこなわない限り、体に蓄積されやすいのです。

ですから、夕食での血糖値の上昇を抑えて、かつエネルギー代謝を助けるためにも夕食前をおすすめします。

寝る前に1粒
寝ている間にも効率よくエネルギーを代謝させる狙いがあります。

夕食に食べた物を効率の良くエネルギーに変え、エネルギーの代謝を促す効果があるので、基礎代謝量にアップも期待でき、寝ている間の基礎代謝量を上げて太りにくするというものです。

また、基礎代謝量が上がれば疲労回復効果も早くなり、質の良い睡眠を得ることができます。

梅干しの持つ脂肪燃焼効果は熱を加えることで効果がより発揮され、また体を温めることでより眠りにつきやすくなるので、梅干しをお白湯で割ったものなどを召し上がるのも良いでしょう。

気になる塩分

梅干しが健康に良いことは昔から言われているものの、最近の流行りである「塩分控えめ」のから考えると、梅干しの塩分も気になるところです。

梅を塩漬けにした時の塩分量は20%前後とされています。そこで1粒10gで22%塩分の梅干しで食塩の換算すると、約2.5gとなります。

それを2粒で5g近い食塩をそのまま食べるのですから、塩分の摂取は多くなってしまいます。

ですが、市販されている梅干しの中には水に浸けて塩分量を減らしたり、調味料につけたりして加工し、塩漬けにした時よりも塩分量が減っているものもありますから、この限りではありません。

また、最近では塩分量10%前後のものが主流とされていますから、含まれている食塩相当量は約1g前後となります。

梅干しの4つのダイエット効果

梅干しの4つのダイエット効果

梅干しをダイエットにつなげるための食べ方についてご紹介してまいりましたが、なぜ梅干しを食べて痩せるのでしょうか。

梅干しが持つダイエット効果についてご説明いたします。

脂肪燃焼促進

梅には肥満を予防する「バニリン」という成分が含まれています。

バニリンは小腸から吸収されて、脂肪を溜め込んでいる脂肪細胞に刺激を与えて、脂肪細胞を燃焼させます。このことで、効率よく脂肪が燃焼されて脂肪を溜めにくい、太りにくい体づくりを目指すことができるのです。

そして、このバニリンの脂肪燃焼効果がダイエットに効果があると言われるひとつの大きな理由です。

新陳代謝の促進

梅干しというと、酸っぱいイメージを持たれる方が多いでしょう。その酸っぱい元が「クエン酸」です。

疲労回復や筋肉のこりを柔らかくする効果がよく知られていますが、クエン酸には血流を良くする効果もあるのです。血流が良くなると、体の中の老廃物や、余分な脂肪や水分がどんどん代謝されやすくなります

特にむくみで悩まれている方は、そのむくみが脂肪の蓄積につながりやすく、悩ましいセルライトの原因にもなります。しかし、クエン酸を十分に摂っていれば、むくみは解消されやすくなり、結果として太りにくくなります。

便秘解消

実は梅干しに含まれれいるクエン酸は、便秘解消にも役立ちます。腸のぜん動運動を誘発する作用があり、しっかり腸を動かすことで便秘解消が期待できます。

便秘が解消されれば余分な老廃物を溜め込みにくくなり、ダイエットに大いに貢献するのです。

血糖値上昇の抑制

最近、肥満予防に注意喚起されていてえ気にされる方も多いのが「血糖値」です。

血糖値は急激に上昇すると、インスリンというホルモンが多く分泌され、どんどん糖を細胞にエネルギーとして送り、余ったものは脂肪として溜めこもうとします。

しかし、血糖値の上昇を穏やかにすることで、インスリンを必要以上に分泌させず、エネルギーを脂肪に溜め込ませないようにすることが、肥満防止のポイントになります。

そして、この血糖値の上昇を抑制して、インスリンを正常に働かせる作用が梅干しには備わっているので、梅干しは太りにくい体づくりのために効果的な食べ物と言えるのです。

梅干しのダイエットレシピ

梅干しのダイエットレシピ

ただ梅干しだけを食べているよりも、料理に取り入れることでレパートリーを広げるのも飽きずに続けるポイントです。
また、相乗効果でダイエット効果をより期待できるレシピについてもご紹介いたします。

焼き梅干し

作り方
1.2枚のアルミホイルは丸めてクシャクシャにして広げます。
2.広げたアルミを2枚重ね、梅干しを包みまづ
3.オーブントースターで10~20分焼き、梅干しの中まで温まったら完成です。
4.保存容器に入れて冷蔵庫で保存する

作り方は、簡単そのもので、ただ梅干しを焼くだけです。

しかし、そんな簡単な手間とは逆に肥満予防効果のあるバニリンの働きをアップさせる重要な方法です。

というのも、バニリンは熱を加えることで活性化されるので、そのまま梅干しを食べても良いですが、ひと手間加えて、よりダイエット効果をアップさせると良いでしょう。

保存も効くので、作り置きするのも良いでしょう。

ささみときのこの和え物

ささみときのこの和え物

材料(2人分)
・ササミ 4本
・椎茸 4枚
・梅干し 1個~
・大葉 5枚
・しらす 1/2パック
・酢 大さじ2
・醤油 大さじ1.5
・オリーブ油 大さじ1
・料理酒 大さじ1.5

作り方
1. ササミは筋を取り、一口大に切ります。
椎茸は軸を取り薄切りにします。大葉は千切りにします。
2. 大葉、しらす、酢、醤油を混ぜ合わせます。
3. フライパンを熱し、オリーブ油を入れてササミを中火で焼きます。
4. ササミの両面が焼けたら椎茸を入れて更に炒め合わせます。
5. 料理酒を入れて、水分が少なくなるまで炒めます。
6. 梅を入れて絡めます。

酸味を効かせて、後味すっきりする一品です。
ササミの良質なタンパク質も効率よく摂取することができます。
ササミときのこでさっぱり♡ダイエットも♪

鶏肉の梅ポン酢おろし

鶏肉の梅ポン酢おろし

材料(2人分)
・鶏もも肉 小さめ切り身2枚(または大1枚)
・大根 5cmほど
・梅干し 大きめ2個
・ごま油 小1
・だし汁 大2
・砂糖 小1
・ポン酢 大3
・ゴマ 少々
・青じそ 2~3枚
・サラダ油 少量

作り方
1. 大根をおろします。しそを刻みます。
2. 鶏肉に軽く塩コショウをして、全体的に小麦粉をはたきます。
3. サラダ油を引いて熱したフライパンで、皮面から強めの火で表面をカリッと焼きあげます。皮面が焼きあがったら、反対にひっくり返し、中まで火を通します。
4. 梅干しは細かく叩いてペースト状にします。
5. 梅干し、ごま油、だし汁、砂糖を全て合わせてよく混ぜ合わせます。
6. 焼きあがった鶏肉を食べやすい大きさに切り分けて、ポン酢を適量かけ、ゴマを散らします。鶏肉の上に5の梅ソースをかけ、大根おろしを盛り、刻んだしそを飾ります。

鶏肉だけでなく、豚肉などでもさっぱりとお肉をいただきたい時にも、梅のソースは活用できます。
梅干しをただ食べるだけでなく、ソースとして活用するのもひとつです。
ジューシー!鶏肉の梅ポンおろしステーキ

鰯の梅煮

鰯の梅煮

材料(2−3人分)
・鰯(約15cmサイズ)     約6尾
・水1 200cc
・酢 大さじ3
・梅干し 2個
・生姜 1片
・水2 150cc
・酒 150cc
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・塩

作り方
1. 鰯はうろこを取り、頭から胸ビレの下に向かって斜めに切り落とします。
おなかを肛門の向かってまっすぐに切り、内臓を取り出します。
水をはったボールに塩を加え、おなかのなかを洗い、水気を拭き取ります。
2. フライパンまたは鍋に、鰯を重ならないように並べ、水1と酢を入れて落し蓋をして火にかけます。
3. 沸いたら弱火にし、10分程煮ます。
4. 生姜は薄切りにし、梅干しは種を取り除いて小さく切ります。
5. 3の鰯を煮ていた汁を捨て、4の生姜、梅干しと、水2、酒、砂糖、みりん、醤油を合わせて加えて、落とし蓋をして弱火で20分煮ます。

梅干しを使った料理の定番の鰯の梅煮です。良質なタンパク質と、骨まで食べらるのでカルシウム補給にもなる一品です。
臭みナシ!骨まで柔らか!鰯の梅生姜煮☆

梅干しダイエットの痩せた口コミ

梅干しダイエットの痩せた口コミ

梅干しを食べただけで、本当に痩せるのか疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、梅干しダイエットに挑戦して実際に効果を体感した方は多くいらっしゃいます。

そんな方達のコメントを、一部ですが、ぜひご覧ください。

梅干しダイエットの注意点

梅干しはダイエットに良いから、ひたすら食べれば良いというものでもありません。どんなダイエットでも、どんな食べ物でも、「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

梅干しダイエットにも気をつけて頂きたい点があります。

塩分


先ほども、梅干しに含まれる塩分量についてご説明しましたが、1日中粒を2、3個食べる分には、塩分の摂り過ぎという心配はありません。

しかし、食事中に摂取している塩分が多い場合はその限りではありません。

また、ダイエットに良いからと言って多く食べ過ぎてしまうのは逆効果です。塩分を摂り過ぎることによって、水分が体の中に取り込みやすくなり、むくみの原因となります。

そして、むくみはセルライトや肥満を引き起こす引き金になりますから、梅干の食べ過ぎはかえって逆効果になってしまうのです。1日に食べる量は守って続けるようにしましょう。

調味料

市販されている梅干しの中には、減塩のほかにはちみつや砂糖を加えて、酸味を抑えて食べやすくしたものや、昆布や鰹節などの他の食べ物を加えて指向性を高めたものがあります。

調味料が多用されていることで、本来の梅干しの効果を打ち消してしまっていることがあるので、食べやすく調味料を加えたものではなく、普通の梅干しを選ぶようにしましょう。

最後に

梅干し

手に入りやすく、とても身近な食べ物である梅干し。

ただ漠然と体に良いからというのではなく、ここで梅干しの持つダイエット効果に着目して召し上がるのはいかがでしょうか?

毎日食べて簡単にダイエット!!!たかが梅干しとあなどるなかれ、これを機会に梅干しダイエットを毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

栄養士からのコメント

梅干しダイエットは、中粒の梅干しを1日に2粒ほど、夕食前や寝る前の時間帯に摂取するものです。梅干しのもつ強い抗菌性成分であり香り成分の“バニリン”が持つとされる脂肪燃焼効果に注目したダイエットです。

実のところ、バニリンの脂肪燃焼効果は公の機関が認めるものではありません。また「血糖値の上昇を抑える」という点では期待度は低く、「クエン酸に血行促進作用がある」という点に科学的根拠はありません。

しかし、ラズベリー特有の香り成分にも皮下脂肪を減少させるダイエット効果が確認されており、バニリン共に期待したい成分ではあります。

また、現代の食事はどうしても塩分の摂りすぎになりがちです。例えば、プレーンのパンや麺などにも食塩は使われています。梅干しダイエットを行う場合は、塩分控えめの食事を心がける必要があります。

加えて、果物でアレルギー様の症状を起こしたことのある人は、梅を摂取する場合にも注意が必要です。梅を食べて皮膚がかゆくなったり、口の中や鼻、喉などに異常を感じたりした場合にはアレルギーを持っている場合があります。

梅が好きで、食べる機会の多い方にはオススメのダイエット方法です。ダイエット中のスパイスとして、上手に取り入れてくださいね。

【参考文献】
・概説 食品学 第2版, 五十嵐 脩, 光生館, 2006
【参考URL】
「健康食品」の安全性・有効性情報, 国立健康・栄養研究所

栄養士栄養教諭 竹渕真実子

栄養士。栄養教諭免許所有。大学と専門学校を卒業後、大手企業の学校給食部門にて3年間勤務後、フリーランスとして、食品学などの科学的なレポート作成や栄養に関する食事記事執筆ライター、イラストレーターとして活動中。お仕事の依頼はdietmenuの問い合わせページより、ご連絡ください。

この記事に関連する記事