効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

飛び方が大切!トランポリンを使って自宅で効果的にダイエット

飛び方が大切!トランポリンを使って自宅で効果的にダイエット

トランポリンダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

いろいろな運動を利用したダイエットが紹介されていますが、トランポリンでダイエットが注目されていることをご存知ですか?

トランポリンと言うと、サーカスで高くジャンプしているパフォーマーを想像する方もいらっしゃるでしょうが、実は皆さんのご自宅でもトランポリンを使った運動ができるのです。

しかも時間も長時間行う必要はなく、たった5分でもその消費カロリーは大きく、ダイエット効果がかなりあると言われています。

家でトランポリン?トランポリンで飛ぶだけで痩せる?信じがたい方もいらっしゃるでしょう。そんなトランポリンダイエットの方法と、その効果について、動画や体験談を交えて皆さんにご紹介してまいりましょう。

トランポリンダイエットとは

トランポリンダイエットとは

トランポリンダイエットとはその名の通り、トランポリンを使ってジャンプをしながらダイエットを目指すものです。ポイントを押さえれば、トランポリンで効果的にダイエットができます。

トランポリンダイエット方法

トランポリンの上でジャンプしながら、いろいろな動きを取り入れて行うのがトランポリンダイエットです。方法はいたって簡単で、まずは上下にまっすぐジャンプすることから始め、徐々にいろいろな動きを取り入れいきます

地面で同じ動きをするよりも、体への負荷が大きく、5分間のジャンプでジョギングを1km行ったのと同じエネルギーが消費されると言われています。

ただし、いくら上下にジャンプでするだけで良いからといって、ただジャンプするだけでは大きな効果は得られません。

大きく全身を動かすようにして、体が前後左右にぶれたりせず、まっすぐ上にジャンプし、ジャンプした同じ位置に着地するようにすることで、体幹を鍛えることを意識します。

トランポリンダイエットのポイント

トランポリンダイエットのポイント

トランポリンダイエットの方法についてご紹介してまいりましたが、ただジャンプすれば良いというものではありません。

始める前の柔軟体操

ジャンプする際に足首や膝の柔軟性が大事になります。朝起きてからの運動もおすすめしていますが、その際は特に体が凝り固まっている可能性があるので、しっかり足首や膝を動かすようにしましょう。

また、足だけでなく、手首や肩まわりもしっかり動かして、軽い柔軟体操を取り入れた準備体操をして、体全体を温めてから行うようにしましょう。

ジャンプする位置

トランポリンの上をジャンプする時は、トランポリンの中央をジャンプするようにします。左右にぶれたりせず、いつも同じ中央に着地するように意識します。

体幹を鍛えるためには、常に同じ位置でバランスをとることが重要です。さらに、左右にぶれることでトランポリンの安定が悪くなったり、落ちたりして怪我のリスクもあります。

トランポリンの乗り降り

トランポリンの乗り降りの際には、フレーム部分に足をかけたりしないようにしましょう。トランポリンの安定がなくなり、かたむいてひっくり返ったりする危険がありますから、乗り降りは注意してください。

そして、トランポリンの中央近くに登り、降りる時は床に注意しながらゆっくりと降りるようにしましょう。

食後は2時間以上あけてから

どんな運動でも同じことが言えますが、食後は最低でも2時間以上経過してから行うようにしましょう。空中での上下運動をするので、食後すぐは消化不良を起こすだけでなく、腹痛や気分を悪くなることがあります。

トランポリンの飛び方

トランポリンの飛び方

具体的にどのように行えば良いのか、レベル別にご紹介してまいりましょう。

トランポリンダイエット入門編

トランポリンダイエットは、まずは3分間の軽い運動から始めましょう。軽めの運動として、朝の目覚めを促す運動として取り入れるのも良いでしょう。

1. 軽くトランポリンの上で、バランス良く上下にジャンプをします。
2. バランスが取れたら、ジャンプしながら左右に足を開いたり閉じたりします。20秒程続けます。
3. 腰を左右に軽くひねりながらジャンプを続けます。20秒程続けます。
4. 足を前後に踏み出すようにしながらジャンプをします。20秒程続けます。
5. 正面を向いたまままっすぐ上下にジャンプを5回し、45°回転してまた5回ジャンプします。これを4回繰り返して、360°回転し、2周回転します。
6. 逆に回転しながらジャンプをすること、2周行います。
7. 3回上下にジャンプして、スクワットを1回行います。10回繰り返します。
8. 片足を上げて2回ジャンプし、逆の足を上げて2回ジャンプし、交互に行います。片足10回ずつ、合計20回行います。

トランポリンダイエット中級編

トランポリンダイエット入門編に加えて、ジャンプしながらの動きを増やしていきます。ご自分の上達に合わせて動きを組み合わせます。

1.ジョギング:正面を向いてジャンプをしながら、腕を前後に振り、ジョギングをするように片足ずつつきながらジャンプをします。
20秒間程続けます。

2.ツイスト:両腕を左右へ動かしながら、腰は腕とは逆の方に向けて、体を大きくひねりながら上下にジャンプします。
20秒間程続けます。

3.クロスレッグ:足を前後に配置した上で、上下にジャンプをしながら、左右の足を交互に前後の位置を入れ替えます。
20秒間程続けます。

4.ニートゥーエルボー:右足をひざを直角になるまで上へ持ち上げ、膝が左肘につくように体をひねりながらジャンプします。左足をひざを直角になるまで上へ持ち上げ、膝が右肘につくように体をひねりながらジャンプします。
交互にそれぞれ10回ずつ、合計20回行います。

3. トランポリンダイエット上級編

毎朝、起床後の30分の目覚めの運動プログラムです。目覚めてすぐの運動ですが、体を一気に目覚めさせることで、1日を朝から元気に過ごせるようになれます。

1.トランポリンの上で軽く飛ぶ:5分間
1.トランポリンでハイジャンプ:5分間
2.その場で駆け足をトランポリン上で:3分間
3.トランポリン上で左右交互にキック:3分間
4.相撲の四股をトランポリン上で踏む:3分間
5.トランポリンの上で軽く飛ぶ:5分間
6.ハイジャンプをトランポリン上で:5分間

家でできるトランポリンダイエット

家でできるトランポリンダイエット

トランポリンを使うなんて、大掛かりでジムなどに行かなければならないのではと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、動画でも紹介されているように、トランポリンを置くスペースさえあればご自宅で行うことができ、特別な施設に通う必要はありません。

実は自宅でもできるトランポリンダイエット

ジムの中にはトランポリンを使ったダイエットプログラムを組んだり、トランポリン専用のジムも最近ではできてきました。

もちろんトランポリンを使ったプログラムに参加することもおすすめですが、ジム通いが億劫だったり、思った時にやりたい方には、ご自宅でできたら便利ですよね。

そんな方には、家庭用トランポリンのご購入をおすすめします。トランポリンさえ手に入れば、皆さんのご自宅でいつでも思った時に行うことが簡単にできるのです。

ただし、ご自宅で安心してトランポリンダイエットをするには、トランポリンの購入前のいくつかのチェックポイントがあります。

天井の高さ

気になるのは、トランポリンでジャンプして頭をぶつけないかです。市販されている家庭用のトランポリン(ミニトランポリン)は、だいたい直径90cmで、高さが20cmくらいのものがほとんどです。

さらに、サーカスや体育館で見るようなトランポリンと違って、家庭用のトランポリンはジャンプしてポーンと体が大きく跳ね上がることがないように設計されています。

一般的な住居の天井の高さは2035〜2040mmとされ、身長が180cmの人がジャンプしたところで、ポンポンと低い高さでのジャンプとなるので、天井の高さが足りなくなるということはないでしょう。

ただし、家ごとに天井の高さは違いますので、購入前に天井の高さと、トランポリンの高さを図り、ご自分の身長とトランポリンに乗った時に天井との間の高さにきちんと余裕があるか調べることをおすすめします。

騒音対策

トランポリンでジャンプした時の衝撃は、バネによって吸収されますが、それでも地面に全く衝撃が伝わらないということはありません。フローリングや畳の上では特に、衝撃が伝わりやすくなります。もちろん床を傷つける恐れもあります。

さらに、衝撃は振動となって床に響きますから、騒音対策をしなくてはなりません。

そこで、利用したいのがトランポリンの下に敷くマットです。衝撃を吸収し、床の傷防止はもちろんのこと、衝撃によって伝わる振動や音も吸収してくれます。しっかり衝撃と音を吸収してくれるゴム製のマットをトランポリンの下に敷くようにしましょう。

ちなみに、マットを敷くことでトランポリンがジャンプしている間にずれたりすることを防いでもくれます。

家庭用トランポリンの選ぶポイント

さぁ、家でトランポリンを飛ぼう!そう思い立ってネット検索すると、意外に家庭用ののトランポリンの種類がいろいろとあることに気がつきます。

トランポリンダイエットで使うトランポリンの選び方のポイントをご紹介しますので、ぜひ購入の際には参考になさってください。

大人用

トランポリンは、子供用から大人用までとサイズも種類もいろいろと販売されています。ご自宅の室内で使用される場合は、置くスペースが一番気になるところです。

サイズとしては、子供用でも良いと思われるかもしれませんが、想定される重量制限が子供用と大人用では違うので、必ず大人用のものを選びましょう。

エクササイズ用

トランポリンが大人用であっても、耐久性が物によって違っています。ダイエットで使用する場合、安定感と耐久性がしっかりあるものを選ぶようにします。

大きくジャンプしたり、ぐっと体に力を込めてバランスをとったりする際に、動いたり、壊れてしまっては大怪我のもとです。ある程度激しい運動にも耐えられる、エクササイズ用のトランポリンを選ぶようにしましょう。

静音性

トランポリンの下に敷くマットがいくら、衝撃や音を吸収してくれるといっても、トランポリン自体に静音性がないと、音は防ぎきれません。

安物は、バネの衝撃吸収力も低く、ギシギシとした音が響くだけでなく、衝撃をうまく吸収できずに振動となって床に響いてしまいます。
静音性をチェックするようにしましょう。

ちなみに、ゴム製のトランポリンが最近では販売されているのですが、これはジャンプした際の音が防げるとされており、騒音が気になるマンションなどの場合ではおすすめになります。

トランポリンの5つのダイエット効果

トランポリンでダイエットができると言うことで、やり方やトランポリンの購入前にチェックポイントについてお話ししてまいりました。

ここで、トランポリンのダイエット効果について改めてご説明いたします。ただ飛ぶだけでなく、トランポリンダイエット効果を意識することで、さらにその効果をより多く得ることができます。

脂肪燃焼効果

トランポリンでの消費カロリーは5分間で約30~70kcalと言われています。これはジョギングを1km行ったのと同じ消費カロリーです。

このことから短時間でもかなりの運動効果の高い有酸素運動と言え、運動効率の良い運動方法だと言えます。

時間や回数が増えれば、増えた分だけ消費カロリーは増えます。しっかりと有酸素運動で脂肪を燃焼させたいならば、20~30分行うことが理想とされています。

代謝アップ

運動を行うことで、血流と共に代謝が促されます。すると、体に溜まった老廃物は排出されやすく脂肪は燃焼されやすくなります。

そうすれば、むくみの解消や予防、脂肪燃焼促進と自然と痩せやすい体づくりにつなげられます。

体幹を鍛える

地面でジャンプするのとは違い、トランポリン上は不安定です。そんな不安定な場所でまっすく飛ぼうと意識すると、体は自然と姿勢を保ってふらふらしないようにバランスをとります。

それには体幹と言われる、体の軸を強固なものに保とうとします。この体幹、ダイエットで耳にしたことがある方も多いと思いますが、体幹が鍛えられると、中からしっかり基礎代謝を上げより代謝が上がって、脂肪燃焼効果を大いに期待できるのです。

肩こり改善

ジャンプすることと肩こりがどう関係するのか不思議に思われるでしょう。実は代謝が上がることで、血流とリンパの流れが良くなり、ぎゅっと凝り固まった筋肉がほぐれやすくなり、結果として肩こり改善になります。

また、ただジャンプするだけでなく、大きく腕を回したり、肩まわりを動かすことで、その効果はより大きく得られます。

骨密度アップ

トランポリンの運動が骨密度を上げる運動として、なんとNASAで取り入れられているのです。

ジャンプすることで、重力に逆らった運動となるトランポリンは、骨にちょうど良い負荷をかけ、骨の代謝を促すので、宇宙に滞在して骨の代謝のバランスを崩した宇宙飛行士のリハビリに用いられているそうです。ですから、一般の人が行っても効果があることは歴然です。

トランポリンダイエットの動画

音楽に合わせて様々な動きを組み合わせたトランポリンダイエット方法が紹介されています。動画を見ながら、音楽に合わせて行ってみましょう。

日本語ではない動画をご紹介しておりますが、映像をみながら音楽に合わせて行うことができます。

その他にも、音楽に合わせたトランポリンダイエットがいろいろと紹介されています。好きな音楽や動きを見つけてみるのも良いでしょう。

トランポリンダイエットの体験談

トランポリンダイエットを実際に行ってみた方々の体験談もご紹介いたしましょう。

意外に簡単に見えて、慣れるまではハードなようです。

ご自分の好きな音楽に合わせて楽しまれる方もいらっしゃいます。

効果を実際に体感されている方も多くいらっしゃいます。

おすすめブログ

体験談だけでなく、ブログを通して、トランポリンダイエットの効果を紹介されている方もいらっしゃいます。

始める前、トランポリンの購入前の参考にはもちろんのこと、ご自分のモチベーションアップにもなりますから、ブログを覗いてみるのも良いでしょう。

フルタイムで働くHaruママの、よくばりブログ

まちゃのブログ

日々のこと 日々の記録と、ぼちぼち株も。

最後に

最近注目されつつあるトランポリンダイエット。ここまで、トランポリンダイエットについてその実態と、効果についてご紹介してまいりましたが、興味わいてきませんか?

いろいろな運動ダイエットがありますが、楽しく体を動かしながら行うことがダイエットを続けるポイントでもあります。

この機会にトランポリンダイエットに挑戦してみませんか?

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事