効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめん(素麺)ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    2

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

そうめんは、日本の夏を象徴する食べ物です。誰でも一度は食べたことがある食材だと思います。夏場なんとなく食べているそうめん、実はダイエットにも効果的です。

そうめんを使ったダイエットを、そうめんダイエットと言います。そうめんダイエットには、ダイエッターに嬉しい4つの効果があり、アレンジしやすく飽きずに続けられることが特徴です。

そうめんダイエットで産後に増えた体重を大幅に減量した芸能人に、倖田來未さんがいます。産後に崩れた体型を、エロかわいい体型に戻すのに、そうめんダイエットが大活躍したそうです。

一方で、そうめんダイエットを健康的に続けるための注意したいポイントもあります。そうめんダイエットの正しいやり方・方法について、詳しく見ていきましょう。

そうめんダイエットとは(やり方・方法)

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめんダイエットは、白米や麺類などの他の主食に比べて、カロリーが低い訳ではありません。白米が茶碗1杯200kcal前後なのに対して、そうめんは1束(100g)で約350kcalあります。

そうめんはカロリーが低いと思いがちですが、決してそうめん自体のカロリーが低いのではないのです。では、そうめんダイエットはなぜダイエットに効くのでしょうか?

それは、ご飯やパンは単品では食べにくく、おかずのカロリーがプラスされるのに対して、そうめんと出汁、薬味を1食と置き換えるそうめんダイエットは、食事の総摂取カロリーが抑えられる為です。

そうめんダイエットは、1日の食事のうち、1~2食をそうめんに置き換えるので、1日の総摂取カロリーが低く抑えられるダイエット方法です。そうめんが普通の食事と比べてカロリーが低いといっても、大量に食べてしまっては意味がありません。

そうめんの中には1束50gのものもありますが、1食で食べるそうめんの量は、50g~100g(1束~2束)にとどめましょう。そうめんダイエットは、そうめんが食事のメインになります。栄養の偏りは、薬味や付け合わせなどで補う必要があります。そうめんと出汁のみでは、必要なビタミンなどの栄養素が不足してしまい、脂肪の燃焼に必要な栄養も補給できなくなるため、ダイエットの効率が落ちてしまいます。

後程ご紹介するそうめんレシピを参考にして、栄養バランスの取れたそうめん料理でそうめんダイエットすることがおすすめです。

そうめんの栄養をアップする薬味・付け合わせ

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめんのアレンジレシピを作るのが面倒なときは、そうめんと出汁にプラスするだけで足りない栄養を補える、薬味や付け合わせを活用しましょう。そうめんと一緒に食べるだけなので、とても簡単です。

そうめんダイエットのおともにおすすめの、薬味と付け合わせは以下のようなものがあります。好みやその日の体調に合わせて、チョイスしてみて下さい。

ねぎ

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

ねぎにはアリシンという栄養素が含まれており、アリシンは血流の流れをよくしたり、ビタミンB1の吸収を助けて糖質を燃焼させるダイエット効果があります。ビタミンB1は、美肌や肩こりにも効果的で、ダイエット中に積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンB1の吸収率を高めてくれるねぎは、ダイエット中の女性の味方です。

刻みねぎはスーパーで購入することもできるので、手間のかからない薬味の一つと言えるでしょう。

しょうが

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

体を温めて、単品でもダイエットに効果的に働く薬味といえば、しょうがです。しょうがに含まれるショウガオールやジンゲロールは、脂肪燃焼に効果的に働く代表的な成分です。

ショウガオールは、しょうがを加熱した際にジンゲロールが変化して増加する成分です。体を深部から温めて、脂肪燃焼を助けます。ジンゲロールは、加熱しない生のしょうがに含まれる成分です。血流をアップさせることで体の中心の熱を手足の先まで運び届け代謝を高めます。

冷たいそうめんにすりおろして入れれば、ジンゲロールが摂取でき、温かいにゅう麺に入れればショウガオールが摂取できます。どちらにしても代謝を高め、脂肪燃焼を助けてくれる、そうめんダイエットに必須の薬味です。

納豆

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめんダイエット中に不足しがちな良質なたんぱく質やビタミンB群を多く含む納豆は、そうめんダイエットの付け合わせに最適です。ダイエットはしたいけれど、胸まで痩せるのはイヤ・・・というのが、女性の本音ですよね。

ダイエットして体脂肪が落ち過ぎると、女性ホルモンも減り、不妊のリスクが高まるという報告もあります。納豆には、大豆イソフラボンという女性ホルモン類似物質が含まれているので、女性ホルモンの減少を補ってくれます

すだち・レモン

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

柑橘系の香りには、ストレスを和らげてくれる効果があります。また、豊富に含まれるクエン酸などの有機酸には代謝を助ける作用も期待されています。何かとストレスが溜まりやすいダイエット中の食事にプラスして、目標体重だけでなくスムーズな代謝を維持できる体質も目指しましょう。

トマト

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

トマトに含まれる、美肌・美白成分のリコピンは、ダイエットにも効果的。脂肪の燃焼を促進して、代謝を促す効果があります。

食物繊維も豊富なので、そうめんダイエットで不足しがちな繊維質を補給し、腸内環境をいい状態に保ってくれます。また、トマトのリコピンは加熱することで体に吸収されやすくなるので、にゅう麺のトッピングにも最適です。

そうめんダイエットの効果

そうめんダイエットの効果

そうめんダイエットには、4つの効果があります。

食事の総摂取カロリーを抑えて痩せる

和食の主食・主菜・副菜・汁物の一汁三菜の食事や、洋食のこってりクリームをたっぷり使った食事と違い、そうめんはそうめん、薬味または付け合わせ、出汁というシンプルなもの。そうめん自体のカロリーが低い訳ではありませんが、食事全体のカロリーが抑えられ、1日の総摂取カロリーもグッと減ります。

水分を補い、満腹感を後押し

そうめんは、出汁につけて食べます。そうめんを出汁につけると、そうめんと一緒にたくさんの水分を食べることになるので、満腹感を感じやすく、ダイエットの敵とも言えるつらい空腹感を感じにくいのです。

味のバリエーションがつけやすく、飽きない

そうめんは、アレンジレシピが豊富で、いろいろな味で食べることができます。その為、単品を食べ続けるダイエットにしては飽きにくく、栄養の偏りも防ぐことができます。

ダイエット効果のある薬味と組み合わせて痩せる

そうめんに合う薬味には、それだけでもダイエット効果があるものが多く、そうめんダイエットと組み合わせることでダイエット効果をアップさせることができます。どうせなら早く効率的にしたいダイエット。

そうめんダイエットは、その理想にぴったりなのです。

そうめんダイエットのレシピ(豆腐、こんにゃく)

お豆腐ゴマだれそうめん

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

材料 (1人分) カロリー:674kcal
・そうめん2束(100g)
・トマト1/4個
・ナス1/2本
・みょうが少々
・大葉2枚
・味噌大さじ1
・すりごま 大さじ1.5
・めんつゆ 小さじ1
・牛乳200cc
・豆腐1/2丁

お豆腐ゴマだれそうめん

作り方

クリーミーなタレで、夏野菜と薬味がたっぷり食べられるそうめんレシピです。

ボウルに豆腐・牛乳・すりごま・めんつゆ・味噌を入れて、豆腐を潰しながらよく混ぜます。野菜は1cm角に刻み、薬味はみじん切りに。

ナスはレンジで加熱し柔らかくしておきます。深皿に冷やしておいたタレを入れ、みょうが、大葉、トマト、ナスを盛りつけます。そうめんは茹でて、別の皿に盛ったら完成です。

そうめんで冷麺☆こんにゃくinでヘルシー

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

材料 (2人分) カロリー(1人分):315kcal
・素麺 100g
・しらたき 200g
トッピング(他お好みの物を数種)
・きゅうり1/2本
・ロースハム2枚
・トマト1個
・キムチ大さじ2~3
・ゆで卵1個
・みかんの缶詰適量
・氷お好みで
・いり胡麻少々
・しょうが(針生姜) 少々
冷麺スープ
・スープの素(牛ダシ・海鮮ダシ・鶏ガラ・中華スープなど)大さじ1.5
・ 熱湯大さじ3
・しょう油大さじ1.5
・酢大さじ3~4
・砂糖大さじ1
・キムチの漬け汁 または キムチの素大さじ1
・水500ml

そうめんで冷麺☆こんにゃくinでヘルシー

作り方

そうめんにしらたき(こんにゃく)を加えることで、さらに低カロリーで満腹感を得られるダイエットに適したレシピです。辛味のあるスープが美味しい、見た目も味も大満足のそうめんレシピです。

スープの素を熱湯でよく溶かします。醤油、酢、砂糖、キムチの漬け汁を合わせたら、水で好みの薄さに調節します。スープができたら、冷蔵庫で冷やしておきましょう。そうめんは気持ち固めに茹で、しらたきも下茹でしておきます。お皿にお好みのトッピングと氷、いり胡麻と細く千切りにしたしょうがを乗せます。冷やしておいたスープをかけて、出来上がりです。

そうめんダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

そうめんダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

そうめんダイエットで、痩せない、効果なしとなる原因の多くは、この3つです。

そうめんの食べ過ぎ

そうめんダイエットは、食事をそうめんに置き換えることで、1食のカロリーを低くし、1日の総摂取カロリーを抑えて痩せるダイエット法です。そうめんは白米よりもカロリーが高いので、食べ過ぎればダイエットは成功はしません。

トッピングにチーズやマヨネーズなど、カロリーの高いものをドバドバかけてしまっては、そうめんダイエットの効果は感じられません。栄養の偏りでかえって太ってしまうことも。

そうめんは1食50~100gまでにし、トッピングもカロリーの少ないもの、または代謝を促進してくれるものにすると、そうめんダイエットの効果が実感しやすいでしょう。

冷たいそうめんばかり食べて代謝が落ちてしまう

そうめんを冷たい出汁と少しの薬味で食べ続けると、体の中が冷えて、代謝が落ちることも。冷えはダイエットの天敵です。

寒い季節は特に、にゅう麺にしてあたたかいそうめんを食べたり、しょうがやネギなどの代謝を促進する薬味をたっぷりと入れて食べると、代謝の低下を防ぐことができます

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

そうめんに置き換えていない食事のカロリーが高すぎる

置き換えダイエットにありがちなのが、置き換えない食事で高カロリーを摂ってしまい、1日の摂取カロリーが大幅に上がってしまうという現象です。そうめんダイエットは、基本的にカロリーを減らすことで痩せることを目的としています。

ですから、いくら1日1~2食をそうめんに置き換えても、残る1回の食事で大量のカロリーを取ってしまえば痩せないのは当たり前なのです。

置き換えは夜行う

そうめんダイエットは、夜行うことで効果が早く実感できます。夜は活動的な朝・昼と比べてエネルギーを消費しにくく、体が栄養を吸収してため込む時間でもあります。

ですから、夜の食事をそうめんに置き換えると、効率よくダイエットできるのです。お腹が空いてきたら寝てしまえることも利点です。

倖田來未さんもそうめんダイエットで成功

倖田來未さんは、デビュー当時や産後からのダイエットに成功しています。妊娠中に16kgも太っていましたが、産後2か月で13kgも痩せています。

その中には、食事制限とともに、ダンスという運動を取り入れることにより、成功したダイエットですので、そうめんダイエットともに、運動も加えて、ぜひダイエットにチャレンジしてみてください

倖田來未さんのダイエットメニュー

・そうめんを食べていた
・野菜を多く摂っていた
・鍋を良く食べていた
・玄米を食べていた
・間食はするめにしていた
・炭酸水を飲んでいた
・18時以降は何も食べなかった

最後に

最後に

いかがでしたか?そうめんダイエットは、そうめん自体のカロリーが低いと勘違いするとうまく行きません。

そうめんのカロリーは高いけれども、ダイエットに効果的なシンプルな食べ方で、ダイエット効果のある薬味を組み合わせて食べると、ダイエット効果を最大限発揮してくれます。

しかし、毎日シンプルな味付けのそうめんばかり食べていては味に飽きてしまうので、ご紹介したレシピのようにクリーミーにアレンジして食べるのも良いですね。

工夫次第で長く、無理なく続けられるそうめんダイエットは、簡単で効果的なダイエットと言えるでしょう。

栄養士からのコメント

そうめんは保存が効き、茹でるだけで食べることができる利便性もある為、そうめんを用いたダイエットは単身の方や男性でも取り入れやすい方法の1つですね。

ただ、そうめんはのど越しが良くつるつると噛まずに食べることができる為、咀嚼回数が減りやすくなることが考えられます。意識的に噛むようにしたり、付け合わせに良く噛む食材(キュウリや大根、人参、レタスなど歯ごたえがある野菜や海藻、ささ身等)を加えるようにすることで、満足感や消費エネルギー量アップに繋げることができます。

具材だけでなく、出汁もしょうゆベースの他にトマトやカレー、豆乳などアレンジを加えることで一層バリエーションが広がり飽きずに続けることができますので、食欲が無い日や食べ過ぎた翌日などにも積極的に取り入れていくと良いですね!

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事