効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

DietMenu

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

野菜ジュースダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    4

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

健康を気遣って、手軽に野菜摂取ができる野菜ジュースをすでに利用されている方は結構いらっしゃるかと思いますが、ダイエットのアイテムとして利用してみるのはいかがでしょうか。

栄養摂取が手軽にできつつダイエットもできるので、健康的にダイエットしたいという人にオススメです。
そこで野菜ジュースでダイエットする、おすすめの方法と効果をご紹介していきたいと思います。

ジュースだけでは物足りなそう、という方。豆乳を混ぜると、トロミがでて腹持ちが良くなるという方法もあります。

市販の野菜ジュースよりも、手作りのジュースの方が新鮮でより効果的とも言われています。お勧めのダイエット用野菜ジュースのレシピもご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。野菜ジュースを置き換える方法から、朝と夜、どちらで飲むとどのように効果があるのかなど、その違いについてもチェックしてみましょう。すでに野菜ジュースでダイエットをしたという方の口コミもご紹介しますね。

また、人気番組の「ほんまでっかTV」でも話題になった、クレンズダイエット。これは野菜と果物を組み合わせて作るクレンズドリンクでダイエットするものです。この方法では、平均すると1日に1.4Kgも痩せることが可能と言われています。

アメリカではデリバリーサービスがありますが、アメリカに住んでいない限りサービスを受けることはできませんし、都心では専門店もあるようですが、都心に住んでいないと購入できません。でも安心してください、購入しなくても手作りできますので、その方法をチェックしていきましょう。

野菜ジュースダイエットとは

Goodmorning all… Today is a simple spinach orange apple and ginger #greenjuice #smoothie #breakfast #friday

80s_love_childさん(@80s_love_child)がシェアした投稿 –

野菜ジュースとひとくちに言っても、種類も味も様々ですよね。野菜ジュースダイエットは、ジュースを食事として摂取する置き換えダイエットとして利用する方法がありますが、どのタイミングが効果的なのか見ていきましょう。

また、「置き換えダイエットが苦手」「そこまでは・・・」という方でも、食事の前に野菜ジュースを取り入れる方法もあるので、方法を確認して是非お試しいただけたらと思います。

とくに置き換えダイエットは、デトックス、ファスティングとも言われ、体のなかをリセットするダイエットになります。栄養価が高くデトックス作用もあり、内容によっては腹持ちもとても良い野菜ジュースだからこそできる方法ですね。

朝野菜ジュースダイエット

ダイエットと併せて、美肌効果や、野菜の持つ効能をここぞと吸収したい方は、朝ジュースがオススメです。

朝の体はビタミンやミネラルなど有効な栄養素を吸収しやすくなっています。朝、野菜ジュースを飲むことで、野菜の栄養を速やかに吸収し、代謝や血流が良くなります。

野菜ジュースは食物繊維も豊富に含んでいますから、デトックス効果も抜群。朝摂取することで、便秘にも効果があります。

また置き換えダイエットは、空腹になりやすい点が辛いところですが、朝食は基本的に他のタイミングに比べて、次の食事までの時間が短いので、空腹になりづらく、続けやすいというメリットもあります。

朝ジュースの注意点

朝、野菜ジュースを飲む場合、このようにダイエットに効果のあるメリットもありますが、その反面、ジュースの内容によってはデメリットも。

メラニンの生成を抑制したり、シミを予防する効果のあることで知られているビタミンC。

オレンジジュースなど柑橘系のフルーツに多く含まれていて、美白のために良さそうですよね。しかし、柑橘類のフルーツには、ソラレンという、肌が紫外線を吸収しやすくなってしまうという働きを持つ物質が含まれています。ソラレンにより、摂取した後肌が紫外線を浴びると、むしろ美白には逆効果となる可能性があります。

約8時間でソラレンは体から代謝されるとされているので、柑橘類を含むジュースの摂取は、日が沈んだあとの方が良さそうです。
シミ予防、美白でしたら、トマトに含まれるリコピンがとても効果的ですよ。リコピンは、メラニンの生成を活発にする活性酸素を除去する働きがあるのです。
朝飲む野菜ジュースには、トマト入りのものが美白効果もあってダブルで効果的というわけです。

夜野菜ジュースダイエット

夜野菜ジュースについても見てみましょう。

置き換えダイエットの場合、カロリー摂取が多くなりがちな夕食を野菜ジュースに置き換えると、大幅なカロリーダウンができて、1日あたりのカロリー摂取量がかなりカットできます。

また、葉野菜を中心として作るグリーンスムージーは、摂取してから消化が速く、1時間もあれば消化されてしまいます。その為、就寝時に胃に食べ物が残っているということを避けられます。

しかしながら、果物多めの甘いジュースは、夜の摂取は避けたほうが良さそうです。寝る前に糖分を過剰摂取すると、体内へ吸収されやすく、むしろ肥満の原因ともなり得ます。

また野菜ジュースといえど、高カロリーのものもあり、とくに寝る直前は吸収しやすくなってしまうのでそれぞれのカロリーにも気をつけましょう。

先ほど朝ジュースで避けたほうが良いとされる柑橘系のフルーツは、夜の方がオススメです。ソラレンが寝ている間に代謝されるので、ビタミンCによる美白効果を安心して享受できますね。

食前野菜ジュースダイエット

置き換えダイエットは効果が高い分、食事の摂取量が減るので空腹感とも戦わなければなりません。そこまでストイックなダイエットは無理!という方でも、少し簡単に、食前に間食として野菜ジュースを取り入れるのはいかがでしょうか。

食前に野菜ジュースを飲むだけでも、ダイエット効果は期待できます。

野菜ジュースで有名なカゴメ株式会社による研究では、食前に野菜ジュースを飲むと、ダイエット効果があるという結果がでました。

その効果は、食事の30分前に野菜ジュースを摂取すると一番効果的だったという結果でした。これは、野菜ジュースが、食事をとったときの血糖値の上昇、下降を緩やかにする働きがあったためとされています。

血糖値が急に上がったり下がったりすると、空腹感を促してしまい、暴飲暴食してしまう危険がありますが、それを予防してくれるのですね。話題にもなった、食べ順ダイエットをご存知でしょうか。食事を摂る時、野菜から摂取していくというものです。それを、野菜ジュースで代用しているようなものですね。

また、野菜ジュースを食前に飲み、食事はバランスよく通常通り食べられるので、ストレスも少なく、リバウンドもしにくいです。

野菜ジュースダイエットの効果は?

野菜ジュースの効果は?
野菜ジュースのダイエット効果は、どれほどのものなのでしょうか?他にも効果が期待できるのでしょうか。まずダイエット効果ですが、痩せる効果は短期間でも分かるくらいしっかりあるようです。

数日で、キロ単位で痩せられたというクチコミがよく見られます。飲み方にもよりますが、食事バランスに気をつけて野菜ジュースをダイエットに取り入れると、その効果はしっかり現れます。ダイエット以外の効果はどうでしょうか。

野菜ジュースによる効果は、美肌効果、便秘改善、アンチエイジング、基礎代謝を促進するなどがありますが、ジュースに使われる野菜の種類によって変わってきます。期待する効果別に、摂りたい野菜・フルーツを考えてみましょう。

便秘解消

便秘を改善したいとき、食物繊維や酵素の多い野菜やフルーツをとると効果的です。手作りの生ジュースの方が、食物繊維もダイレクトに摂取できるのでより効果的。オススメの野菜は、シソ、パセリ、モロヘイヤ、オススメのフルーツはアボカド、キウイ、パパイヤ、ラズベリー、ブルーベリーです。

美肌効果

美肌といっても悩みは様々ですよね。保湿効果があるのはキュウリです。水分が豊富で、ビタミンC(アスコルビン酸)やソルビン酸を含んでいます。お肌の保湿効果があり、むくみにも効果的。

美白にオススメなのはキウイです。ビタミンCといえばオレンジが代表的ですが、キウイはオレンジよりも多くのビタミンCを含みます。コラーゲンの生成を促してシワの予防もしてくれますよ。

ニキビにお悩みの方はパイナップルが、ニキビの原因であるバクテリアを予防し、ホルモンを正常なバランスへと導いてくれる作用も期待できるのだとか。

そのほか、野菜ではブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、ケールなど、フルーツではアセロラ、ゆず、柿、イチゴ、パパイヤもビタミンCを含む食材としてオススメです。

アンチエイジング

アンチエイジング効果は、体内の細胞の老化の原因となる、活性酸素の酸化を防ぐことで発揮されます。一般的に、抗酸化物質といいますが、それを豊富に含む野菜は、ほうれん草や小松菜といったβ-カロテンを多く含むもの、アボカドといったビタミンEを多く含むもの、そしてビタミンCを多く含むオレンジをはじめとする柑橘系のフルーツが代表的。さらに、ファイトケミカルといわれる、ポリフェノールを豊富に含むバナナ、りんごもオススメです。

また、目の疲れにもよいことで有名な、アントシアニンを含むブルーベリーも立派な抗酸化物質を含むフルーツです。

基礎代謝UP

基礎代謝を上げるためには、筋肉量を維持、増やすことが効果的ということは特に有名です。

筋肉と言ったら、たんぱく質をとろう!と考える方がほとんどで、それは正しいのですが、加えてビタミンB6やマグネシウム、葉酸を摂ることで、脂肪燃焼の効果が高まることはご存知でしょうか。

たんぱく質の合成を促すビタミンB6が豊富な、クルミ、バナナ、アボカドを合わせたり、葉酸が豊富なモロヘイヤ、ほうれん草、パセリを合わせると、代謝UPにはより効果的です。またナッツ類も、カロリーは高いですがマグネシウムを含みますので、少量合わせてみるのもオススメです。

野菜ジュースダイエットのレシピ

ちょっと手間に感じるかもしれませんが、手作りの野菜ジュースは自分の好みの材料をアレンジできること、新鮮なこと、味が美味しいことがメリットです。

また、市販のジュースのような加熱処理をしないので、熱に弱いビタミン類や酵素などもそのまま失うことなく摂取できます。作ってみると意外と簡単だという声も。

基本的には、材料を切ってミキサーに放り込んで混ぜるだけです。ミキサーの容器が、そのままグラスとして使えるタイプだと、洗うのも簡単です。

手軽で美味しい、体にいいとくれば、自然と続きそうですね。それではいくつかレシピをご覧下さい。

豆乳+野菜ジュースダイエット

美容効果も高く、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用もある豆乳。そのままでは飲み辛いという人でも、ジュースにしてしまうとその臭みも抑えられます。野菜だけで作るジュースに比べると、豆乳が混ざるとマイルドな味になるという特徴も。また、腹持ちも良くなります。

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

材料2杯分 カロリー(1杯分):155kcal
・小松菜(冷凍でも可) 一束
・バナナ(冷凍でも可) 一本
・豆乳 150cc~200cc(お好みで)
・きな粉 大さじ1
・すりごま 大さじ半分~1(お好みで)
・はちみつ (お好みで)小さじ1

便秘に効く♪バナナのグリーンスムージー♡

作り方
きな粉とすりゴマが風味をよくしてくれているジュースレシピです。
1.バナナ、小松菜を細かく刻む
2.材料を全てミキサーに入れて混ぜる

刻んで混ぜるだけなので、お手軽ですね。カリウムの豊富なバナナと、食物繊維が豊富な小松菜で、デトックス効果抜群です。

ヨーグルト+野菜ジュースダイエット

ヨーグルトはビフィズス菌の働きで、整腸作用がありますね。そのまま食べるより、野菜と合わせると、ヨーグルトだけでは足りない栄養分が補給されます。また、トロミが出るので腹持ちもよく、置き換えダイエットには特に良いですね。
また、ヨーグルトのほのかな酸味が、さっぱりして美味しいという意見も。

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

材料 1人分 カロリー:55kcal
・野菜ジュース(トマトベース) 180cc
・ヨーグルト 適量(目安としてカレースプーン山盛り2杯)
・ポッカレモン 小さじ1

野菜ジュースとヨーグルトの元気ドリンク★

作り方
1.ヨーグルトをコップに入れる。
2.スプーンで混ぜて滑らかにしつつ、野菜ジュースを注いでいく。
3.好みのトロミ具合になったら完成。

野菜ジュースとヨーグルトを混ぜるだけなので、特別にミキサーなどなくても簡単にできてしまう点が良い所ですね。

バナナ+野菜ジュースダイエット

カリウムが豊富でデトックス効果があるバナナは、まろやかな甘みがあるので、色々な野菜との相性がよく、ジュースを美味しく仕上げてくれます。

トロミもだしてくれるので、飲み応えのあるジュースができますよ。アンチエイジング効果のあるニンジンとあわせたレシピがあるのでご紹介します。

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

材料 (2人分) カロリー(1杯分):96kcal
・にんじん…1/3本
・バナナ…1本
・レモン汁…小さじ1
・レモンの皮(国産)…少々
・プレーンヨーグルト…100g
・はちみつ…小さじ1

キャロットバナナジュース

作り方
1.ニンジンは薄く輪切りに切って、バナナはひと口大に切ります。
2.ミキサーに、にんじん、バナナの順番で入れて、他の材料も全て入れます。
3.混ぜてなめらかになったら出来上がり。

カロリーも1杯で96キロカロリーと、控えめで、美肌にも良いジュースです。

抹茶+野菜ジュースダイエット

抹茶に含まれるカテキンは、脂肪燃焼効果が高くダイエット茶によく含まれていますね。
この抹茶を使う野菜ジュースのレシピです。

野菜ジュースダイエットはおすすめ?効果やレシピをご紹介

材料 カロリー:297kcal
・アボカド 1/4個
・バナナ1/2本
・抹茶 小さじ1/2
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 少々
・牛乳 200ml

アボカド抹茶バナナジュース

作り方
1.材料をひと口大に切る
2.ミキサーに全て入れる
3.混ぜてなめらかになったら出来上がり。

アボカドは、カリウムが豊富でデトックス効果があり、ビタミンEによる美肌効果、食物繊維も豊富でダイエットには嬉しい食材です。濃厚なとろみのあるジュースになるので、満足感もあり、腹持ちもよさそうですね。

市販のおすすめ野菜ジュース

手作りの方がいいのはわかっていても、仕事やプライベートで忙しいと、なかなか続けて作るのは大変…そもそも、面倒くさい…と言う方は、買ってしまいましょう。

効果別に野菜を選ぶことこそ出来ませんが、なによりお手軽で、保存もきくし、持ち運べるのも市販ジュースの便利なところ。とはいっても、市販の野菜ジュースは飲みやすくする工夫の結果、糖分や塩分など添加物を含む商品もあります。

ダイエットには、食塩や砂糖を使っていないものがもちろんオススメです。市販でダイエットにオススメな野菜ジュースをいくつかピックアップします。

カゴメ 野菜一日これ一本

30品目、350gもの野菜を濃縮して作られています。350gといえば、1日に必要な成人1人あたりの野菜の摂取目安量。そんなわけでこの名前なのですね。

カゴメ 野菜一日 これ一本 200ml×24本
カゴメ
売り上げランキング: 16

トロミがあるので、少量でも飲み応えがありますし、ほとんどのコンビニで手軽に購入できるのも良いところ。紙パックで200mlなので、持ち運びもかさばりません。

他の類似ジュースと比べて、ポリフェノール豊富なのが特徴。カゴメからは、この他にも、125mlの超濃縮タイプが出ています。

リコピンを高配合した、高リコピンバージョンや、

カゴメ 野菜一日これ一本超濃縮 高リコピン 125ml×24本
カゴメ (2014-03-04)
売り上げランキング: 244

カルシウムを補給することを目的とした高カルシウムバージョン、

カゴメ 野菜一日これ一本超濃縮 カルシウム 125ml×24本
カゴメ (2014-03-04)
売り上げランキング: 1,104

鉄分補給を目的とした鉄分たっぷりバージョンが販売されています。

カゴメ 野菜一日これ一本超濃縮 鉄分 125ml×24本
カゴメ (2014-03-04)
売り上げランキング: 535

欲しい要素を狙い打ちできるのが良いですね。

伊藤園  1日分の野菜

こちらも、1日に必要な野菜350g、30種類の野菜から作られています。他の類似品に比べると、食物繊維が2.3~4.0gと豊富なのが特徴です。

伊藤園 1日分の野菜 (紙パック) 200ml×24本
伊藤園 (2012-03-05)
売り上げランキング: 8

伊藤園からは、他にも食物繊維と鉄分を加えた栄養強化型も販売されています。栄養強化型には、食物繊維は7g、鉄分は1.5mg配合されています。

また、野菜を緑黄色野菜のみに特化した緑黄色ジュースは、厚生省が推奨する、緑黄色野菜の1日分の摂取量である120gを使用しています。

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス (紙パック) 200ml×24本
伊藤園 (2015-02-23)
売り上げランキング: 840

そして、トマトがベースだった野菜ジュースにはめずらしい、パンプキンベースの野菜ジュースもあります。カボチャをベースとしているので、野菜ジュースによくあるトマトやニンジンの風味が苦手という方にも飲みやすく、ビタミンA・C・Eを豊富に含んでいます。ちょっと新鮮ですね。

伊藤園 パンプキン1日分の野菜 (紙パック) 200ml×24本
伊藤園 (2015-03-09)
売り上げランキング: 11,560

キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100%

キリンからも無添加の野菜ジュースが出ています。他商品に比べると、他のものは野菜30種類使用に対し、野菜を48種類使用しているのが特徴。トマトをベースとしているので、リコピンも18mgと高配合です。

キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜 200ml×24本
グリコ乳業
売り上げランキング: 5,506

最後に

最後に

野菜ジュースと言っても、食材によって違う効果があるので、個人のお悩み別にアレンジしたジュースでダイエットすると、より楽しくダイエットできます。新鮮な野菜を使ったジュースは、酵素も含まれていて、ダイエット効果、アンチエイジング効果もある上、なにより美味しいです。

ダイエットを続ける上で、挫折してしまうのは、辛すぎたり、食材がまずかったりという原因がよくありますが、美味しくて健康的な野菜ジュースなら、気がついたら習慣になっていた、なんていう方もいます。

時間に余裕のある方は、是非手作りの新鮮な野菜ジュースをまず1杯飲んでみることから始めてみてください。お忙しい方でも、市販の野菜ジュースをいつもの食生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。

緩やかではありますが、習慣になった頃、スッキリとした体を手に入れられるはずです。ハリウッドセレブやモデル、タレントさんもやっている習慣と思うとちょっとテンションも上がりますよね。

健康的な野菜ジュースでダイエット、楽しんでください。

栄養士からのコメント

洋食の割合が増え肥満傾向が見受けられる一方、過度なダイエットによる栄養不足で代謝低下や生理不順などの体調不良の若い世代の女性の増加など、過不足共に栄養摂取のバランスが懸念される今、手軽に補うことができる野菜ジュースは活用していきたいアイテムの1つと言えます。健康や美容、ダイエット、不調緩和など自分が気になるポイントに合わせた野菜やフルーツをチョイスしながら自分好みのオリジナルジュースを手軽に作ることができる楽しみも継続できる要素ですね。
牛乳や豆乳、ヨーグルト等のたんぱく質食材を加えることで、たんぱく質の他に野菜ジュースに不足しがちな脂質も補うことができますが、「噛んで食べる」ということにも大きなダイエット効果がありますので、野菜ジュースを取り入れる食事以外では、サラダや煮物、炒め物など咀嚼して食べることができる野菜もきちんと意識することでよりダイエット効果を高めることができます。

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事