効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

DietMenu

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

キウイダイエットが、美容やダイエットに関心の高い女性の間でブームになっているのをご存知でしょうか。

インスタグラムなどのSNSにも、フルーツのキウイを使ったジュースレシピやキウイダイエットの効果を口コミする投稿が複数アップされ、話題になっています。

基本的なやり方はとても簡単で、キウイと一緒に水を飲むだけです。

「朝バナナダイエット」や「夜トマトダイエット」に次ぐ新しいダイエット方法として、注目されています。

キウイダイエットは、食前と食後どちらのタイミングに食べると良いのか、朝と夜、どちらの方が効果が出やすいのか、などのポイントを押さえておくことがキウイダイエット成功の鍵となります。

手軽にトライできて効果抜群の「キウイダイエット」、その魅力を探ってみましょう!

キウイフルーツダイエットとは(やり方・方法)

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイダイエットの基本的なやり方は、1日1個のキウイを水と一緒に摂る。

これだけです。とっても簡単ですね。

これでダイエットになるなんて驚きですが、その秘密はキウイに含まれる豊富な栄養素にあります。

キウイに含まれる栄養と効果

キウイには、たっぷりと栄養が詰まっています。小さな果実ながら、栄養密集度はリンゴの倍以上です。

また、栄養が詰まっているにもかかわらず、カロリーが比較的低く、可食部100gあたりのバナナが約85kclなのに対し、キウイは約55kclです。

主な栄養素

・ビタミンC・・・・美肌に欠かせない栄養。キウイ1個(100g)で1日に必要なビタミンCの6割程度が摂取できます。
・食物繊維・・・・・おなかの調子を整え、糖の吸収を穏やかにします。
・カリウム・・・・・むくみの解消、生活習慣病予防、高血圧予防に役立ちます。
・葉酸・・・・・・・不足すると貧血を起こすことも。妊婦さんには欠かせないビタミン。
・ビタミンE・・・・強い抗酸化作用を発揮するビタミンです。
・アクチニジン・・・たんぱく質を分解し、消化を助ける酵素。
・ポリフェノール・・強い抗酸化作用があり、活性酸素を体の外へ排出します。
・有機酸・・・・・・疲労回復や貧血予防に役立ちます。

キウイフルーツダイエットの効果

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイには、美容とダイエットに効果的な栄養がぎっしり詰まっていることが分かりましたが、この栄養がどのような効果をもたらしてくれるのか見ていきたいと思います。

腸内フローラ力をUPし、便秘解消!

最近耳にすることが多くなった腸内フローラとは、腸内の細菌バランスのことです。

たかが腸とあなどってはいけません。私たちが摂取した食べ物・飲み物の栄養素は腸で吸収されているのです。

もし腸内フローラが整っていないと、不要なカスが腸内にたまって肌荒れを起こしたり、嫌なにおいの元になったりするのはもちろん、摂りたい栄養素がちゃんと吸収されず効果を発揮できない状況につながります。

さらに、腸は、糖と脂肪の代謝にも関わるため、腸内フローラの悪化は糖尿病や肥満のリスクも高くなるともいわれ、精神的に落ち込みやすくなったり、免疫力が低下しやすく疲れやすくなったりと、全身の健康にかかわってくるのです。

キウイに含まれる食物繊維は、腸内フローラを整え便秘解消に役立ちます。

キウイが含む約3割の食物繊維は水で膨らむので、キウイと一緒に水を飲むことで満腹感が得られるだけでなく、腸の中もきれいにしてくれる効果がUPします。

ちなみに、下痢をしやすい人も腸内フローラが乱れているといえます。

便秘気味の人だけでなく下痢をしやすい人、肌荒れをしやすい人、体臭やおならのにおいが気になる人にもキウイダイエットはおすすめです。

朝・夜キウイダイエットとは

kiwi3

お腹の中からダイエットをサポートしてくれるキウイですが、食べるタイミングはいつが効果的なのでしょうか。

キウイダイエットは夜食べるのがおすすめ

腸がダイエットの鍵を握っていることは先ほどお話ししましたが、腸をはじめ多くの内臓は副交感神経が優位になっているときに働きます。

眠っているときは副交感神経が優位になるので、腸の働きも活発になります。特に午前0時ごろは最もその働きが活発になるといわれます。

また、キウイには自律神経を整える効果もあります。自律神経とは、交感神経と副交感神経が対になって働いていることを言います。

日中活動している間は交感神経が優位で、リラックスしたり眠っている間は副交感神経が優位になります。

しかし、現代人はストレスが多く交感神経が優位になりがちといわれ、なかなかリラックスできなかったり、よく眠れないという悩みを持つ人も少なくありません。

夜にキウイを食べることで自律神経が整い、眠っている間 副交感神経が優位になることで消化吸収が促され、脂肪を代謝しダイエットしやすい体を作ってくれます。

朝キウイダイエットのメリットとは

一方、朝にキウイを食べるのはどうでしょう?午前中はデトックスタイムと言われ、そのタイミングでキウイに含まれる酵素を摂るとデトックス効果が高まることが期待できます。

朝食を食べない人も多いですが、キウイなら手軽に食べることができます。朝食事をとることでリズムが整い、腸にも良い影響があるといわれています。

しかし、朝キウイを食べると紫外線を吸収しやすくなり、シミそばかすや肌の老化を招きやすいので、美肌とダイエットのためには夜キウイを食べるほうがおすすめです。

キウイダイエットのレシピ

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイダイエットは1日1個のキウイを水と一緒に食べるだけというのが基本ですが、それだけだと飽きてしまいますね。

腸内フローラを整える効果をより高めるためには、キウイに含まれる食物繊維+オリゴ糖+乳酸菌の組み合わせが最強です。より効果を高めるおいしいレシピをご紹介します。

美肌♡はちみつキウイヨーグルト

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

材料 (1人分)
・グリーンキウイ   1~2個
・プレーンヨーグルト 200g
・はちみつ      大さじ1

作り方
ヨーグルトに切ったキウイをのせて、はちみつをかけるだけです。

キウイの食物繊維にヨーグルトの乳酸菌を加え、さらにはちみつに含まれるオリゴ糖の最強タッグが腸内フローラを整えます。

腸の中がきれいになって、腸の働きがよくなると脂肪燃焼効果がUPします。もちろん美肌にも効果的なキウイダイエット王道レシピです。
美肌♡はちみつキウイヨーグルト

熟したキウイで☆美人サラダ

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

材料 (2人分)
・グリーンキウイ(粗く刻む)1個
・砂糖           大さじ1
・オリーブオイル      大さじ1
・レモン果汁        小さじ1
・米酢           小さじ1
・塩こしょう        少々
○葉物野菜と緑黄色野菜   適量
○好みのナッツ(粗く刻む) 適量

作り方

前菜にぴったりなサラダにアレンジしたキウイレシピです。

1.○印以外の材料がソース(ドレッシング)の材料です。すべて混ぜ合わせてください。
2.○の野菜の上にかけて、仕上げに好みのナッツを散らします。

材料の中にある砂糖をてんさい糖に変えるとオリゴ糖が摂れるので、腸内フローラを整える効果がUPします。

好みでチーズを加えることで乳酸菌も組み合わせることができるため、アレンジ自在で、見た目にもカラフルで楽しいレシピです。
熟したキウイで☆美人サラダ

柔らかジューシー!!鶏むね肉のキウイ風味

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

材料 (2人分)
・鶏むね肉(200g程度)     1枚
・グリーンキウイ(すりおろす) 1個
・おろし生姜          小さじ1
・塩こしょう          少々
・酒              大さじ2
・みりん            大さじ2
・しょう油           大さじ2
・オリーブオイル        大さじ1

作り方
1.すりおろしたキウイ半分と生姜・塩こしょう・酒・みりん・しょう油・オリーブオイルを混ぜ合わせソースを作り、そこへ一口大に切ったお肉を入れます。(2時間以上漬け込む。)

2.中火に熱したフライパンでお肉を焼き、お肉が焼けたらいったん取り出し、フライパンにソースを入れて強火にしアルコールを飛ばすします。

3.肉を戻し入れ、とっておいたすりおろしキウイの半量を加えて軽く絡めつけたら完成!

キウイの栄養はもちろん、たんぱく質もダイエットをサポートしてくれる大切な栄養の一つです。

キウイに含まれる酵素によりたんぱく質の吸収がよくなり、お肉も柔らかくジューシーに仕上がるメインディッシュレシピです。

仕上げに加えるキウイにあまり火を通しすぎないことで、キウイが持つ酵素の働きも保つことができます。
柔らかジューシー!!鶏むね肉のキウイ風味

キウイダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

口コミで、「痩せない」「効果がない」という書き込みも見かけますが、せっかくダイエットに取り組むのなら、確実に効果を出したいですよね。

そのためにやってはいけないこと・やるといいことをご紹介します。

キウイは食前に食べる

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

夜のほうがキウイダイエットの効果がUPするというお話をしましたが、夕食時の食べるタイミングは、食前がベストです。

・糖の吸収を穏やかにしてくれます。(つまり太りにくいということです。)
・血糖値の上昇を穏やかにします。
・消化が良くなり必要な栄養素をしっかり吸収できます。
・新陳代謝を促進し、カロリー消費を促します。

キウイは常温で食べる

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイに含まれる酵素は冷たい状態または加熱した状態よりも常温のほうがよく働きます。

常温のキウイには体内にたまった皮下脂肪や内臓脂肪を分解する効果もありますので、ぜひ常温に戻してから食べてみてください。

よく熟した状態で食べる

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

スーパーで売っているキウイはまだ熟しきっておらず、固くてすっぱいことも多いですね。おいしくないキウイを食べていたのではダイエットも長続きしなくなります。

熟れていないキウイを早く熟させるには、ポリ袋とりんごを用意します。

リンゴから出るガスの効果でキウイが早く熟します。おすすめのリンゴの種類はジョナゴールド、津軽、王林です。ポリ袋にリンゴとキウイを入れておき縦方向に押してみて柔らかく感じられれば食べごろです。

グリーンキウイがダイエットに効果的

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイは主に2種類あります。グリーンキウイとゴールドキウイです。写真のように鮮やかなグリーンのもの、一般的にキウイと呼ばれているものがグリーンキウイです。

ゴールドキウイは甘くて柔らかく美味しいですが、ダイエットに効果を発揮するのはグリーンキウイです。

グリーンキウイのほうが食物繊維を多く含み、腸内フローラを整えてくれる他、脂肪の代謝効果も高いです。

水と一緒に摂る

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイに含まれる食物繊維は水に触れると膨らみます。

満腹感を出して食べすぎを防ぐためにも、腸内で食物繊維がしっかりと働くことができるようにするためにもキウイと一緒に水を摂りましょう。

食べすぎ間食はNG

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイはダイエット効果が期待できるスーパーフルーツですが、たくさん食べればそれだけカロリー摂取量が増えますし、キウイを食べているからと言って食事の量を今まで以上に増やしていいはずがありません。

栄養バランスの整った食事を適量摂るようにして間食もできるだけ控えましょう。

夜キウイの後すぐに寝ちゃダメ!

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

キウイは夜に食べるのがおすすめですが、食べてすぐに寝ると消化が悪くなりせっかくのキウイダイエットも効果が出ません。

少なくとも寝る1時間前までには食事を済ませておきましょう。

最後に

朝と夜どちらが効果的?キウイダイエットの効果やレシピ

いかがでしたでしたか?

鮮やかなグリーンのキウイは見ているだけでも元気が出ますが、栄養豊富でダイエットにも効果があることを知って頂けたのではないでしょうか。

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、ダイエット効果が期待でき、手軽に手に入る食材なだけに、トライしやすいのもキウイダイエットのいいところです。

お腹の中から全身をキレイにすっきりさせてくれるキウイダイエット、さっそく今晩から試してみるのはいかがでしょうか。

栄養士からのコメント

キウイダイエットは、夕食の前にキウイと水を摂取するダイエットです。水の飲用は、キウイが含む水溶性食物繊維の整腸効果や満腹感を得る効果をアップさせるものです。

また、キウイの持つビタミンやミネラルなどの栄養素で体調を整え、食物繊維による整腸作用で太りにくい体を作り、自律神経の安定にも期待します。

日々の食事でビタミンやミネラルが不足しがちな食事を続けている場合、体調も崩しやすく、また代謝にも悪い影響を与えてしまっているケースが往々にしてあります。
そういった食生活をサポートし、痩せやすい体を保ちたい方にキウイダイエットはお勧めです。

キウイの摂取でアレルギー様の症状が出てしまう方がいますので、普段ほとんどキウイを食べない方は、ご自身のキウイアレルギーの有無に注意をして取り入れてください。

栄養士栄養教諭 竹渕真実子

栄養士。栄養教諭免許所有。大学と専門学校を卒業後、大手企業の学校給食部門にて3年間勤務後、フリーランスとして、食品学などの科学的なレポート作成や栄養に関する食事記事執筆ライター、イラストレーターとして活動中。お仕事の依頼はdietmenuの問い合わせページより、ご連絡ください。

この記事に関連する記事