効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

ホットケーキミックスダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    1

  • 信頼性

    危険

    安全

    1

甘くてふわふわのホットケーキ。好きな方も多いですよね。少ない材料で手軽に作れて、昔から家庭のおやつの定番として親しまれています。

そんなホットケーキですが、「カロリーが高くて太る!」というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、ダイエット中でも食べられる、クッキー、ケーキ、スコーン、マフィンといった、ホットケーキミックスを使ったレシピを3つほどご紹介いたします。どのレシピも簡単で低カロリーなおやつです。今日のおやつに、ホットケーキミックスの簡単ヘルシーおやつはいかがですか?

ホットケーキミックスを使ったダイエットとは

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

ホットケーキミックスは、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーなどからできています。ホットケーキに使う卵と牛乳を含めて、カロリーは、1枚当たり235kcalです。これは食パンだと8枚切り2枚分、ご飯だと140gと、およそ1食分に相当します。おやつというより食事に近いカロリーなのですね。

そんなホットケーキですが、牛乳を普通牛乳ではなく低脂肪乳や豆乳で代用してみたり、バターやメープルシロップではなく果物をのせてみたり、工夫次第でカロリーを抑えることはできます。

今回は、そのままホットケーキとして食べるのではなく、ホットケーキミックスを使った他のおやつで、より低カロリーに満腹感を得られるレシピをお教えします!

おすすめダイエットレシピ

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

それでは、ホットケーキミックスを使ったダイエットレシピをご紹介いたします!

ダイエットおやつ☆おからレーズンクッキー

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

1枚あたり約48kcalと低カロリーで、小腹が空いたときにおすすめです。おからはホットケーキミックスと相性が良く、食物繊維とたんぱく質が摂れます。レーズンで鉄分やカリウム、カルシウムなどのミネラルも補給できますね。

材料(約18枚)
・生おから 150g
・ホットケーキミックス 100g
・レーズン 80~100g
・砂糖 10g
・牛乳 大さじ3

ダイエットおやつ☆おからレーズンクッキー

作り方
1.おからとホットケーキミックスをボウルに入れて混ぜ、さらにレーズンと砂糖を入れて混ぜ合わせます。牛乳を加え、全体がしっとりするまでよく混ぜます。
2.大さじ1くらいの量で丸め、少しつぶして平たい丸形に成形します。
3.180℃に予熱したオーブンで30分焼いたら出来上がりです♪

バナナとHMだけ!簡単バナナケーキ♡

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

つくれぽ368件の人気レシピで、1個あたり約114kcalです。バナナの自然な甘さで、砂糖を使わなくても美味しくできます。

材料(5cmケーキカップ8個分)
・バナナ 2本
・ホットケーキミックス 200g
・水 150cc(牛乳や豆乳でもOK)

バナナとHMだけ!簡単バナナケーキ♡

作り方
1.適当にちぎったバナナを電子レンジ600Wで1分加熱した後、泡立て器で潰します。
2.1.にホットケーキミックスと水を入れてよく混ぜます。
3.カップの8分目くらいまで入れ、180℃で予熱したオーブンで20分焼いて出来上がりです♪

ダイエットに★簡単!満腹!おからスコーン

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

こちらもおからを使った、つくれぽ434件の人気レシピ。1個あたり115kcalです。満腹感があるので朝食などに置き換えるのもおすすめですよ。

材料(8個分)
・生おから 100g
・ホットケーキミックス 200g
・卵 1個

ダイエットに★簡単!満腹!おからスコーン

作り方
1.材料をビニール袋に入れ、袋をよくもみ、生地がまとまるまで混ぜます。
2.生地を平らに伸ばし、2つに折ってまた伸ばします。1cmの厚さにして包丁で切り分けます。
3.オーブントースターで10〜12分焼いたらできあがりです♪

ヘルシーお豆腐マフィン♡バレンタインに♪

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

1個当たり124kcalとこちらもヘルシーです。牛乳の量は豆腐の水分によっても変わるそうです。

材料(6個分)
・ホットケーキミックス 130g
・絹豆腐 150g
・ココアパウダー 20g
・三温糖(砂糖) 30g
・牛乳(豆乳) 適量

ヘルシーお豆腐マフィン♡バレンタインに♪

作り方
1.絹豆腐をボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。
2.ホットケーキミックス、ココア、三温糖を入れてゴムべらで均一になるまで混ぜます。生地がかたすぎるときは牛乳で調整します。
3.型に入れて180℃に予熱したオーブンで20分焼き、竹串を刺して生地がついてこなければ出来上がりです♪

ダイエット中でも食べられる、ホットケーキミックスのレシピの数々をご紹介しました。
ヘルシーなおやつなら、罪悪感なく空腹を満たすことができますよね。今回ご紹介したホットケーキミックスの簡単おやつを是非試してみてくださいね!

ホットケーキミックスをつかったダイエットの注意点

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

いろいろとアレンジがきくホットケーキミックスですが、バターや油、砂糖など、脂質や糖質が多い材料を使えばその分カロリーは高くなります。さまざまなレシピがありますが、作る前に材料をチェックしてみて、なるべく資質や糖質があまり使われていないものを選ぶことをおすすめします。

また、ホットケーキミックスを、ホットケーキとして食べるときには注意が必要です。前述したように、ホットケーキを作るときは卵と牛乳を使いますので、上記でご紹介したレシピよりも必然的にカロリーは上がります。

ただ、牛乳を低脂肪牛乳にするとカロリーは少し抑えられます。100mlあたり牛乳は67kcal、低脂肪牛乳だと46kcalです。

ちなみに、豆乳は調整豆乳だと64kcal、無調整のものだと46kcalになります。低脂肪牛乳または無調整豆乳を使うことで、若干ですがカロリーを抑えることができますね。ちなみにカルシウムは牛乳の方が、鉄分は豆乳の方が多く含まれています。また、牛乳などを使わずに水でも代用可能ですが、味やふわふわした食感は劣ってしまいますので、それでもいいという方は試してみてください。

また、焼くときに油を使う方も多いかもしれませんが、油は大さじ1杯で111kcalもありますので、できれば使いたくないですね。テフロン加工されたフライパンを使って油をカットすることでよりカロリーは抑えられるでしょう。

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

そして、食べるときのトッピングは、バターやメープルシロップ、ホイップクリームなど、脂質や糖質の多いものはできるだけ避けた方がよいでしょう。
ちなみにそれぞれのカロリーは以下のようになっています。

・バター(5g)…37kcal
・メープルシロップ(15g)…39kcal
・ホイップクリーム(30g)…129kcal

特にホイップクリームは高いですね。これらをすべて使うとあっという間に倍近くのカロリーになってしまいます。せっかく生地の材料や焼き方に気をつけても、トッピング次第で台無しになりかねません。

生地本来の甘さだけでも十分に美味しくいただけますので、果物と一緒に食べるか、スクランブルエッグやベーコンを添えて、食事として食べるのをおすすめします。

また、ついつい2枚、3枚…と食べがちですが、1枚あたりのカロリーは235kcalです(※卵Mサイズ、普通牛乳を使用した場合)。間食は200kcal程度に抑えた方が、一日の総摂取カロリーに与える影響が少ないといわれています。間食としてホットケーキを食べるときには、2枚、3枚…と食べてしまうと簡単にカロリーオーバーになってしまいますので、1枚にとどめた方がよいでしょう。

食事として食べるのであれば、2枚程度なら食べてもよいでしょう。2枚で470kcal、これは間食なら多いですが、食事であれば特に問題ありません。ホットケーキには炭水化物だけでなく、たんぱく質や脂質も含まれていますので、確かにカロリーは高いですが、その分、食パンなどに比べると腹持ちが良く、より食事向きであるといえます。元々、ホットケーキは食事として考え出されたものなので、食事として食べるのが無難ですね。

外食でホットケーキを食べるときの注意点

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

まだまだ流行の熱が冷めないホットケーキ(パンケーキ)ですが、外食で食べるときの注意点について、いくつかご紹介いたします。

ちなみに、「ホットケーキ」と「パンケーキ」の違いですが、パンケーキはフライパンなどの平鍋で焼いたケーキの総称。どちらも小麦粉、卵、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、円形に焼いたお菓子を指すものです。本来は同じもので、厳密な違いはありません。

海外では区別がなく、「パンケーキ」と呼ぶのが一般的で、「ホットケーキ」では通じないことも多いそうです。ですが日本では、「ホットケーキ」は甘くて厚みがありおやつ向きのもの、「パンケーキ」は薄くて甘さは控えめな食事向きのもの、と区別されている傾向があります。比較的、お店では「パンケーキ」として提供されていることが多いので、この章では「パンケーキ」と記載させていただきますね。

お店のパンケーキといえば、パンケーキの上にたっぷりのホイップクリームやソースがかかっているものが多いですよね。こういったパンケーキは1皿でなんと1000kcalを超えてしまうものも多いのです。これだけで1日分弱のカロリーに相当します。そう考えると恐ろしいですよね…

お店でパンケーキを食べるときは、「食べる時間帯」「パンケーキの種類」を意識してみましょう。

まず「食べる時間帯」についてですが、お店のパンケーキを間食として食べるのは、カロリーが高すぎるため、おすすめできません。食べるなら朝食や昼食に食事代わりとして食べましょう。もし間食として食べるなら、お友達とシェアして1食の量を減らすようにしましょう。最近は高く積み上げられた「タワーパンケーキ」などもありますし、薄いので何枚も食べられてしまうと思いますが、くれぐれも食べ過ぎには注意です!

そして「パンケーキの種類」ですが、スイーツ系のパンケーキより食事系のパンケーキを選ぶことをおすすめします。スイーツ系のパンケーキは、糖質と脂質で高カロリーになりがちですので、ホイップクリームがのっていなくて、卵やお肉などのおかずがついているものを食べるのがよいでしょう。

特に、豚肉や豆類など、ビタミンB1を多く含む食品を一緒に摂ることをおすすめします。ビタミンB1を摂取することで、糖質がエネルギーとなって使われます。この代謝が正常に行われないと、糖質は脂肪となって身体に蓄積してしまいます。糖質をうまく代謝して消費するためにも、ビタミンB1は意識してほしい栄養素のひとつです。

さらに、サラダなどの野菜を添えるともっとバランスは良くなります。ホットケーキだけで食べると、糖質に偏った食事になってしまい、血糖値が急上昇・急降下することによって、食事の2~3時間後に空腹を感じやすくなります。しかし、たんぱく質野菜を一緒に摂取することで、血糖値の急上昇・急降下を防ぐことができ、空腹を感じにくくなります。このように、トッピングやサイドメニューを工夫して腹持ちを良くすることで、間食を繰り返すのを防ぐことができますので、食品の組み合わせも意識してみてくださいね。

低糖質なホットケーキミックス

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

このように食べ方に注意が必要なホットケーキミックスですが、最近では低糖質なものも販売されていることをご存知ですか?
低糖質かつ高たんぱく質なものが多く、小麦粉ではなく全粒粉や米粉、大豆粉を使ったものや、雑穀、おから、野菜などを使って栄養素を強化したものなど、さまざまなものが販売されているようです。いくつかご紹介いたします。

ミックス粉 パンdeスマート 低糖質お好み焼ミックス 鳥越製粉 600g

こちらの商品は普通のものに比べて糖質が86%オフなのに加えて、たんぱく質が7.5倍、食物繊維がなんと13倍も含まれています!レビューの評価も高くおすすめです。

日清 糖質50%オフ ホットケーキミックス 160g×2個

こちらも、小麦粉の配合量を減らして食物繊維をたっぷり配合することで糖質が抑えられています。甘さ控えめでありながら、ふんわりした食感が楽しめます。

一般的なホットケーキミックスよりも少々お高いですが、こういったものを使ってカロリーを抑えるのもひとつの手段ではありますね。味は普通のものより少し劣るそうですが、トッピングなどで工夫すれば美味しく食べられるでしょう。

ちなみに、パンケーキミックスというものも販売されているそうです。パンケーキミックスは砂糖が控えめや不使用のものがあり、一見低カロリーに見えますが、その分油脂が含まれているため、実際はそこまで変わりません。その点は注意してくださいね。

DHC発芽玄米入り 米粉パンケーキミックス

こちらは米粉で作られたパンケーキミックスです。小麦粉のものに比べて必須アミノ酸がバランスよく含まれています。焼き上がりはしっとりもちもちした食感で、そのままでも美味しくいただけます。

糖質オフ・グルテンフリー パンケーキミックス 200g(100g×2袋)

こちらは大豆粉を使用したパンケーキミックスです。グルテンフリー(小麦粉不使用)・砂糖不使用で、糖質90%オフです。豆乳または水を加えるだけで簡単にグルテンフリーのパンケーキが作れます。小麦アレルギーの方でも食べられますね。

管理栄養士からのコメント

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

いかがでしたでしょうか?ホットケーキミックスを使ったダイエットレシピや、注意点などについてご紹介してきました。

古くから世界中で愛されているホットケーキ。甘くてふわふわのホットケーキは、女子にとって、幸せですよね。カロリーが高いと決めつけて敵にするのではなく、上手く使って味方にしてしまいましょう。普通のケーキなど他の洋菓子に比べれば糖質や脂質は少なめですし、使い方次第ではやせることも十分可能なのです。

ダイエット中でも、食べてはいけない食品、というものはありません。どのように食べるか、といった「食べ方」が重要なのです。食品の組み合わせや量、食べる時間などに気をつけることで、摂取カロリーを抑えることはできます。

食べてはいけない、という考え方はストレスにもなりますし、長続きしません。ストレスが暴飲暴食を引き起こし、リバウンドしてしまっては本末転倒です。ダイエットは、無理なく、楽しく続けられる方法を基本にしましょう。好きなものを我慢するのではなく、工夫をしながら楽しくダイエットができると良いですね!

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事