効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

あなたが痩せない理由と原因

DietMenu

あなたが痩せない理由と原因

本記事では、痩せない理由と原因についてご紹介します。

ある女性誌でのアンケートにて、約80%近くの人が「痩せたい」という結果が出ています。
しかし、実際に痩せたかどうか?という質問については半数以上が「NO」と回答しています。つまり、ダイエットしたいけど、痩せないという人がほとんどなのです。

その原因は何なのでしょうか?痩せない理由をチェックリストにしてみましたので、あなたも当てはまるかどうか、試してみませんか?

痩せない原因

痩せない原因

ダイエットに関する情報があまりにも多く出回っていて、正しいダイエットができていない人がほとんどのようです。

正しくダイエットをしないと、頑張っているのに結果が出ないという負のスパイラルに陥ってしまったり、いったん痩せてもすぐにリバウンドするというループから抜け出せなくなってしまいます。

リバウンドは繰り返すほど太りやすい体質になると言われれているので、今度こそリバウンドしないダイエット方法を実践したいものです。何気ない生活習慣の中にも痩せない原因が潜んでいることもあります。この原因が分かれば、辛くて苦しい思いをしなくても痩せることができます。

あなたが痩せない10の理由

多くの人がやりがちな痩せない理由をチェックリストにしてみました。1つでも当てはまる人は要注意です。

①お肉を食べると太ると思っている
②野菜を食べることをすごく意識している
③食事の量を減らしている
④ダイエット食品が中心になっている
⑤ダイエットのために走っている
⑥半身浴や岩盤浴で汗をたくさんかく
⑦筋トレはムキムキになるので、運動するなら有酸素運動がいいと思っている
⑧夜更かししている
⑨スマホやテレビを観ている時間が長い
⑩ストレスや疲れを感じている

①お肉を食べると太ると思っている

あなたが痩せない理由と原因

人間の体のほとんどはタンパク質でできています。肉や魚には豊富なたんぱく質が含まれているので、毎日の食事に取り入れることで良質な筋肉が作られやすくなります。

筋肉が付くと自然と運動量が増えて、消費エネルギーが増えるのでダイエットにつながります。肌や髪もタンパク質が主成分ですので、キレイにダイエットをしたい人は肉や魚を積極的に摂りましょう。

カロリーが控えめでダイエットにおすすめの肉や魚にはこんなものがあります。

豚ヒレ肉

低カロリーな肉ですが、柔らかくてうまみがあるのでダイエット中でも美味しいものが食べたいという人におすすめの食材です。タンパク質が豊富で良質な筋肉をつけられるだけでなく、脂肪燃焼をサポートするカルニチンも含まれています。

鶏ムネ肉・ささみ

鶏肉は全般的にタンパク質が豊富でカロリーが低い食材です。中でもムネ肉とささみはダイエットにおすすめです。鶏肉には疲労回復効果もあり、ムネ肉には筋肉が作られることをサポートするビタミンKも含まれています。

パサパサするイメージがあるかもしれませんが、最近ではしっとりジューシーに仕上げる調理法もたくさん紹介されています。

▶︎鶏のささみダイエットの効果は?レシピと方法
▶︎種類によって変わる肉ダイエットの効果は?レシピや方法を紹介
▶︎10分で完成!鶏ささみを使ったダイエット時短レシピ6選
▶︎《夜食にも!》鶏むね肉を美味しく使う簡単節約レシピ14本
▶︎低カロリーでヘルシーな鶏ささみの安ウマレシピ10本

鮭はタンパク質豊富であるとともに新陳代謝をアップするアスタキサンチンが含まれています。高い抗酸化力もあり、体内の老化を防ぐ効果もあり、持久力アップや美肌にもつながります。

料理のアレンジバリエーションも多いので、飽きずに食べられることもメリットです。

サバ・サンマなどの青魚

サバ・サンマ・イワシ・ブリなどの青魚にはDHAやEPAが含まれており、中性脂肪やコレステロールを減少させる効果があります。

また青魚に含まれるヒスチジンというアミノ酸の一種が酵素によって分解されることで、脳が満腹だと感じる物質であるヒスタミンとして作用します。

そのため青魚を食べると、食べ過ぎを防止することができます。

▶︎鯖(サバ)缶ダイエットのレシピや効果をご紹介

②野菜を食べることをすごく意識している

あなたが痩せない理由と原因

ダイエットをする上で野菜は欠かすことができません。ビタミンや食物繊維を摂取できるからです。

しかし野菜を食べることを意識しすぎることで起こる障害もあります。

タンパク質不足

野菜を食べる=ヘルシーでダイエットにいいというイメージで満足してしまうことで、タンパク質不足に陥ることがあります。
タンパク質は前途の通り体の主成分ですので、不足すると痩せない原因になります。

体が冷える

野菜=サラダというイメージの人が多いようです。生野菜を食べることは酵素が体内で働くという観点では優れていますが、体が冷えやすくなります。野菜を食べる時は生のものだけでなく、温野菜も取り入れましょう。

また野菜に含まれるビタミン類は水に溶けだしやすい性質がありますので、水を使わずに調理できる虫野菜や煮汁ごと食べられるスープで摂るのがおすすめです。

野菜=痩せるではない

一般的に野菜ととらえられているものの中には、糖質が多いものがたくさんあります。糖質過多はダイエットを妨げます。

糖質が多い野菜には、イモ類(さつまいも・じゃがいもなど)穀類(とうもろこしなど)根菜(れんこん・ごぼう・里芋・にんじなど)かぼちゃ、玉ねぎなどがあります。

便秘になりやすい

野菜不足は便秘を引き起こします。理由は食物繊維不足です。

しかし野菜を食べることばかりに意識が向くと、油分不足や水分不足で便が硬くなり便秘になることがあります。

食事にスープを添えると水分も取れて満腹感が増します。油分はダイエットに適していると言われる不飽和脂肪酸を含むアボカドやえごま油などのオイルを活用したり、ナッツ類をから摂ることもできます。

ナッツはサラダのトッピングすると美味しいですし、おやつにも最適です。1日の摂取上限は片手のひら1杯分程度です。

▶︎脂肪燃焼スープダイエットの方法とレシピ

③食事の量を減らしている

あなたが痩せない理由と原因

カロリー制限のためにダイエット中は食事の量を減らしたり、食事を抜いたりすることがあるかもしれませんが、これも痩せない原因になります。

脳が飢餓状態だと錯覚する

食事を極端に減らしたり、抜いたりして摂取カロリーを制限すると、脳が飢餓状態だと錯覚してエネルギーをため込もうとします。そのためダイエットをしているつもりでも効果が出にくくなったり、ダイエットをやめたとたんにリバウンドをしてしまうのです。

便秘になる

食事の量が少なすぎると便秘になったり、便の量が減ります。便の量が少ないということは、腸内の細菌自体が少なくなっているという証です。

腸内の細菌が減少すると腸の活動が悪くなり便秘になるだけでなく、体内に不要なものが蓄積しやすくなり代謝が低下します。便の量を増やし、最近の量を増やすにはご飯などの炭水化物を適度に摂り、納豆や味噌などの発酵食品も加えると良いでしょう。

④ダイエット食品が中心になっている

あなたが痩せない理由と原因

カロリー計算が簡単で、調理の手間が省けるというメリットからダイエット食品が食事の中心になっていませんか?

ダイエット食品はあくまでも栄養補助食品であって食事ではありません。健康的な体を作り、ダイエットを成功させてその体型を維持するためには、食品から栄養を摂取する必要があります

またダイエット食品には多くの炭化物や人工甘味料が使用されていることがほとんどです。これが体内に蓄積していくことも冷えを招いたり、代謝の低下を招きます。短期間で痩せられるというキャッチコピーに惑わされず、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

⑤ダイエットのために走っている

あなたが痩せない理由と原因

ダイエットを成功させるためには運動+栄養+休養の3つがそろっていることが必須です。しかし激しい運動をすれば痩せるというのは誤解です。走ることが好きな人は良いですが、ダイエットのために我慢して走っているのであれば行う必要はありません。

ダイエットに必要な運動は、150カロリー消費できる程度で十分で、これを毎日の生活の中に取り入れることで継続することが重要です。下記を参考にして、普段より活動的な生活を心がければ徐々に痩せていき、リバウンドしにくくなります。

姿勢を良くする

重力という負荷に逆らうことでインナーマッスルが鍛えられます。
キツさは全く感じませんが、起きている間ずっと軽い筋トレをしているようなものですので、気が付くとお腹がペタンコになっていた!などの効果を実感できます。

階段を使う

エスカレーターがあってもあえて階段を使いましょう。
ももの筋肉はとても大きく、効率よくエネルギーを消費します。
日々の生活の中で階段を使うことで、程よい筋トレになります。

電車では席を譲る

揺れる電車の中でできるだけ動かずに立っていることは体幹トレーニングになります。
移動時間にトレーニングができるなんて一石二鳥です。
電車に乗る時はぜひ席を譲ってトレーニングしましょう。

掃除は雑巾がけがベスト

クイックルワイパーなのでの掃除は全く運動になりませんが、雑巾がけはかなりの運動になります。
ももの内側の筋肉を使うことで、骨盤底筋群も刺激され女性らしくてキレイなボディラインが出来上がります。
垂れたお尻や、たるんだ二の腕もスッキリしますので試してみてください。

▶︎距離や頻度は?効果的なランニングダイエットの方法
▶︎踏み台昇降運動でダイエット

⑥半身浴や岩盤浴で汗をたくさんかく

あなたが痩せない理由と原因

汗をかくと痩せるというイメージはNGです。ただ体積が減っただけで全く痩せていません。リフレッシュのために行うのであればOKですが、ダイエットにはなりませんのでご注意ください。

半身浴もダイエットには必須と思われているかもしれませんが、長く入浴することは疲労と過度な発汗によって乾燥を招きます。疲労した体はその回復が最優先の仕事になるため、ダイエットどころではなくなります。

とはいえ入浴は血流改善やむくみ解消に効果が期待できます。38度くらいのお湯に15分程度つかると美容と健康に良いとされています。

▶︎お風呂ダイエットでは運動が大切?効果がある方法とは(お腹・小顔・足)
▶︎半身浴ダイエットの効果は?やり方・方法をご紹介

⑦筋トレはムキムキになるので、運動するなら有酸素運動がいいと思っている

あなたが痩せない理由と原因

筋肉は脂肪燃焼装置です。日頃ほとんど運動をしていない人は筋力が低下して脂肪を溜め込みやすく、体型もゆるみがちです。

ダイエットに良さそうだからという理由で、筋力のない体で有酸素運動することは効率よく脂肪が燃焼されないため結果がでにくくなります。

重い負荷をかけて息が止まるくらいの筋トレをしない限り、ムキムキになることはありません。引き締まった体型を維持したいなら、ぜひ筋トレを行いましょう。

▶︎女性向け!基礎代謝上げるための筋トレ方法
▶︎女性でもできる!背筋の筋トレメニュー
▶︎【女性でもできる筋トレ】ダンベルダイエットのやり方と効果

⑧夜更かししている

あなたが痩せない理由と原因

寝ている間に分泌される成長ホルモンにはダイエットを促進する効果があります。しかしただ寝ればよいという訳ではなく、睡眠の質が大切です。

・タンパク質を中心にバランスの取れた食事を睡眠の2時間前までに摂る
・寝る1時間前までには部屋の明かりを暗くして、副交感神経を優位にする
・入浴をしてリラックスモードにする
・遅くても日付が変わる前までに寝る

上記の条件が揃うと、成長ホルモンが分泌されやすくなります。今まで深夜にしていたことは翌朝やることにして、早く寝る習慣を持つと痩せやすくなります。

⑨スマホやテレビを観ている時間が長い

あなたが痩せない理由と原因

スマホやテレビからは大量の情報が流れてきます。すると脳がフル活動状態になり、疲労します。脳は疲労すると糖分を欲するため、甘いものが食べたくなってしまいます。

また、脳がフル活動状態になるとなかなかリラックスできなくなり、質の良い睡眠も妨げられます。スマホやテレビは必要最低限にすることもダイエット成功への近道です。

⑩ストレスや疲れを感じている

あなたが痩せない理由と原因

体はストレスや疲れがあると、それを解消することが最優先事項となるので、ダイエットどころではない状態になります。

またこのような状態では甘いものが食べたくなったり、食欲がコントロールしにくくなります。ストレスや疲労をコントロールすることもダイエットには不可欠です。

最後に

あなたが痩せない理由と原因

いかがでしたでしょうか?

食事制限や運動を頑張ることがダイエットだと思っていた方も多いかもしれませんが、意外にも痩せない理由は頑張りすぎだったと言えるようです。

食事のバランスを整えることや、規則正しい生活をしてストレスや疲労を無くすことがダイエット成功のベースになります。さらに軽く筋トレをすることや、活動的な生活を心がけることで徐々にスリムになりリバウンドしない体ができていきます。

今一度、生活を見直して痩せないループから抜け出しましょう。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事