効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

MCTオイルダイエットのやり方と効果

DietMenu

MCTオイルダイエットのやり方と効果

MCTオイルダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

この記事では、MCTオイルダイエットのやり方と効果についてお伝えします。

アボカドオイルやココナッツオイルなど、健康にはもちろん美容にも効果抜群なオイルはたくさんありますよね。そうした様々なオイルの中でも、テレビや口コミで注目されているMCTオイルをご存知でしょうか。

MCTオイルは、匂いやクセもなく、コーヒーや紅茶などに混ぜて飲んでも味の邪魔になりません。
普段の食事メニューに取り入れるだけで、ダイエットに必要な量を簡単に摂取することができます。

今回は、そんなMCTオイルを使ったおすすめレシピや飲み方、成功した口コミなど、詳しくご紹介していきます。

MCTオイルダイエットとは

MCTオイルダイエットとは

MCTオイルダイエットとは、MCTオイルを毎日の食生活に取り入れることで脂肪を燃焼しやすくするダイエットのことです。

MCTオイルは、味や匂いがなくさっぱりとしているため、調味料や飲み物にも混ぜて使うことができます。ドレッシングに混ぜて使ったり、みそ汁やスープ、コーヒーなどの飲み物に入れたりと様々な用途ができます。

どんな場面でも手軽に使えることが、MCTオイルの最大の魅力なのです。

MCTオイルにはどんな特徴がある?

MCTとはMedium Chain Triglyceridesの略語で、日本語に訳すと中鎖脂肪酸油のことを指します。

中鎖脂肪酸はココナッツ、パームフルーツ、母乳、牛乳などに含まれており、体に入るとすぐに吸収されエネルギーとして消費されます。

対して、通常の植物油に含まれているのは長鎖脂肪酸と呼ばれる物質で、体に貯蔵されやすくエネルギーとして消費されるのに時間がかかります。

つまり、中鎖脂肪酸でできたMCTオイルは、私たちが普段口にしている植物油よりも消化・吸収が早く、エネルギーになりやすいため摂取しても太りにくいという特徴があるのです。

MCTオイルのダイエット効果

MCTオイルのダイエット効果

脂肪燃焼効果

中鎖脂肪酸は、体脂肪を燃焼しやすくするケトン体を効率よく生成することができます。

私たちの体は、細胞が活動するためのエネルギー源としてブドウ糖を消費しています。ブドウ糖が不足すると、体内に貯蔵している脂肪を燃やしエネルギーに変換します。この時に、ケトン体と呼ばれる物質が肝臓で生成されます。

ケトン体は、ブドウ糖の代わりに脳や心臓など様々な臓器のエネルギー源になることができます。
通常は、体にとって一番のエネルギーとなるブドウ糖が体内に十分に存在していれば、ケトン体が生成されることはありません。

しかし、中鎖脂肪酸はブドウ糖が十分にある状態でも、脂肪を燃やしてケトン体を生成します。さらに長鎖脂肪酸のおよそ10倍のケトン体を生成できるため、体脂肪の燃焼効果が非常に高いのです。

あの長友佑都選手もケトン体に注目しており、「ケトン体体質になりたい」とテレビでも発言しています。誰よりも健康に気を遣うトップアスリートも、ケトン体を利用した体作りを行っているのですね。

ドカ食いや早食いの防止

MCTオイルのダイエット効果

中鎖脂肪酸を摂取すると、ケトン体をエネルギー源として使用するようになるため、ブドウ糖を体に温存することができます。ブドウ糖がエネルギー源として使用されなくなると、血液中の糖の割合、すなわち血糖値は下がりにくくなります。

私たちの体は、血糖値の上下により満腹感や空腹感を感じています。血糖値が下がらなくなることで、空腹を感じにくくなるため、必要以上に食事を摂ることがなくなります。

つまり、空腹感からのドカ食いや早食いを防ぐことができるのです。また、ブドウ糖の消費量が減るため疲れにくく、集中力が途切れにくくなるという利点もあります。

美容効果

MCTオイルのダイエット効果

活性酸素といえば、体をさびつかせたり細胞を老化させてしまったりする美容や健康の天敵ですよね。実はケトン体には、この活性酸素を無効化する「カタラーゼ」と「SOD」という酵素を活性化する働きがあるのです。

そのため肌のハリや髪の潤いを与えたり、アレルギーやアトピー体質が改善されたりと様々な効果をもたらしてくれます。体の中から美しく、健康に痩せたいという方にはまさにうってつけですよね。

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

それでは、MCTオイルを使ったダイエットレシピをいくつかご紹介します。ダイエット効果はもちろん、美容にもよい食材を使ったものばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

MCTオイル活用!トマトの簡単マリネ

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

トマトに含まれるリコピンには、シミ・シワの改善や美白効果など、美容に嬉しい効能がもりだくさん。MCTオイルと一緒に食べることで、さらにアンチエイジング効果が期待できますよ。

材料 カロリー:140kcal
・ミニトマト 適量
・MCTオイル 大1
・塩こしょう 少々
・酢 少々

MCTオイル活用!トマトの簡単マリネ

作り方
トマトを洗い、ココット(耐熱容器)に入れます。
塩こしょう少々、MCTオイル、酢を入れてラップをかけ、電子レンジで40秒加熱すれば完成です。

おすすめのMCTオイル

仙台勝山館 MCTオイル

仙台勝山館 MCTオイル 360g <ココナッツベース100%>

ブランド:仙台勝山館
梱包サイズ:22×6.6×6.4cm
メーカー名:仙台勝山館
内容量:360g
原材料:中鎖脂肪酸油100%(ココナッツヤシ原料100%、パーム核油不使用) 
保存方法:常温で暗所に保管してください。

仙台勝山館のMCTオイルは、世界でも希少な、原材料ココナッツヤシ由来100%の中鎖脂肪酸油をフルオーダーで生産したオイルです。

無味無臭で、空腹感が抑えられるなどの口コミがあります。

日清MCTオイル

日清 MCTオイル 450g

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :62×62×220mm
原産国:日本
内容量:450g
カロリー:900kcal/100g
原材料:アブラヤシ、ココヤシ

日清MCTオイルは、九州産のお米100%で作った純国産商品です。

無味無臭で使いやすく、便秘が改善したなどの口コミもある商品です。

MCTオイルミルクコーヒー

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

ココナッツオイルの60%は中鎖脂肪酸できているため、美容効果も抜群!さらに牛乳がたっぷり入っているので、飲みやすいだけでなく空腹も落ち着かせてくれますよ。

材料 (1人分)カロリー:238kcal
・インスタントコーヒー 小さじ2
・牛乳 200ml
・MCTオイル 小さじ1
・ココナッツオイル 大さじ1/2

MCTオイルミルクコーヒー

作り方
牛乳をカップにいれて、レンジで温めます。カップにインスタントコーヒーの粉小さじ1を入れて溶かします。
ココナッツオイルとMCTオイルを入れ、よくかき混ぜれば完成です。

こちらの記事も参考にしてみてください
バターコーヒーダイエットの効果と方法(完全無欠コーヒーの作り方)

ツナと玉ねぎのサラダ

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる玉ねぎがたっぷり食べられます。ノンオイルのツナ缶を使っているので、カロリーをカットしながら食べごたえも抜群です!

材料(2人分)カロリー(1人分):141kcal
・玉ねぎ 1個
・ツナ缶ノンオイル 1個
・粗挽きコショウ 小さじ1/2
・テーブルコショウ 少々
・マヨネーズ 大さじ1強
・MCTオイル 大さじ1
・牡蠣だし醬油 少々

ツナと玉ねぎのサラダ

作り方
玉ねぎを薄切りにし、五分ほど氷水にさらます。
玉ねぎの水をしっかりと絞って、ボールに入れます。
ツナ缶と調味料を混ぜ合わせ、玉ねぎとあえたら完成です。

免疫栄養ケトン食*炊飯器でミネストローネ

MCTオイルを使ったダイエットレシピ

たくさんの野菜やきのこ、さらに低カロリー高たんぱくな鶏むね肉を使ったミネストローネです。炊飯器一つでできるため、洗い物が少なくて済むのも嬉しいですね。

材料 (4人分【糖質1.85g カロリー425kcal /人】)
・ブロッコリー 80g
・ぶなしめじ 50g
・皮なし鶏ムネ肉 320g
・にんじん 60g
・玉ねぎ 40g
・プチトマト 240g
・ニンニク(すりおろし) 15g
・水 600ml
・固形コンソメ 2個
・ラカントS大さじ1
・バター 80g
・黒胡椒 少々
・パセリ 少々
・MCTオイル 100g

免疫栄養ケトン食*炊飯器でミネストローネ

作り方
ブロッコリー、ぶなしめじ、鶏ムネ肉を食べやすい大きさに切ります。人参、玉ねぎ、プチトマトは1cm角くらいに切ります。

炊飯器に切った材料と水600ml、コンソメ、すりおろしたニンニク、ラカントSを入れて普通コースで炊飯します。バター、黒胡椒、パセリ、MCTオイルを入れたら完成です。

文部科学省 食品成分データベース

成功した口コミ

成功した口コミ

では、ここでMCTオイルダイエットに成功した方々からの口コミをご紹介しましょう。実際の食事メニューも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

飲み物に混ぜたり、料理にかけたりと様々な場面でMCTオイルが活用されています。オイル特有の風味がないため、色々な料理に合わせられるのが魅力なようですね。

MCTオイルを飲むと食欲が抑えられる」という口コミも多数見られました。

痩せないときの注意点

痩せないときの注意点

ダイエット効果が高く栄養も豊富なMCTオイルですが、摂取量を誤るとダイエットに逆効果になるばかりか、健康を害してしまう恐れもあります。

下記の注意事項をしっかりと守り、正しく、安全に食生活に摂りいれてくださいね。

1日に大さじ1~2杯を目安に摂取する

MCTオイルはエネルギーに変換しやすいといえども、100gで900kcalあります。そのため、大量に摂取するとカロリーの摂りすぎになる恐れがあります。

したがってMCTオイルの1日の摂取量は、大さじ1~2杯を目安にしましょう。1食あたり、小さじ1~2杯程度摂るのが最も効果的です。

また、MCTオイルを摂取すると体質によって下痢や腹痛になる方もいますので、十分注意が必要です。始めのうちは1日小さじ1杯で様子を見て、徐々に量を増やしていくことがおすすめです。

調理方法や保管方法に注意

オイルはその種類によって、引火や発煙する温度が異なります。揚げ物をする時に使用する菜種油などは、180度を越えても発煙することはありません。

しかし、MCTオイルはその温度が非常に低く、150度に達する前に発煙する恐れがあります。

したがって、MCTオイルは炒め物や揚げ物には、絶対に使わないようにしましょう。必ず生食でサラダや飲み物になどに加えて食べるようにしてくださいね。

また、オイルは瓶を開封し空気に触れた瞬間から、酸化により品質が低下しやすいという性質があります。

品質が低下すれば、それだけMCTオイルのダイエット効果も失われることになります。高温多湿を避けた冷暗所で保存し、開封後1カ月以内には使い切るようにしてください。

最後に

最後に
いかがでしたか。

ここまでMCTオイルのダイエット効果や、おすすめのレシピ、注意点などをお伝えしてきました。

MCTオイルは油っぽさや匂いがないため、どんな食事にも合わせやすいオイルです。
また、エネルギーに変換されやすいためダイエットに最適なのはもちろん、疲れにくい体づくりにも役立てることができます。

MCTオイルを使って、おいしく・健康的なダイエットを始めてみてくださいね!

栄養士からのコメント

ダイエットを意識すると必要以上に脂質を抑えてしまう傾向がありますが、脂質は細胞壁やホルモンの構成、脂溶性ビタミンの吸収などに必要不可欠な成分です。また、便に適度な油分を与えスムーズな便通にも効果的ですので、摂取エネルギーの約20%を目安に取り入れることが勧められています。その中でも中鎖脂肪酸など脂肪燃焼効率の良い脂質を取り入れることで美容・健康共により効果的なダイエットに近づけることができます。料理が苦手な方や忙しくて時間が無い方でも、トーストのバターやサラダのドレッシング、マリネなど日常で使用する油を中鎖脂肪酸油に切り替えることでカロリー摂取はそのままに上手に取り入れることができるという手軽さも続けやすいポイントですね。
体質や体調によっては胃痛や吐き気、下痢などを引き起こす場合もありますので、アレルギーがある方や心配な方は、始めは小さじ1杯程度の少量から様子を見ながら取り入れていきましょう。

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事