効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)

DietMenu

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)

ウォーキングダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    2

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

ウォーキングをダイエットに用いると痩せることができると言われるようになってから、ウォーキングダイエットとしてダイエットを行う人が増えています。

しかし、ウォーキングダイエットを正しく理解して、効果的に行っている人は意外と少ないようです。そこで今回は、ウォーキングダイエットとはどういうものなのか、朝や夜など歩く時間帯によって効果には違いがあるのかなどをご紹介していきたいと思います。

ウォーキングダイエットとは?(方法・やり方)

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_5

ウォーキングダイエットとは、言葉の通り歩くことによってダイエット効果を得ることができるというものです。ウォーキングは、ダイエットに効果があると言われている有酸素運動のひとつとして、特別な道具や場所を必要とすることなく、いつでもどこでも始めることのできるダイエット方法です。

有酸素運動と無酸素運動とは?

有酸素運動は、体の中にある酸素が充分にある状態で行われる運動のことを言います。有酸素運動の反対で無酸素運動という体内に酸素が不足した状態で行われる運動もあり、それぞれ運動を行う上での効果には違いがあります。

ダイエットとして脂肪を燃焼させるために行われる運動は、体の中に酸素が充分にある状態で行う有酸素運動が効果的です。その理由は、体の中にたくさんの酸素を取り込むことで脂肪を燃焼させやすくすることができるからなのです。

ダイエット効果を得ることができるウォーキングなどの有酸素運動は、体全体がうっすらと汗をかく程度の負荷がかかるものが良いとされています。

ちなみに、無酸素運動は筋肉量を増やすために行われる運動のことをいい、ダッシュや筋トレといった運動している時は呼吸を止めていることの多い運動のことを言います。呼吸を止めているので当然、体の中に酸素を充分に送り込むことがないため有酸素運動のように体内の脂肪を燃焼させる効果は無酸素運動ではありません。

そのかわり無酸素運動によって筋肉量が増加していきます。筋肉量の増加は、基礎代謝量の増加にもつながるので同じ運動を行ったとしても痩せやすい体へと変化させることができるので、本来はどちらも取り入れるようにするとさらにダイエット効果を高めることができるのです。

しかし、無酸素運動はウォーキングなどの有酸素運動とは違い辛いと感じることが多く、元々運動が苦手だったり好きではない人にとっては苦痛なものなので、手軽に続けることのできる有酸素運動がオススメなのです。

ウォーキングの方法は?

ウォーキングは、歩くことで今ある脂肪を燃焼させることができますが、1日の中でウォーキングを行うのに最適なのは朝です。できれば朝食前に歩くようにすると、他の時間帯にウォーキングを行うよりもより高い効果を得ることができると言われています。

一度に行うと良い時間はおおよそ20分~30分で、慣れてきたら1時間という風に自分ペースで行うと良いと思います。ウォーキングは、継続することでダイエット効果を得ることができる運動なので自分のできる範囲で継続させることが一番大切です。

ウォーキングダイエットの距離や時間

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_6

ウォーキングダイエットを行う時に気になるのがどのくらいの距離を歩いて、どのくらいの時間ウォーキングすればより高いダイエット効果を得ることができるのかどうかではないでしょうか?無理をしなくてもほどよい程度で効果を得ることができ方法があれば知りたいですよね。そこでウォーキングダイエットに最適な距離や時間をご紹介したいと思います。

まず、ウォーキングをはじめとする有酸素運動は、運動を始めてから脂肪が燃焼をはじめるのに20分ほどかかると言われています。しかし最近では、運動を始めてから5分もすれば脂肪は燃焼し始めると言われるようになっていますので、ウォーキングは5分以上は必ず行うようにしましょう。

ウォーキングダイエットで最適な距離&時間は?

ウォーキングダイエットで効果を得やすいと言われている距離や時間はどのくらいなのでしょうか。ウォーキングの速さによっても取り組むべき時間には違いがあります。どのくらいの時間を歩けばダイエットに効果があるという意識ではなく、距離数で考えるようにしましょう。

1回のウォーキングで最適と言われている距離は、約2キロ~3キロです。もちろん、距離を伸ばせばその分ダイエット効果は高くなると言われています。ごく平均的なスピードでウォーキングをした場合、2キロ~3キロ歩くのにかかる時間は20分ほどなので、この距離数と時間を基本にすると良いと思います。

ウォーキングに最適な時間帯は夜?

ウォーキングは夜行うのが良いという説があります。その理由は1日の疲れをウォーキングによってリフレッシュさせることができるという点と、程よい運動が快適な睡眠を得ることができるということです。また、季節によっては夜が一番動きやすいということも夜のウォーキングが良いと言われている理由です。

ウォーキングはやっぱり朝がいい?

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_7

ウォーキングは夜ではなく朝が良いという説があります。朝目覚めたら朝食を摂る前に朝日を浴びながら行うことで体内リズムが整う効果を得ることができるのです。また、朝に代謝を高めることによって昼間の脂肪燃焼効果を上げることができるとも言われています。

ウォーキングダイエットでダイエット効果を最大限に得るためには、距離や時間はもちろんですが、いつどのタイミングで継続して行うことができるかどうかということも重要です。ダイエット効果を得るためには、1週間でおおよそ3時間半以上と1週間単位で計算し、3日以上あけないようにウォーキングしていくと忙しい人でも継続的に続けられると思います。

ウォーキングダイエットの効果

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_1

ダイエットのためにウォーキングを始める人は、実は思った以上に多いようです。そして挫折してしまう人も実はかなりの数いるのです。なぜ多くの人が挫折してしまうのでしょうか。

それは、ウォーキングを始めたらすぐに何かしらの効果が出ると思っているのが原因のようです。実は、ウォーキングダイエットは、手軽にそして健康にダイエット効果を得ることができるダイエット方法だということは間違いないのですが、すぐに効果を感じる人は本当に極まれなのです。

ウォーキングダイエットがダイエットに効果的とは言っても、全体的な運動量や運動強度をみるとランニングとは比較にもならないくらい低いのです。そして、ウォーキングを始めた当初は、おそらく歩く距離も短いと思います。そのような状態なので最初の1ヶ月~2ヶ月は何ら変化を感じることがない場合が多いのです。

しかし、それは効果が現れていないということではなく、3ヶ月を過ぎたあたりから徐々にウォーキングの効果が現れ始めるのです。多くの人は、1ヶ月、2ヶ月と経過することで効果がないと諦めてしまうのです。ウォーキングは、長く続けてこそダイエット効果をはじめとする様々な効果を得ることができるものなので、できるだけ長く継続する覚悟で始めることが大切です。

そしてウォーキングにはダイエット効果以外の嬉しい効果もあることを覚えておいてください。ウォーキングをすることで免疫細胞が活性化されたり、ホルモンの分泌量がアップするなど美容効果や若返り効果も同時に得ることができちゃうのです。

また、ストレスに対応できる免疫力もアップするので、精神的にも肉体的にも強い体づくりを行うことができます。ウォーキングダイエットはただ単に痩せるというためだけじゃなく、痩せることができるというものにプラスして様々な嬉しい効果も一緒に得ることができるものなので自分のペースで継続して続けていくようにすると良いですね。

ウォーキングダイエットを成功させるためのコツ

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_3

せっかっくウォーキングダイエットを始めるなら、少しでも早くそして確実に成功させたいですよね。ウォーキングダイエットはほんのちょっとの意識や方法を変えるだけで同じウォーキングでも得られる効果には違いが生まれてくるものなのです。

そこで、ウォーキングダイエットを成功させるためのコツをいくつかご紹介していきたいと思います。取り入れられることからぜひ、始めてみてくださいね。

ウォーキングする時の姿勢に意識する!

slim-pic23thin-legs-diet.net

ウォーキングを行う時には、正しい姿勢というものがあります。その姿勢は、胸を張った姿勢で歩くことです。疲れてくるとついつい猫背になりがちですし、視線も下を向きがちになってしまいますが、ウォーキングは体の中に沢山の酸素を取り込むイメージで行うのが重要となるので、胸を張って視線は遠く先を見ながら歩くことが大切です。

足の運び方を意識したことはありますか?

とても細かいポイントなのですが、ウォーキングの時の足の運び方はかなり重要なのです。ウォーキングの時には大股で歩くのは避けるようにしましょう。

普通の歩幅でかかとから着地し、次にその足を出すタイミングで地面をつま先で蹴るという歩き方をします。お尻の下側と太ももの裏側の筋肉を意識するようにすると足の運び方も理解できると思うので、実践してみましょう。

ウォーキングの時の手はどうしてますか?

ウォーキングの時の手は、何となく足の動きに合わせて振っていると思います。手の振りは、後ろに大きく振り、前の振りは小さくするようにすると、ウォーキングしながら二の腕のシェイプアップに繋がります。

ウォーキング中はお腹に力を入れて凹ませる!

最後に、ウォーキング中は、常にお腹を意識するようにしましょう。お腹に力を入れてウォーキングすることで自然と姿勢も良くなります。お腹をいかに引き締めてウォーキングするかによって体全体のバランスも良くなりますが、ウォーキングし始めの頃は辛いと思います。しかしより質の高い効果を得るためには、最初に体に覚えさせてしまうことが大切です。

ウォーキングダイエットを成功させるコツは、ウォーキングの姿勢や歩き方がとても重要とはなりますが、一番のコツはとにかく続けていくことです。毎日が難しければ2日に1回でも3日に1回でも良いのです。3日以上間をあけないようにだけ気をつければ、あとは継続することが成功させる唯一の方法なのです。

最後に

ウォーキングダイエットの効果は?(距離や時間)_4

ウォーキングダイエットの効果について色々な視点から紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ウォーキングダイエットは、たくさんあるダイエットの中でも健康的でとても良いダイエットのひとつとして紹介されることが多いものですが、なぜ体に良いのかということがわかりました。

そして、健康的で良いダイエットだからこそ、すぐに結果が出ないということもしっかりと理解した上で取り組んでみたいですね。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事