効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

セルライトは運動で落ちる?落ちない?

DietMenu

セルライトは運動で落ちる?落ちない?

本記事では、セルライトが運動で落ちるかについて、ご紹介したいと思います。

ぶよぶよの太もも、たるんだわき腹…
ふと見ると脂肪がついたところがでこぼこして目も当てられない状態に!これってもしかして俗にいうセルライト?!

セルライトは一度つくと落ちにくいのが特徴で、せっせと運動してもなかなか効果が表れないという方も多いのではないでしょうか。今回は「運動」と「セルライト」の関係をご紹介、効果のある運動法ややってしまいがちなNG運動なども併せてチェックしてください!

セルライトとは?

セルライトとは?

よく耳にする「セルライト」。まずはその正体からチェックしてみましょう。

女子の宿敵セルライト!その正体は!?

セルライトの正体は脂肪です。タダの脂肪と違って、その周りに水や老廃物がたまって、ブヨブヨのでこぼこになった状態のことを指します。

脂肪と老廃物が絡み合うことで、より強力に、私たちのカラダにまとわりついてしまうのです。そしてセルライトがつくとその周辺は血流も悪くなり、身体の循環、代謝が著しく悪くなります。そのためによりカロリー消費量は低下し、どんどん脂肪をため込み、さらにセルライトを生む悪循環が出来上がってしまうのです。

こんな場所に付きやすい!体重は標準でも要注意!

セルライトの正体

セルライトは、太ももや二の腕、おなかまわりやおしりまわりといった脂肪が付きやすい場所に発生します。

体重や体型は標準でも、代謝が低下していたり、筋肉量が少なく内臓脂肪が多い人はセルライトがたまっていたり、たまりやすい状態でもあります。一概に「セルライト=太っている」とは限らないところも注意が必要です。見た目は普通でも脱いだらでこぼこのぶよぶよ、なんて女性も増えてきつつあるのです。

原因は運動不足?

原因は運動不足?

脂肪がついてしまう原因は、摂取カロリー>消費カロリーとなっているからです。1㎏の脂肪がつくのに7000kcalといわれているので、最近太ったという方はそれだけカロリーオーバーな状態が慢性的に続いていることが考えられます。

もちろん食べ過ぎ、摂取カロリーオーバーな食生活は改めないといけませんが、ダイエットを行う上で、消費カロリーを増やす手段である「運動」もポイントになってきます。現に、セルライトがたまりやすい人、たまっている人は慢性的に運動不足であることが多いともいわれています

運動不足は代謝を下げ、さらにむくみを加速させます。運動不足になるとセルライトが肥大化したり目立ちやすくなる原因にもなります。

セルライとは運動で落ちる?落ちないのにはわけがあった?!

セルライとは運動で落ちる?

最近耳にするのが、「セルライトは運動では落ちない」という口コミ。その頑固さ、落ちにくさゆえ、運動では効果がないのではと諦めモードになっている人もいるのではないでしょうか。

では運動では落ちないという人と落ちる派の違いはいったいどこにあるのかお伝えしたいと思います。

落ちない原因①生活習慣による代謝の低下

セルライトが付きやすい人の特徴として筋肉量の少なさが挙げられます。もともと運動習慣のない方や、仕事上運動不足になりがちで筋肉量が低下していたり、無理な食事制限ダイエットは、脂肪ではなく筋肉を分解し代謝を下げている場合があるので注意が必要です。

ダイエット⇔リバウンドを繰り返すうちにいつの間にか同じ体重でも前より太って見えたりするのは、筋肉が減って脂肪が増えたことが原因です。食べ過ぎはNGですが、キチンとバランスの良い食生活と組み合わせ、代謝を上げて初めて効果がみられるもの。基本的な生活習慣も併せて見直す必要がある方も多いのかもしれません。

落ちない原因②習慣化していない、続けていない

運動を始めてすぐ効果が現れるわけではないのもセルライトの特徴。運動を始めても、セルライトが減っていないのをみて、「効果がない!」「運動では落ちない」と結論を焦ってしまっていることも考えられます。

脂肪だけなら運動すれば比較的早く効果が見える場合もあるのですが、セルライトは脂肪だけでなく、脂肪が老廃物と密着し取れにくくなった状態です。脂肪を燃やすだけでなく、筋肉量も増やしていく必要があるのです。

セルライトは運動で落ちるのか?!

セルライトは運動で落ちるのか?!

闇雲に運動すれば落ちるというわけではないのがこのセルライトの厄介なところなのです。でも、現に運動をうまく取り入れることでセルライトを落とした人がいるのも事実です。

大切なのは筋肉量!脂肪燃焼だけでなく代謝も上げていく!

運動を始めたからすぐ、筋肉がつくわけではありませんよね。筋肉は分解→補修を繰り返すことで少しずつ大きくなるものなので。一気にたくさんの運動をするというよりは、少しずつ運動を長く積み重ねていく必要があります。特に筋肉量が少ない人がセルライトを落とそうとする場合、ある程度の時間がかかることは覚悟する必要がありそうです。

運動ですぐセルライトを落とす、というよりは運動することで脂肪を燃焼させつつ、筋肉量を増大させ、着実にしつこいセルライトに働きかけていくことが必要です。体の代謝を上げ、血の流れをよくし、皮下脂肪を燃焼させる。そのためには運動が欠かせないのですね。

セルライト撃退&キレイ痩せするには運動は必須!

セルライト撃退&キレイ痩せするには運動は必須!

セルライトをなくし、ダイエットを成功させるうえで、筋肉量を増やすことはポイントといえます。カロリー消費だけなら食事コントロールのみでもなんとかなりますが、筋肉を増大させるにはやはり運動を並行して行うことが一番手っ取り早いといえます。

食事と運動を組み合わせて、筋肉を増大させ、全身を引き締めながらセルライトを落としていくことで、美しく痩せる効果もあるのです。

セルライトを落とすのに効果のある運動って?

セルライトを落とすのに効果のある運動って?

さっそく効果のある運動法をチェックしてみましょう。

脂肪を落とすなら!カロリー消費量も多い「有酸素運動」

脂肪燃焼に効果のある運動といえば有酸素運動です。有酸素運動とは、酸素を取り込みながら運動する方法で、ウオーキングやジョギング、エアロビクスや水泳など、呼吸数が上がるような運動のことを指します。

有酸素運動は行うことで、食事などで摂取した脂肪やカロリーを、エネルギーに変える効果があります。有酸素運動は血中の糖分を燃やし尽くすと、その後皮下脂肪や内臓脂肪を燃やす性質があるので一定時間続けることでより効果を得ることができるのです。

忘れてはいけないのが「無酸素運動」

セルライトと無酸素運動

一方呼吸数は上がらないものの、体幹や筋肉に負荷をかける運動のことを無酸素運動といいます。代表的なのが筋肉トレーニングですね。

筋肉に負荷をかけ、分解→補修を行うことで筋肉量を肥大させる効果があります。補修する際にキチンと筋肉を作るエネルギーやたんぱく質がないと、分解するだけでより筋肉が減ってしまいますので、ダイエットというよりは、身体づくりや増量したい時などに取り入れられることが多くなっています。

でも実は筋肉は、ついているだけで消費エネルギーが増大する優れもの。長い目で見ると、過度な食事制限や無茶な運動を繰り返すより、キチンと食事と運動を積み重ねて筋肉を育てていく方が、恒久的に代謝の良い引き締まった体をキープすることができます。

おすすめは「有酸素運動」×「無酸素運動」

セルライトでお悩みの方にはやはり両方の運動を取り入れていただきたいもの。とくに併せて行うと、成長ホルモンの関係でより、脂肪が燃えやすく、代謝が上がりやすくなるといわれています。どちらか単体で行うより組み合わせることでよりスムーズに脂肪燃焼を促し、運動の効果を高めてくれます。

有酸素運動の中には、筋力に働きかける効果を強く持った運動もあります。セルライト対策で運動を始めようと思うけれど何をすれば?!とお悩みの方は以下のような運動がおすすめです。

・ヨガ
・エアロビクス
・水泳
・ボクシング

また、筋トレなら有酸素運動の効果を強く持ったスクワットがおすすめです。全身が引き締まり、美シルエットになる効果もあるのでおすすめですよ!1日10回からでも始めて見てください。

これはNG!激しい運動、無茶な運動

これはNG!激しい運動、無茶な運動

皮下脂肪を燃焼させるならとにかくカロリー消費!有酸素運動!となってしまい、激しく過激に動き回れば燃えると思ってしまいがちですね。でも実はこれは逆効果です。

今まであまり運動をしたことがない人、今の時点で運動することが習慣になっていない人が急に過激な運動を始めると普段使わない筋肉が酷使されパンプアップ(=水分を貯めてパンパンにむくむ)よりセルライトが目立ち、むくみが悪化してしまうといった結果になることも。

激しい運動とは例えば過度な筋トレ、かなりのスピードでジョギングする、短距離走、サッカーやバスケットボールなどの負荷の強いスポーツ、長時間の水泳などが当てはまります。一般的に体がしんどい、息が上がるような運動全般を指します。

まずは少しずつ体を動かすことに慣れていきながら軽めの運動を続けていくことが大事です

運動でセルライトを撃退する5STEP!

セルライトをなくすには、正しい方法で運動を取り入れていくことが必須!なことはお分かりいただけたと思います。何から始めていいかわからない方にもおすすめの5ステップを見ていきましょう。

運動習慣がない方に!まずは軽いウオーキングや体操から

セルライトが出来ているということは、全身に脂肪がついて体も重たくなっているはず。この状態で無理な運動をしても心臓や内臓にも負担がかかり健康にもよくありません。まずは少しずつ脂肪を落とし、体を軽くしていくことを始めましょう。

そこでおすすめは軽い有酸素運動から。歩く、ラジオ体操、ゆったりとしたスロージョギング、水泳でもガンガン泳ぐのではなく水中ウオーキングなど、負荷が少なく鼻歌を歌いながらできるくらいの運動がベスト。

これならストレスにもなりにくいので続けやすいですよね。いきなり無茶な運動から始めては続かないのが落ちです。好きな音楽を聴きながら、できれば15分くらいは継続してできそうなものから始めてみましょう。

慣れてきたら筋トレをプラスしてみよう

慣れてきたらここに筋トレなどの無酸素運動をプラスして見ましょう。脂肪燃焼効果のある有酸素運動と、筋肉を作る効果のある無酸素運動、両方からアプローチすることでスムーズにセルライトを燃焼する効果があります。

おすすめは、有酸素運動の前に筋トレをすること!筋トレを行うことで脂肪が分解を始め、有酸素運動を始めると同時に脂肪をスムーズに燃焼し始めるのです。

軽くウオーキングするなら、出かける前に準備運動に腹筋運動を入れてみるだけでok!始めは少しの回数から始めて見ましょう。

終わった後に、ストレッチとマッサージ

終わった後に、ストレッチとマッサージ

運動が終わった後、そのままぐたーっと休んでしまうのはNG!これは筋肉を傷めてしまう原因にもなるので注意してください。

特に走った後や長時間の運動の後はしっかりとストレッチとマッサージを行い、身体をクールダウン、筋肉のコリをほぐしてあげましょう。

セルライトは脂肪だけでなくむくみや老廃物の塊でもあります。ほぐすことで血流を良くし、無駄な水分や脂肪を流す効果があります。しっかりストレッチすることで早い筋肉の回復を促し、代謝を上げることにもつながるので、しっかり運動の一環として行う癖をつけてください。

温めると効果大!カイロなどもおすすめ!

気になるセルライト部分を温めることも効果があります。できれば運動中も温めながら行えばより燃焼効果大です。サウナスーツやカイロといった、気になる部分を温めるグッズはたくさんあります。温めることで血行促進、老廃物をガンガン流し出す他、発汗力を高め、デトックス効果も期待できます。

モデルの西山真紀さんは回路をはってジョギングしていたそうです。叶姉妹や酵素ダイエットで有名な浜田ブリトニーさんも、ダイエットのためにおなかにカイロをはっているそうですよ。
運動中は、無理のない範囲で温めましょう。しっかり水分補給しながら身体に気をつけて行ってください。

運動+食べ過ぎにはくれぐれも注意!

運動+食べ過ぎにはくれぐれも注意

いくら運動しても、消費しきれないほどのカロリーを摂取していてはいくら頑張っても追いつきません。むしろ、体に負担ばかりかかってしんどくなってしまうかも。

食べ過ぎている方は食生活の見直しも同時に行ってください。食事がうまくいっていない方はまずはそこから見直していきましょう。運動のみで食べ過ぎてしまったぶんのセルライトを全て燃やすのは至難の技。セルライトができる原因にもとなる生活習慣は改めながら運動を取り入れてこそ効果が現れます。

最後に

最後に

セルライトは、長い間の生活習慣や食習慣で形成されたいわば老廃物の蓄積物です。1日2日で解消できるものではありません。長い目で見て、長い計画で少しずつ解消していくひつようがあるということはお忘れなく!

美は1日にしてならず。是非ご紹介した運動法も合わせて取り入れていってみてください!

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事