効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

キャベツダイエットの効果は?成功の秘訣をご紹介

DietMenu

キャベツダイエットの効果は?成功の秘訣をご紹介

キャベツダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

成功者が続出中で話題のキャベツダイエット。

キャベツダイエットを簡単に説明すると、日常の食事でキャベツをたくさん食べるダイエット方法です。

では、そのキャベツダイエットはどのようにして行えば成功するのか、キャベツのダイエットの効果、簡単なレシピや口コミ・体験談についても詳しくご紹介していきます。

キャベツダイエットとは?(やり方・方法)

キャベツダイエットとは、普段の食事をキャベツメインにして、満腹感を補いながら痩せるダイエット方法のことです。

では、その詳しいやり方を見ていきましょう。

キャベツの分量の目安とカロリー

まず、キャベツをまるまるひと玉用意します。

  • ・3食でキャベツを摂りたい場合、ひと玉の約4分の1
  • ・朝と夜など2食でキャベツを摂りたい場合、ひと玉の約3分の1
  • ・夜だけキャベツに置き換えたい場合、ひと玉の約半分

これくらいの量を目安にするとわかりやすいです。

1日に摂取するべきキャベツの分量が約半分です。ですので、半分にした状態で保存しておくと使いやすいです。

また、キャベツ(1玉約940g)のカロリーは184kcalですので、半分摂ったとしても92kcalと低カロリーに抑えることができます。

 忙しい人は夜だけでも

キャベツダイエットは、キャベツを日常の食事にたくさん取り入れることで食欲をセーブし、カロリーを抑えることで効果を発揮します。

その為、なるべく3食すべてのご飯の前に食べることが効果的です。

しかしながら、仕事をしている人などは日中に行えないので、その場合には夕食にキャベツを取り入れる方法をおすすめします。

そして、キャベツダイエットを効果的にするためには、なるべく「ざく切り」にすることで効果が得られます。

ざく切りにする理由

cabbage01

ざく切りにすることにより、歯ごたえを良くし噛むことで、満腹感を増幅させます。

そうすることで、まず余分な食欲を抑え、必要以上に空腹感を感じなくするのです。満腹感を得つつ、無駄なカロリーを抑えることがキャベツダイエットの目的です。

もちろん、キャベツだけ食べていては栄養不足になってしまうので、他にも、少量の炭水化物や肉類などのたんぱく質は必要になってきますが、主食(米・パン・麺)をまずキャベツにして1番始めに食べてしまうという方法が正しいキャベツダイエットのやり方なのです。

キャベツダイエットの効果は?

nature-sunset-person-woman-large

キャベツダイエットの効果は、やはり食欲を抑えて「痩せる」ということがメインとなります。

短期間で痩せられるダイエット方法ではなく、効果は徐々に現れてくるのが特徴的です。この方法では、食べる物の量を減らして体に負担をかけるのではなく、摂取するカロリー自体をローカロリーなキャベツに置き換える方法なのです。その為体に極端な無理をかけることなく健康的に痩せることができます。

そして、ダイエット以外にも体に嬉しい効果があります。

キャベツには、100gあたり41mgのビタミンCが豊富に含まれているので、キャベツの葉を5枚ほど摂ると1日に必要なビタミンC量を補うことができ、お肌など美容効果も期待できます。

そして、キャベツにビタミンCと共に多く含まれているのが「カリウム」というミネラルで、体の中の余分な塩分、水分、そして毒素を排出させむくみを軽減させる効果などもあるのです。

つまり、美容効果プラス、デトックスの効果も得られるということなのです。

さらに外側の緑の葉の部分には抗酸化力を持つ「βカロテン」が豊富に含まれている為、血栓や体のサビを抑制し血流を高めることでダイエット効果が期待できます。

また、「食物繊維」や生で食べる場合は腸内環境を整える「酵素」もたっぷり補うことができるので、日ごろ便秘に悩まされている人は、お通じも良くなる効果があります。

キャベツダイエットにおすすめなレシピ

cabbage02

キャベツダイエットは、なるべく「生」のままで食べるのが良いとされています。

理由としては前述もしましたが、噛むことでより満腹感を得るためです。

その為サラダにすることが一番効果的な食べ方ですが、どうしても同じ味だと飽きてしまったり、ドレッシングをかけたくなったりしてしまいます。

せっかくのキャベツダイエットなのに、油分の多いドレッシングをかけてしまうと、その分カロリーが増えて効果が薄れてしまいます。

塩昆布サラダのレシピ

塩昆布

今回は、キャベツを使ったサラダのおすすめレシピをご紹介します。

それは、居酒屋などでもよく登場する、ざく切りキャベツに塩昆布を混ぜるレシピです。

塩昆布だけで、味がつくので美味しく食べられます。その他にも「寿司酢」を少量かけるという方法もあります。

寿司酢なら、カロリーもほとんどなく、なおかつ味もつくので簡単なドレッシング代わりになるのでとてもおすすめのレシピです。

キャベツのスープレシピ

スープにして食べることは、生で食べない代わりに、茹でることによってより多くの量のキャベツをかさを減らして摂ることができるので、満腹感は抜群ですし、生では多く食べられないという人でも多く食べることができます。

生で食べないぶん、スープはすべて飲むようにしましょう。そうすることで、汁の中に流れ出した有効成分まで余すところなく摂ることができます。

蒸して食べるのもおすすめで、スープにするのと同様に、大量のキャベツでもかさを減らして食べることができます。

food-restaurant-lunch-cutlery-large

「キャベツスープレシピ (キャベツとほうれん草のスープ)」

用意するもの 全体量のカロリー:約200kcal

・キャベツ
・ほうれん草(2~3束)
・スープ用コンソメ

作り方
1.キャベツは4分の1のざく切りに、ほうれん草は3~4センチ幅に切って洗います
2.鍋にお湯を沸騰させて、キャベツから先に煮ます
3.少し煮えてきたら、ほうれん草も加えて3~4分煮ます

あとは、コンソメで味付けしたら完成です!

キャベツ炒めのレシピ 

キャベツと玉ねぎをしょう油で炒めたレシピです。

そして、味付けはなるべく薄めにします。濃い味付けは、食欲を増加させてしまうからです。

「キャベツ炒めのレシピ (キャベツと玉ねぎのしょう油炒め)」

炒めたいときには、油を引かずに炒めるようにしましょう。

用意するもの 全体量のカロリー:約70kcal

・キャベツ
・玉ねぎ(半分ほど)
・醤油

作り方
1.キャベツはスープ同様ざく切りにして洗い、玉ねぎは薄く半輪切りに切ります
2.油をひかずに、フライパンで初めに玉ねぎを炒める(少量の水と一緒に炒めると炒めやすい)
3.玉ねぎがしんなりしてきたら、キャベツを加え、柔らかくなるまで炒めます

醤油でさっと味付けをしたらできあがりです!

カレーを食べたくなった時

カレースパイス

夕食にカレーなど少し重めのものを食べたいというときには、カレーを我慢する必要はなく、いつもより少しだけごはんの量を減らし、カレーを食べる前にキャベツを食べることで、余計な油分を体内に吸収させずにすみます。

冷凍にすれば食べきれなかった分を取っておくこともできるので、特にサラダにした場合は、食べきれなかった分のキャベツはそのまま冷凍して、翌日にまた食べるのもお得な方法です。

キャベツを使った様々なレシピは下記のリンクから。

▶︎ 【つくれぽ100人超え!】キャベツを使った簡単ダイエットレシピ

成功した体験談

pexels-photo-103127-large

それでは、キャベツダイエットの成功した人の体験談をみていきましょう。

これで、キャベツダイエットのイメージや得られる効果が少しでも伝わるのではないでしょうか。

「毎食事の前にキャベツを手でちぎり、大き目の皿に山盛り1つ、レンジでチンして、塩昆布を少量混ぜ、ごま油を数的たらすだけ。これを先に食べると、ご飯の量が減るし、なんといってもキャベツがうまい。」(女性)
「昼は普通に食べて、夜ごはんだけ茶碗1杯の白ご飯に冷や奴とキャベツの千切りを好きなだけ大盛(ドレッシングは塩のみ)そして味噌汁1杯。これを1ケ月続けて5k減りました。」 (女性)
「夕食に食べるご飯を生キャベツに代えるだけで簡単にダイエットに成功します。キャベツは3センチ角で、歯ごたえ良く食べるのがポイントです。朝食か昼食にご飯を食べ、夜は控えるのが成功の秘訣です。」 (男性、10代)
「家計が苦しくなり、仕方なくお菓子を止めて 食事のカサ増しの為にキャベツを料理に使い始めたのがきっかけです。知らない間に一ヶ月2kg減でした」 (女性・40代)

このように、キャベツダイエットに成功している人たちの共通点としてできるだけ長く続けているということや、自分なりに工夫しているということがわかります。

食べ方を工夫することで、楽しく続けられますし長く続けられるということがわかります。

キャベツとは言え、ダイエットをしているという意識が強すぎてしまうと失敗してしまうことがありますが、自分なりの方法を追究し、食べ方や運動を取り入れるなどの工夫を楽しんでできている人は、成功する確率が高いようです。

また、すぐに結果を求めない、というところがポイントです。

自分で食事を管理し、日記をつけるのも良い方法です。

キャベツダイエットの失敗談

キャベツダイエットの失敗談
続いて失敗談を見ていきましょう。

始める前に失敗談を知っておくことで、同じ過ちを繰り返さないようにすることができます。

「痩せません(−_−;) やっぱり加熱がダメなのかなー? でもニキビは出来ないし便通もいいので、ダイエットは他の方法にして、キャベツはたべつづけようかと思います♪」 (女性)
「よく調べたら女性の生理前は痩せにくいとの事。どうりで1キロしか痩せないわけです|・ω・。)」 (女性)
「効果があるパターンはキャベツを食べて腹一杯にしてからカレーを食べ始めた結果カレーを食う量がいつもより減る場合 キャベツ食ってその後いつも通りカレーどか食いしたらそりゃアウト」 (男性)

失敗してしまう人たちの特徴は、成功例とは逆に、長く続けていない、自分なりに工夫していない、キャベツだけ食べても痩せないということがわかります。

キャベツダイエットは、キャベツさえ食べればいいものではなく、やはり普段の食事の量も減らさなければならないので、そこは気をつけたいポイントです。

成功者の場合と比べると、自分なりの工夫をしていない、楽しんでいない、キャベツだけを食べていれば何もしなくてもいい、といった部分が目立ちました。

どんなダイエットでも、なるべく長く続けられるように自分なりに工夫するということが大切です。

キャベツダイエットの口コミは?

pexels-photo-29781-large

キャベツダイエットの口コミをいくつか見ていきましょう。

キャベツダイエットで得られる効果が分かるかと思います。

「58キロから53キロになりました。横からのシルエットが、別人とまではいきませんが、変わったように思います。」
「1日1食、足と腕のマッサージ、夜15分程度の全力ランニングでだいぶスッキリしました。お腹周りのお肉の重さがなくなり、お腹のたるみもだいぶスッキリしています。」
「このダイエットはそれほどコストもかからず、ストレスもあまり感じません。中長期的にダイエットされたい方にオススメです。」
「特に夜の炭水化物をキャベツで置き換えるようにしたら、体も調子もよく、わたしには合っていたようです。」
「現在68歳.キャベツダイエットを中心に炭水化物を少な目に昼食・夕食で食べています。84キロ→69キロの減量体がツルツル。便がスッキリ。このダイエットを絶対するべきです。」

キャベツダイエットの口コミにはこのように、高評価なものが多いです。

何より、キャベツダイエットは楽しんでダイエットができるところ、これが一番の高評価の理由となっていました。

長く続ければ結果が現れてきて、結果が現れてくるからこそ、楽しくなってより続けられるということが、キャベツダイエットの醍醐味と言えます。

キャベツダイエットで成功しよう!

salad-healthy-diet-spinach-large
いかがでしたか?

今話題のキャベツダイエット。

簡単ではありますが、飽きやすいのも問題の1つ。

成功させるポイントとしては、自分に合った方法をいろいろと試しそれを長く続けることです。

まずは気軽に試してみて、どんな食べ方、やり方が自分に一番合っているのか?というところを追及していくと、楽しいダイエットにつながります。

キャベツダイエットは美容や健康にもいいので興味がある方はぜひ1度試してみてください!

栄養士からのコメント

キャベツは淡色野菜の中ではトップクラスのビタミンCの含有量を持ち、ビタミンUという胃粘膜を修復や保護作用が期待できる成分も含まれています。
年中スーパーで手に入れることができる点も取り入れやすいポイントですね。
基本は炭水化物(米・パン・麺)の代わりに食事の最初に取り入れていきますが、炭水化物も1日150g前後(ご飯2膳強)は必要となりますので、長期間に亘って極端な制限をすることは控えましょう。
食事量を減らすだけではなく、調理法(茹で・蒸し・グリル)や素材選び(肉であれば、モモ肉・ロース肉・ヒレ肉等)によってもカロリーを抑えることができますので、オリジナルのダイエットレシピなど考えてみることも楽しいですね!

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事