効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介(まずは1週間)

DietMenu

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介(まずは1週間)

りんごダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    5

  • 期間

    長期

    短期

    5

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

女性なら誰もが1度は聞いたことのある「りんごダイエット」というダイエット方法。

用意する道具が少なく、りんごさえあればすぐに行うことが可能で比較的簡単なダイエット方法です。

食べ過ぎて一時的に太ってしまった場合、通常であれば体の中で糖質や脂質が脂肪に代わるまでに1~2日かかります。そんな時に身体をリセットさせデトックスできる置き換えダイエット(今回ご紹介するりんごダイエット)はとてもおすすめです。

どんなダイエットも適正な期間や効果的なやり方があります。そして無理なく正しく行えば、ダイエットに成功する可能性は飛躍的に高まります。

この記事では、1週間のりんごダイエットを効果的に行うための方法やレシピをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね!大根おろしを使ったジュースレシピや、りんごシャーベットの簡単な作り方もご紹介しています。

りんごダイエットってどうやるの?

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介_3

りんごダイエットとは、いつも食べている食事をりんごに置き換えるという簡単な置き換え型のダイエット方法です。1日の食事のうち2食をりんごに置き換える生活を1週間続ける方法で、残りの1食は好きなものを食べていいというルールです。

では、なぜりんごがダイエットに効果的なのでしょうか?他の果物でも代替できそうな気もしますが、実はりんごにはダイエットに効果的な理由が沢山あるのです。

昔から「一日一個のりんごは医者を遠ざける」「りんごが赤くなると医者が青くなる」といった言葉がある程、りんごは健康にいいといわれているのです。

りんごがお腹に良いのは、水溶性食物繊維の1つであるペクチン(天然の多糖類)が含まれているからなのですが、このペクチンはアップルペクチンと呼ばれお腹の中の善玉菌を増やし腸の調子を整え、お腹の中の有害物質や脂肪も吸着して体外に排出するという便秘になりがちなダイエット中にはとてもうれしい働きをしてくれます。

では、短期間で効果的にりんごダイエットを行うにはどのようにすればいいのでしょうか?下記では、1週間のりんごダイエットのやり方を詳しくご紹介します。

1週間りんごダイエット

上記でも書いたように1日の食事のうち、2食をりんごに置き換えて生活します。

りんごのカロリーは1個100から150カロリー程度です。カロリーが低いので2~3個食べても大丈夫ですが、無理せず食べ切れる量を食べましょう。そのまま食べれば噛みごたえもあり、ゆっくり時間をかけ20~30回は噛むことでより満腹感も得られます。

また、りんごは皮に多くの栄養素が含まれていますから皮ごと食べるのが断然おすすめです。すり下ろして食べることで栄養成分や酵素を余すことなく摂取することが出来ます。更にりんご酵素の働きが2~3倍になり、消化吸収も良くなりますよ!すり下ろすことにより、皮も食べやすくなります。

2食を置き換えるのが辛いという方は、1食だけを置き換える夜りんごダイエットもおすすめです。

りんごダイエットの効果とは?

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介_1

では、りんごダイエットを行うと体にどのような効果があるのでしょうか?

体重の減少

置き換えによりカロリーの大幅なカットになりますし、リンゴポリフェノールにより脂肪の吸収を抑え、内蔵脂肪をつきにくくする働きがあります。

また、そこに含まれるプロシアニジンという成分には脂肪燃焼作用がありますのでダイエットに効果的です。プロシアニジンは赤いりんごよりも青いりんごに多く含まれていると言われています。どちらのりんごも一緒に売っているのであれば、青いりんごを選びましょう。

美肌美容効果

リンゴポリフェノールがしみしわに効果てきめんです。

メラニン色素の過剰生成を抑制する働きがあるので美肌に効果的です。ビタミンCに換算するとおよそ1500mg。成人に必要な量およそ15日分に当たります。そしてりんごには、酸化型ビタミンCが含まれています。このビタミンCは壊れにくいのが特徴です。

便秘の改善

上記でも述べましたが、りんごには善玉菌が沢山含まれているので腸の働きが活性化されます。

悪玉菌をやっつける善玉菌が増えることでの数が増えるほど健康的な腸を維持することが出来ます。便秘にならないためにも腸を健康的にするのはとても大切なのです。

また、りんごには、食物繊維を含むりんごペクチンという成分が含まれています。ぺクチンは水溶性の食物繊維なので便が固くなってしまうのを防ぎお腹の調子を整えてくれます。

むくみの解消に効果的

身体のむくみを感じるならりんごは効果的なんです。りんごにはカリウムや鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル成分が含まれています!カリウムは身体にむくみを解消してくれます。

病気の予防

「りんごを食べれば医者いらず」と言われるように、りんごを食べるとコレステロールや血圧が下がり、血液もサラサラにしてくれる効果がある事がわかっています。

このような事からりんごはダイエット以外にも沢山の効果をもたらしてくれることが分かります。ダイエット関係なく日常的にりんごを食べることが身体にとてもいい効果をもたらしてくれます。

りんごダイエットのレシピ!剥いて食べるだけじゃない

りんご

りんごダイエットは基本的にはりんごだけを食べます。

ですが、1日2食をりんごに置き換えて1週間継続させるのは難しく、すぐに飽きてしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで美味しく楽しくダイエットを続けられるように、りんごを使った簡単レシピをご紹介します!りんごのヘルシーレシピを覚えておけばりんごダイエットが終わった後も、間食や食べすぎた後の食事に置き換えることもできます。

すりおろしりんご

良く水洗いしすりおろし器で皮ごとすりましょう!

変色が気になる場合はすりおろした後にレモン汁を少量加える、または、りんごを切る前に皮を塩で1分ほど揉むことで防ぐことができます。

すりおろしりんごの参考動画

りんごシャーベット

りんごシャーベットも簡単に作ることができます。

はじめにりんごをカットします。8等分に切り、芯の部分を取り除きさらにそれを半分に切ります。カットしたりんごを凍らせ、少し解凍させて食べればアイスみたいなりんごを楽しめることができます。

りんご×ヨーグルト

カットしたりんごに、無糖のプレーンヨーグルトをかけるだけです。

そのまま冷たいりんごにヨーグルトもいいですが、りんごをレンジで2分ほどチンして一度混ぜてからもう一度2分チンしてください。冷ましたりんごにヨーグルトをかければりんごの触感も変わりヨーグルトでさっぱり感もアップします!

りんごとヨーグルトといったおなじみのメニューですが味をすこし変えて、満腹も得られておすすめです。すりおろしりんごとヨーグルトを混ぜてもおいしいです。一緒に水につけたチアシードを混ぜるとより満腹感が得られるのでオススメです。

りんご×はちみつ

はちみつとヨーグルト

りんごとはちみつも王道の組み合わせです。

はちみつはとても甘くてとっていいものなのか不安になりそうですが、少量のはちみつなら全く問題ないです。

味に飽きてあきらめてふつうの食事に戻してしまうのであれば、1週間の辛抱なので味に工夫をこらして続けたほうが効果がでます。すりおろしりんごにはちみつを少量かけてもいいですね!

りんご×シナモン

カットしたりんごをレンジで2分ほどチンしましょう。そこにシナモンを振りかければ出来上がりというシンプルなレシピです。シナモンには様々な美容効果がありますし量もほんの少しで味が大きく変わります。シュガーフリーのシナモンをありますので購入できる場合はそちらを使いましょう。

すりおろしりんご×寒天

りんご2個に対して寒天8グラム、水は600mlを用意します。

鍋に水を入れ寒天を振りいれ中火にかけます。煮立ったら弱火にしてかき混ぜながら1~2分煮ます。すりおろしたりんごをボウルに入れ、溶かした寒天を流しいれよく混ぜます。

バットや蓋つきの密閉容器にいれ、荒熱がとれたらラップやフタとして冷蔵庫で固めれば完成です。冷蔵保存で2~3日持ちますので初日に作っておくと便利です。寒天は食物繊維も豊富でカロリーもほとんど0と言われていますからダイエットに取り入れるには最適です。

小松菜とりんごの豆乳スムージー

komatsuna
少し手の込んだレシピもみていきましょう。

無調整豆乳150ccから200ccに対し、小松菜とりんご、より甘みを出したければバナナも一緒にミキサーにかけて出来上がりです。りんごは皮つきにしましょう。豆乳が入っているので満腹感は倍増ですよ!りんごと豆乳だけでも十分においしいのでつくってみてください。

1食は通常食にできますが、残りの2食をりんごだげで乗り切ろうと思うとつらくなるかもしれません。そんな時このようなアレンジレシピを知っておくと味の変化や触感に変化により続けやすくなりますよ!あきらめないで1週間続けることが大切です。

生クリームをつけるような大幅にカロリーはアップするアレンジは禁物ですが、少しの工夫で継続しやすくなりますから是非アレンジレシピを活用してみてくださいね!

大根おろしジュースりんごブレンド

大根おろしとりんごを組み合わせたジュースもおすすめです。

材料は、大根300gとりんご1/2個と、りんごジュース適量を用意しします。まずは、りんごは皮をむいて1口大の大きさにカットします。大根を大根おろしにし(皮付きのままで大丈夫です)ミキサーにこれらを入れ、適量のりんごジュースとともになめらかになるまで回して完成です。

りんごダイエットで「痩せない」「効果なし」とならないための工夫

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介_4

りんごダイエットで失敗を防ぐために、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

劇的に痩せたいからといって、3食りんごしか食べない!等の極端なダイエットは控えましょう。初日に体重が落ちると増やしたくないという思いからご飯を食べなくする方もいらっしゃいます。こういったダイエットは継続的ではありませんし、身体を壊してしまう可能性もあります。

1食は必ずバランスの良い食事をとり、腹八分目を心がけるようにしましょう。いくら好きなものを食べていいからといってジャンクフードやお菓子を沢山食べたり、油たっぷりのこってりした食事をすることはオススメしません。なるべくバランスの良い和食などをいただきましょう。

好きなものを食べる場合はお昼が最もお勧めです。日中は、身体を動かすため、食べたもののカロリーも消費することができます。頑張りすぎて、昼夜をりんごに置き換えると朝ご飯で食べ過ぎてしまう可能性もあります。

無理せず1週間続けることができると、体重を落とすことができます!

朝トイレに行ってからと夜お風呂に入る前に体重を測っておくと1日にどのくらい減ったか増えたかが明確にわかります。朝体重が増えているときは、前日食べ過ぎていたり便が出てなかったりと自分の身体のことも分かるようになるのでしっかりと体重を測りましょう!もし増えていてもそこでやる気を失わないで1週間続けることで必ず結果は出ます。

もしも夜ご飯に好きなものを食べる場合は、なるべく早い時間になるよう心がけてください。寝る前に食事をとるとすべて身体に吸収してしまうことになります。遅くとも寝る3時間前には食事は済ませましょう。

食事をりんごに変える事でカロリーが大幅にカットできます。一方で、長く続けると栄養のバランスが崩れるので絶対に1週間以上は続けないようにしましょう。

大切なのはこのダイエット期間の1週間が終わってからです。りんごダイエットをしたことで体重は減少しますが、ここで普通の食事にいきなり戻してしますとすぐにリバウンドしてしまいます。

すぐにリバウンドしてしまうのを防ぐためにも、ダイエット後もドカ食いをしないように控えめな食事を心がけましょう。満腹感を得るためにはよく噛むことが大切です。日ごろから食事はゆっくりと、よく噛んで腹八分目で終えることが成功への鍵ですよ。

最後に

りんごダイエットの効果は?レシピや方法をご紹介_5

いかがでしたか?

りんごには、美容や健康に素晴らしい効果がたくさんあります。今回ご紹介したりんごダイエット自体は1週間ですが、どのようなダイエットも長く続ける事が大切です。とくに食事を置き替えるダイエットは長く続けることはしてはいけません。

置き換え期間が終わったと思って、すぐに通常食に戻してしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。そんなダイエットの繰り返しでは身体はどんどん痩せにくくそして太りやすくなってしまいます。

ダイエット後も体重をキープするために毎日体重を測り、日ごろからバランスのよい食事をするように心がけましょう!間食には高カロリーやジャンキーなお菓子ではなく、りんごを食べる習慣をつけるのもとてもいいですね!

連日の飲み会や、お友達との食べ放題へ行った後など、ついつい食べ過ぎてしまって体重が増えてしまったそんな時には短期バージョンの3日間のりんごダイエットでデトックスしてみるのもおすすめします。脂肪に代わる前であれば体重もすぐに戻すことができるからです。

つらく長いダイエットは続けられません。覚悟を決めて1週間、しっかりとルールを守れば身体も期待に応えてくれます。頑張りましょう!

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事