効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)

DietMenu

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)

朝りんごダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    4

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    2

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

りんごダイエットと聞くと単品ダイエットを思い浮かべると思いますが、今回の朝りんごダイエットは一日の内、朝だけりんごにするというやり方です。

朝は何かと忙しく朝食を取らないという方もいると思いますが、調理いらずで手軽に始められて、痩せられるなんて女性からしたら魅力的ですよね。

またりんごには栄養素が豊富に含まれており、ダイエットには向いている食材だと思います。朝は体の中をお掃除する時間となりますので、そこで更に食物繊維豊富なりんごを取れば体の大掃除間違いなしです。

そんな栄養満点なりんごを使った朝りんごダイエットのやり方と効果をご紹介したいと思います。

朝りんごダイエットとは(方法・やり方)

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)4

その名の通り、朝食にりんごを食べるという方法です。朝ごはんをきちんと食べようとすると調理に時間がかかったり、カロリーも結構多くなってしまい、ダイエットと考えると結構抜いてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、朝食を抜いてしまうと、昼食を食べすぎたり、ついつい間食が増えたり、どか食いの原因にも繋がり、ダイエットどころではなくなってしまいます。一方で、朝きちんと食べないと元気も出ないし集中力も出ません。

そこで朝りんごダイエットは何の調理も必要ないし、手軽に始められて尚且つ腹持ちも良くりんごには整腸作用も含まれているので朝にりんごを取るというのはダイエットには最適食材と言えます。

朝りんごダイエットの効果

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)1

りんごは「医者いらずな果物」としても広く知られている果物の一つです。りんごには多くの栄養素が含まれており、ビタミンCや食物繊維、カリウム、ポリフェノールなど健康に必要な栄養素が豊富です。特に皮ごと食べる事をおすすめします。なぜならペクチンやポリフェノールは果肉部分に比べるとなんと4倍も多く含まれています。

皮が苦手だという人や体調崩した時、子供の離乳食などには、すりつぶして食べるのも、良いと思います。

りんごは優しい食材で、胃にも優しく、朝起きてまだ体が活動できていない状態で食べても負担の少ない食材です。その為、朝にりんごを取るのは胃にも負担をかけず、体が最初に吸収するのが栄養豊富なりんごは適していると言えます。

りんごに含まれるポリフェノールは、免疫を活性化させ、このポリフェノールはケルセチンという抗酸化作用もあるので血液をさらさらにし血管を丈夫にしてくれます。

また、このポリフェノールにはメラニン色素沈着を予防もしてくれるので紫外線から肌を守ってくれて尚且つ美肌効果もあります。りんごのポリフェノールには小腸で脂肪の消化吸収を抑えてくれるので脂肪の蓄積を抑制してくれ、さらに脂肪を作り出す働きがある肝臓の脂肪酸合成酵素の働きを抑え、脂肪を燃焼させる酵素の働きを促進させてくれます。

また、りんごにはペクチンやセルロースなどの食物繊維も豊富でなかでもペクチンは水溶性食物繊維で腸内に溜まった便を柔らかくしてくれるだけでなく、腸内にいる善玉菌の餌となってくれるので善玉菌が増えていきます。結果腸内環境は良くなり便秘知らずとなる訳ですね。

セルロースは不溶性食物繊維で、便の量を増やして腸の働きを促してくれるので体の中に溜まった老廃物、毒素を体に溜め込むことなく体の外に排出してくれるということになります。

ペクチンとセルロースのダブルタッグはダイエットには最強の味方ですね。腸内環境が良ければ代謝も上がり、肌もきれいになるし一石二鳥も三鳥にもなる訳です。

りんごに含まれるビタミンCは加熱しても破壊されない酸化型ビタミンCなのでりんごを加熱しても含有量は変わらないそうです。

また、ペクチンは加熱することで働きが生のりんごに比べて9倍もアップするそうなので、そのまま食べるのも美味しく、十分に栄養が摂れますが、より体に良い効果を実感したいという方は、りんごを加熱して食べましょう。焼きりんごがおすすめです!

ダイエット中は温かい食べ物を食べた方が代謝を良くすることができるそうなので、ダイエット中にりんごを食べる時にも加熱すると良いかと思います。

りんごに含まれるカリウムは毒素や老廃物や塩分を体外に排出してくれる作用あり、利尿作用が高いのでむくみを解消し、血液の流れを促進するので新陳代謝もあがります。新陳代謝が上がれば痩せやすい体質にもなります。結果ダイエット成功へと繋がる訳です。

りんごはダイエットにももちろん、健康にも良いということがわかりますね。

朝りんごダイエットのレシピ

朝りんごダイエットと言っても、ずっとりんごだけではさすがに飽きてしまいがちになってしまうので、これからりんごを使ったレシピをいくつかご紹介致します。

りんごとバナナヨーグルト

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)5

材料:りんご1個、バナナ1本、ヨーグルト適量、(甘さが欲しい場合蜂蜜)

①りんご四等分にして2、3cmに切ったらそれを耐熱容器に入れてふんわりラップをかけて600Wで2分加熱する。
②一度容器の中のりんごをざっくり混ぜたらまたふんわりラップをし、600Wで再度2分加熱する。
③少し冷ましてからヨーグルトをかける。お好みで甘さも欲しければ蜂蜜をかけて召し上がって下さい。
そこにすりつぶしたバナナを加えれば更に相乗効果で便秘には効果的と言えます。バナナの甘さとりんごの甘さで充分美味しいですよ。

りんごヨーグルトスムージー

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)6
材料:りんご1/2個、無糖ヨーグルト50g、調整豆乳か牛乳100cc、蜂蜜大匙1

①林檎をよく洗い、半分だけ皮を剥ぎ半分は皮付きで5mmぐらいのいちょう切りにして塩水に浸けて色止めをする。
②ジップロックに入れて冷凍しておく。
③冷凍したりんごとヨーグルト、豆乳、蜂蜜をいれミキサーにかける。
④塊が無くなるまでミキサーにかけて、器にもってできあがりです。
りんごの皮はアクセントになっているので、嫌いな方は皮を剥いてから冷凍して下さい。皮が平気な人は全部皮つきで作ってください。夏はひんやりしててさっぱりして美味しいですよ。冬は常温に戻してから飲んでも美味しいです。

りんごシャーベット

こちらはりんごを角切りにして重ならないようにラップで包んでジップロックに入れて冷凍しておくだけです。これなら休みの日にまとめて冷凍しておけば朝食べるだけでとっても簡単ですね。

朝りんごダイエットで「痩せない」「効果なし」とならないための工夫

朝ヨーグルトダイエットの効果は?[やり方と方法]_1

前述で記載したようにりんごにはダイエットにはかかせない数々の栄養素が多く含まれていますが、だからといってりんごだけしか食べないなど単品ダイエットは体を壊してしまいます。

それに同じものを食べ続けるのは飽きてしまい、結局三日坊主になってしまっては元の木阿弥です。なので、一日一食分だけ。それも朝にりんごを食べれば午前中の体は排出作業の手助けと思ってダイエットすればもっと楽しくダイエットもできると思います。

また、昼食と夕食にいつもより食べ過ぎてしまってはせっかくダイエットしていても効果を得るのは難しいかもしれません。ですので朝にりんごを食べ、昼食と夕食は他の栄養素が取れるようバランスの良い食事を心がけるようにし、水分を多めに取りできれば適度な運動を取り入れればより一層ダイエットの成功へと近道になると思います。

体重が思うように減らない、痩せないという人がいるかもしれませんが、その場合は適正体重だったりするとすぐには体重は減りません。太り気味の人や体脂肪が多めの人は確実に体重は落ちていくと思います。体重維持にも朝りんごダイエットは良いかもしれません。

なかなか痩せないなと思っても続けていけば、効果は出ます。生のりんごだけで食べるのも勿論美味しくて良いかと思いますがレシピで紹介したように、りんごは焼いても美味しいフルーツだと思いますので焼いてもいいですし、また熱を加えれば栄養値あがりますし、ヨーグルトと合わせて食べれば美味しいプラス整腸作用も相乗効果で色々な組合せで食べれば美味しく健康的にダイエットが続けられて継続していけるのではないでしょうか。飽きないように食べ方を変えるのも一つの手ですね。

最後に

朝りんごダイエットの効果は?(やり方と方法)7

りんごの良さを存分に知ってもらえたでしょうか。

りんごには本当に多くの栄養素が含まれており、ダイエットには勿論、健康にも味方してくれる優れものですね。

女性は特に便秘で悩まれている方がとても多くいらっしゃると思いますが、りんごは便秘の救世主とも言える存在です。今まで薬に頼っていたけど、朝りんごを始めてから薬いらずになったという方もいらっしゃいます。

3ヶ月で11キロ痩せたという強者もいました。腸内環境が整うと代謝も良くなり痩せやすい体になって肌も白くつやつやにもなって、良い事ずくしなこの朝りんごダイエットはぜひ試してみる価値はありぞうですね。私自身も体調が悪いときや朝にりんごを取ってますが、便秘に悩まされるという事はないです。私は胃が弱い方なのでりんごを食べると胃痛が治まったりもします。

りんごは万能薬にもなるし朝りんごを取ってジョギングに出かけると汗も良く出て体調も良いです。

また、生のりんごをかじるのもなんだかワイルドでわたし自身は大好きな食べ方なんですが、焼きりんごにしてみたり、ヨーグルトと一緒に食べたり、スムージーにしたりすると他の野菜とも美味しく食べる事ができて、より健康的に痩せる事ができるのではないでしょうか。

りんごは空腹感を満たす飽満効果があり、相対的に飽食や過食を防ぐ効果があるといわれています。つまり、どうしても朝からがっつり食べてしまう人、栄養飽和状態気味の人には最適の朝食だと思っております。もちろんりんごだけしか食べないでのも良くないですが、一日に一食はりんごに変えてみてはいかがでしょうか。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事