効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

DietMenu

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

うどんダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

うどんダイエットは、うどんを使用して行うダイエット方法です。

うどんダイエットのやり方は簡単で、毎日の朝、昼、夜の食事にうどんを取り入れるだけのダイエットです。

実は、低カロリー、低炭水化物なうどんを上手に取り入れてダイエットを成功させましょう!うどんダイエットにピッタリなレシピや効果的なやり方をご紹介していきますね。

うどんダイエットとは

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

今注目のうどんダイエットは簡単に言えば「一食置き換えダイエット」です。

1日3食、朝・昼・夜の食事のうちの1食をうどんに変えます。

量は1玉にしましょう。多く食べればその分ダイエット効果は遠のきます。減らしすぎも禁物です。空腹になって我慢すれば、その分続けるのも難しくなります。

うどんだけでは栄養が偏ってしまうので、薬味や具材を一緒に摂るのも忘れずに

天ぷらはダイエットには不向きです。うどんに置き換えて減らしたカロリー以上に摂取してしまうので、天ぷらは控えてください。味のバリエーションを変えながら、無理せず続けることが大切です。

早めに効果を期待したいなら、夜の食事をうどんにしましょう。活動時間の短い夜こそ、少ない食事で済ませるのが大事なので、うどんはぴったりの食事です。

また朝、昼は活動時間が長くなる分、消費するカロリーも多くなります。朝、昼の食事をうどんにすれば、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるので、これもダイエットには効果的です。

いつ置き換えてもダイエット効果につながるので、自分が無理せず毎日実践できる食事を置き換えましょう。

手軽な冷凍うどんはコシが強いですが、でんぷんを多く含んでいることが多いので、使用は控えた方がいいでしょう。比較的手軽な市販のうどんを利用する時は塩分の摂り過ぎに注意しましょう。特にスープは塩分を使用していることも多いので、全部飲み干さず残すなどの配慮が必要です。

成分や材料表などで確認するのがオススメです。

夜うどんダイエットとは

仕事などで帰りが深夜になる、そんな方も多いと思います。そのとき、「夜遅いから今食べたら太ってしまう!」と心配なら、夜うどんを取り入れてみましょう。帰宅が遅くなくても、寝る時間が遅いと小腹がすいてついつい間食してしまいがちです。スナック菓子やインスタント食品など食べるより、うどんを食べる方がはるかに低カロリーです。

うどんイコール食事と考えると食べすぎている気持ちにもなりますが、夜食としてうどんを食べることを前提に、その前に食べる夕食を意図的に減らすのも可能ですから、トータルすれば1日に摂取する総カロリーを減らせるのです。

工夫すれば、太りやすいといわれる時間でも、効果的にダイエットにつなげられます。夜にうどんは不向きと考えず、総合的に考えて取り入れる実行力が、夜うどんダイエットには必要なのです。

夕食うどんダイエットとは

夕食はゆっくりとした時間がとれるので、他の時間の食事に比べてボリュームがあったり、多くの量を食べたりすることが多いものです。

しかし、朝や昼の時間帯よりは動くことも少なく、率先してスポーツを行うような時間でもないので、エネルギー消費が少ない時間でもあります。高カロリー食を摂りながら動かないので消費しない、そうなりがちな夕食をうどんに変えてみましょう。

温かいうどんをゆっくりと噛みしめながら食べると、身体も温まり、良い睡眠へとつながるきっかけにもなります

最初はうどんだけでは物足りなく感じたり、いつもよりもお腹が空くのが早く感じることも考えられます。しかし、夕食をうどんに置き換えれば、お腹がすく数時間後は寝ていると考えられますので、空腹を我慢しなくて済みます。ちょっとした空腹も我慢したくないというなら夕食にうどんを食べましょう。

朝うどんダイエットとは

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

朝ごはんにうどんを食べるのを、実践するメリットはどこにあるのでしょうか。

朝ごはんの後は、必ず活動的になるものです。通勤や通学、それに伴う準備、仕事の最中など、比較的忙しく動く時間が朝ごはんの後に集中します。動けばその分エネルギーが消費されます。

人間が活動するときに消費されるエネルギー源は糖質が中心です。糖質が不足すると、脂質がエネルギー源として使われます。糖質が足りていれば、脂質がエネルギーとして使われず、体内に蓄積します。このことから、糖質を多く含む炭水化物を減らせば早く脂質が使われるのでダイエットできるといわれているのです。

極端に炭水化物を減らせば、エネルギーが足りなくなったり、栄養が偏った結果、体臭や口臭が強くなったり、基礎代謝が減るので冷えをまねいて肌トラブルの元にもつながります。特に炭水化物を摂らないダイエットを経験した方や、夜食べることに抵抗がある方は朝にうどんを食べましょう。

食べた分はそのあと消費されますので、心配は要りません。これから動くからと食べすぎればうどんダイエットの効果は得られないので、大事な1玉は守ってくださいね。

毎日うどんダイエットとは

うどんダイエットが簡単であるのは最大のメリットですが、毎日続けられる要素が多いのもメリットのひとつです。食事を変えるダイエットには「外食を控えること」がどうしても付きまといます。仕事の付き合いで外食、友達と会うから外食など、どうしても外でご飯を食べなくてはいけないという日もあるでしょう。そんな時でも毎日うどんダイエットなら、心配要りません。お店でうどんを注文すればいいわけです。

もちろん脂物は控えるなど具材のチョイスは必要です。ですが、お店のうどんならコシがあるのはもちろんですし、味も自宅では味わえないものも多いでしょう。具沢山でいつもと違ううどんが確実に楽しめます。温かいものでも冷たいものでも、うどんダイエットでは効果は変わりません。外食という絶好の機会に、色々なうどんを食べましょう。

塩分が気になったら、汁は飲まずに残したり、薄味のうどん店を選ぶなどの対応も出来ます。

必ず家で毎日食事が出来るわけではないから、置き換えるのは難しいとあきらめていた人こそ、うどんダイエットを実践してください。簡単なだけでなく、やり方の工夫もバリエーションが豊富なので、毎日うどんダイエットは続けられるのです。

うどんダイエットの効果は

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

近年、炭水化物を摂ると太る、炭水化物を抜くと痩せる、糖質を控えると痩せるといわれているのに、うどんで痩せるという発想そのものに疑問を持つ方もいるでしょう。

実はうどんには炭水化物の量が他の食べ物に比べて、少ない特徴があります。100グラム中に白米なら37.1グラム、食パンなら46.7グラムに対し、うどんなら21.6グラムの炭水化物量となります。数字で見ても他に比べて少ないのが分かります。

消化するスピードが遅いのもうどんの特徴です。消化が遅いと、炭水化物の吸収も遅くなります。そのため、蓄積されるよりも消費されるカロリーの方が多くなるのです。

また、うどんダイエットには満腹中枢を刺激する効果があります。ダイエット使用するうどんは、コシのあるものを選ぶようにします。コシのあるうどんはよく噛まねばなりません。その結果、多く咀嚼することが必要となり、飲み込むまで時間がかかるので、満腹感を得られるまでに食べる量が少量で済みます。食べる量が少なくなれば自動的に摂取カロリーも少なく、消費カロリーがそれを上回れば痩せることに繋がります。

これを言うと「じゃあ食べないのが早い」と考えがちですが、それでは健康的に痩せるのは難しいです。痩せるという結果だけ見ると食べないのは効果的ですが、基礎代謝が低下したり、体臭がにおうようになったり、我慢した分リバウンドの確率も高くなります。

うどんにはさまざまなアレンジが出来るので、具材を増やしたり、味付けを変えたりバリエーションも楽しめ、同時に栄養のバランスも整えられます。無理せず、我慢せずうどんを食べる、ただそれだけでさまざまなメリットがあり、効果的なダイエットへつながるのです。

うどんダイエットのレシピ

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

うどんに汁だけでは、あっという間に飽きてしまいますし、カロリーが低いから効果的とはいえ栄養の面からみても不向きな実践方法です。夜に寝る前に取り入れるならいいかもしれませんが、朝・昼・夜の食事にうどんダイエットを取り入れるなら具や薬味をしっかりと使ったレシピで食べるのをオススメします

食物繊維が豊富で低カロリーなきのこと海藻類は、取り入れるのも簡単なので具材にぴったりです。

だし汁を作る際にきのこを入れる、わかめなどの海藻を入れるだけなので、調理も簡単です。ほうれん草や小松菜などの葉物野菜やにんじんなどの根菜もゆでるだけなので、同じように取り入れれば手間もかからない上、バランスもよくなり、色鮮やかさも増すので、目にも楽しいうどんが味わえます。

とろろや納豆、オクラをつかったうどんもねばねば感がうどんによく絡まり、味ものど越しも楽しめるのでバリエーションのひとつとして取り入れるといいでしょう。

薬味の定番はネギですが、ごまやしょうがも使ってみましょう。

しょうがは冷えにも効くといわれていますので、身体を温めることで代謝を上げる効果も期待できます。味に飽きてきて手っ取り早く変化をつけるなら唐辛子でインパクトをつけましょう。万能食材の卵も忘れてはいけません。

糖質の代謝を手伝うビタミンB1が含まれ、アミノ酸も摂取できるのはダイエットにはぴったりです。定番薬味のネギとの相性もよく、アリシンというネギの成分は卵に含まれるビタミンB1の吸収を助けてくれます。具材の準備が出来ないときはネギと卵で月見うどんなら時短にもなり、栄養の面でも効果の面でもバランスのいいレシピといえます。

ダイエット☆しらたきトロ②うどん☆

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

材料 (1人分 49kcal)
・しらたき100g  (6kcal)
・舞茸50g  (8kcal)
・えのき50g (11kcal)
・味付けめかぶ 1パック40g (7kcal)
・生もずく 1パック40g (1kcal)
・うどんスープ 1袋 (15kcal)
・水 200~250cc
・ネギ5g (1kcal)

ダイエット☆しらたきトロ②うどん☆

作り方
マイタケ以外の材料を入れて沸騰させます。その時生もずくはタレを使わずにそのままで、めかぶはタレごと入れるのがポイントです。材料に火が通ったらマイタケを入れてさらに煮込みます。

最後にうどんを入れて煮込みどんぶりに盛りつけます。食べる時にネギを乗せて完成です!

キムチ肉うどん(血管ダイエット食921)

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

材料 (2人分)
・うどん 2玉
・ローストビーフ 細切り6枚分
・ニラもやし 一袋
・エリンギ 一本
・玉ねぎの皮 ダシカップ1
・昆布ダシつゆ 大さじ1
・ピーマン ひとつ
・ゴマ 少々
・黒コショウ 少々

キムチ肉うどん(血管ダイエット食921)

作り方

だし汁にうどんを入れて温めます。材料のもやし、エリンギ、ニラを乗せて蓋をした状態で少し置いて、輪切りにしたピーマンとロースとビーフを細切りにしたものを乗せてさらに1分ほど温めます。器にうどんをよそって、ごま、キムチ、黒胡椒を乗せたら完成です。

酸辣湯うどん

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

材料 (1人分)
・うどん風蒟蒻200g
・水400g
・ウェイパー 小さじ1
・醤油大さじ1/2
・砂糖・塩各少々
・好みの野菜(白菜・人参・玉ねぎ・木耳・水菜・プチトマト)適量
・カニカマ大3本
・水溶き片栗粉大さじ1
・卵1個
・酢大さじ1
・ラー油小さじ1/2
・粗挽き胡椒適量

酸辣湯うどん

作り方
うどん風蒟蒻は、軽く水洗いした後、熱湯をかけてザルで水切りします。白菜、人参、玉葱、木耳、カニカマを一口大の大きさに切り、ミニトマトは半分、ミズナも一口大の大きさに切ります。お鍋に野菜の材料と調味料を入れて煮えたら片栗粉を入れてとろみをつけます。

溶き卵を流し入れてふわっとしたら完成です。うどん風蒟蒻を皿に乗せた上に野菜を乗せてできあがりです。

うどんダイエットの口コミ

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

ダイエットは、口コミサイトなどで実際に経験した方の声を参考にすることも多いですね。そこで失敗談を聞くとやる前にやめようと考えることもあります。

うどんダイエットの口コミを見てみても、「ぜんぜん体重が減らなかった」という書き込みも見受けられます。ですが、ここで確認してみてください。そこには、「美味しくてつい食べ過ぎた」「外食で天ぷらうどんを食べた」など、うどんダイエットの正しいやり方から外れてしまった理由が付け加えられています。

うどんは1玉、天ぷらなどの油物の具材は控えるのが正しいやり方です。うどんに限らず、どんな食事であっても食べ過ぎればダイエットからは遠のいてしまいます。「うどんダイエットだから失敗した」「うどんダイエットは効果がない」という理由ではないのです。

実際の成功談には、「簡単だから続けられた」「おなかいっぱいになるから満足感が高い」「腹持ちがいい」など正しいやり方から得られた効果の口コミがたくさんあります。

失敗談はこうするとダイエットできないという注意事項と考えて、正しいうどんダイエットでスリムな自分を手に入れましょう。

最後に

うどんダイエットの効果やレシピをご紹介

特別なお店に足を運ばなくても手に入れられる食材のうどんは、毎日の食卓に並べても大きな負担はありません。なおかつ、食べないダイエットと違い、3食しっかりと食べるうどんダイエットは我慢を強いることもありません。

初めてダイエットを実践する人も、ダイエットに失敗したことがある人も、今日からうどんダイエットを毎日続けてみませんか。必ず達成感が得られるでしょう。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事