効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

DietMenu

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

炭酸水ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    5

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

かの有名なマリーアントワネットが、自分の為に炭酸水を運ばせていたそうです。そんな昔から、ヨーロッパの人々は炭酸水が体にもたらす未知なるパワーを感覚として実感していたのかもしれません。

現代では、炭酸水を飲んだり体に直接つけることによって、多くの効果を発揮することが科学的にも証明されています。

炭酸水ダイエットは、無糖の炭酸水を飲むだけで痩せることができる簡単なダイエット法ですが、メリット・デメリットをよく理解し、正しいやり方や量を守って行うことが成功への近道です。

やり方を間違えると、逆に太ってしまうこともありますので、炭酸水ダイエットを始める前にぜひこちらを読んでみてくださいね。

炭酸水はアイデア次第で、活用法がたくさんあります。自分流にアレンジして、楽しく炭酸水ダイエットを生活に取りいれましょう!

炭酸水ダイエットとは(やり方・方法)

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

炭酸水ダイエットは、食事前に無糖の炭酸水を飲み、一時的に満腹感を得ることによって食事量を減らすダイエット法です。

炭酸水は、炭酸を水に溶かしたもので、体内に入ると温められ炭酸ガスで胃を膨らませます。これによって満腹中枢が刺激され、その後にとる食事量を自然に減らすことができるのです!

食事前に炭酸水を飲むだけで良いので、面倒くさがり屋の人やキツい運動や食事制限はちょっと苦手…といった人でも、簡単に取り入れ無理なく続けることができます。

しかし、炭酸水を飲むタイミングや量によっては、逆に体重が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

そこで、ここでは「どんな炭酸水を選べばいいの?」「飲むタイミングはいつ?どのくらいの量を飲んだらいい?」などの疑問を解消しつつ、炭酸水ダイエットの正しい方法について詳しくご説明したいと思います。

炭酸水の選び方

炭酸水は、「無糖」でカロリー0kcalのものを選びましょう。

コーラなど糖分や人工甘味料が入った炭酸ジュースではダイエット効果はありませんので注意が必要です。

天然水に炭酸が入ったものや、ミネラル成分が豊富に入った炭酸水もあります。自分の体質に合った炭酸水を選ぶと、体の調子も上向きになるのでオススメです。

飲むタイミングは?

飲むタイミングは、必ず「食前」にしましょう。

食事を食べ終わった後に飲んでも意味がありません。できれば毎食前が理想的ですが、始めは徐々に体に慣らすことも大切ですので、夕食の前から取り入れてみましょう。慣れてきたら、1日3食前に回数を増やします。

小腹が空いた時に炭酸水を飲んでも、お腹を膨らませて食欲を抑えることができるので効果的です。最終的には、食事前と間食で1日に「3〜5回」炭酸水を飲むことが理想的です。

飲む量は?

一度に飲む量は300ml~500mlを目安にしましょう。

実は、食前酒にスパークリングワインやシャンパンを飲むことからも分かるように、炭酸は食欲を増す効果があります。

その為、コップ1杯程度(100 mℓ~200 mℓ)の炭酸水だと満腹感を得るどころか、むしろ食欲が増してしまいます。満腹感を得るためには、最低でも300 mℓ~500 mℓ の炭酸水が必要になります。

個人差はありますが、1日に飲む炭酸水は300mℓ〜上限1.5ℓを目安に飲むと良いでしょう。人間は1日に体重kg×50 mℓの水が必要と言われています。食事中に摂取するとされる水分量が約1 ℓ ~1.5 ℓとされていますので、それ以外を水分から補給する必要があります。その中で体調を見ながら炭酸水を取り入れていきましょう。

それ以上は、むくみの原因や体が酸性に傾きやすくなることもありますので、必ず1日の目安を守って炭酸水を飲みましょう。

また、ダイエット目的で飲む炭酸水は、冷えすぎていると内臓の働きを低下させ代謝を悪くしてしまうので、「常温」の炭酸水が好ましいです。

炭酸水ダイエット成功の秘訣は、「無糖の炭酸水を 食前に300 mℓ~500 mℓ摂取すること」を心がけることです。これを合い言葉にしてがんばりましょう。

炭酸水ダイエットメリット・デメリット

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

炭酸水ダイエットのメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

まずはメリットのひとつとして、食事前に炭酸水を飲むだけで良いので、誰でも簡単にできることが挙げられます。シュワシュワとした清涼感があるので、気分をスッキリさせる効果もあり、ダイエット中のイライラ解消にも最適です。

さらに、炭酸水を飲むことによって、便秘を解消したり、血行を促進したり、疲労を回復したり、美肌効果があったりと、健康面にも嬉しい効果が現れます。

炭酸水を飲むだけで体の不調を解消し、体内環境を総合的に改善してくれます。

でも、炭酸水ダイエットは“飲むだけ”ではありません。

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

炭酸水をお風呂に入れると炭酸風呂になり、ダイエット効果だけでなく美容効果もあってとってもオススメです。ぬるめのお湯(38℃)に炭酸水を1ℓ 入れます。

炭酸水がもったいないという人は、炭酸入浴剤もたくさん販売されているのでそちらを使用してもOKです。熱すぎるお湯だと炭酸が一気に飛んでしまうので、気をつけましょうね。

炭酸風呂は、できれば半身浴で長時間ゆっくり&リラックスして入りましょう。プツプツと気泡が肌についてきてヒーリング効果があります。お疲れ気味の現代女性にとっては、最高のリラックスタイムとなるでしょう。

炭酸風呂で体が芯から温まってくると、全身の血流が良くなり、代謝が悪い人でも大量の汗をかきます。汗と共に体内に溜まった老廃物を排出し、全身の代謝をあげ脂肪燃焼効果が期待できるのです!

それだけではありません。炭酸風呂で皮膚から炭酸を吸収すると、血液中に炭酸ガスが取り込まれ水と結びついて「重炭酸イオン」に変身します。「重炭酸イオン」は、老化や病気の原因となる活性酸素を抑制する作用があります。

人の体は普通に生活していると酸性に傾いてまい、活性酸素をどんどん溜め込んでしまいます。炭酸風呂はこの活性酸素を抑制する「抗酸化作用」が抜群に高いとされています。

このように、炭酸水ダイエットは飲んで内側から、皮膚を通して外側からも作用して、ダイエット効果や美容効果を得ることができることも大きなメリットと言えるでしょう。

炭酸水ダイエットメリット・デメリット

そんな万能アイテムの炭酸水ですが、やり方や飲む量を間違えるとデメリットもありますのでご注意ください。

炭酸水は炭酸を水で溶かしただけなので、甘味料や糖分が入っていません。当然「無味」です。少量だとダイエット効果を得られないので、食前に300 mℓ~500 mℓも無味の炭酸水を飲むのはちょっと飽きてしまいますよね。

最初は300 mℓ~500 mℓ飲むのは大変に感じてしまうかもしれませんが、徐々に慣れてきます。のちほど、炭酸水に飽きてしまった時の対策法をご紹介します。

また、炭酸水の飲み過ぎにも注意が必要です。

炭酸水を飲み過ぎると体が酸性に傾き、疲れやすくなることがあります。また、喉が渇いてるからといって一気に飲むと、極端な場合、体の二酸化炭素が増えすぎて重度の酸素不足や筋肉疲労に繋がることも考えられます。

加えて、炭酸水の飲み過ぎは、酸蝕歯といって酸によって歯が弱くなり溶けてしまうこともあります。また、体質に合わない炭酸水を選んでしまうと、お腹が緩くなる人もいます。

ミネラル成分が多い炭酸水の方が体に良いからといっていきなり海外の硬水を飲むと、体がまだ慣れておらず刺激が強すぎるからです。硬水に慣れていない人は、最初は日本産の軟水の炭酸水からトライしましょう。

いくら体に良いからといって飲み過ぎは禁物です。1日の目安量を守って飲みましょう。

炭酸水ダイエットの効果

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

さて、炭酸水を飲むことによって、痩せるだけでなく、健康面にも嬉しい効果があるとお話ししました。

具体的にはどのような効果があるのでしょうか。その効果は、どのように体内環境を改善していくかについて、ご説明したいと思います。

① 便秘解消効果

炭酸水を飲むことによって胃腸の粘膜を刺激し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。また、炭酸水はマグネシウムが豊富に入っていますので、腸内で水分を増やす効果もあります。

便秘気味の人は、朝コップ1杯の冷たい炭酸水を飲むと良いでしょう。便秘を解消し、張っていたお腹がすっきりしてウェストのサイズダウンに繋がります。

② 血行促進効果で冷え性改善

炭酸水を飲むと、血管に二酸化炭素が取り込まれ血液が酸素不足の状態になります。そうすると、血液はたくさん酸素を取り込もうとして血管が拡張して血流が増加します。

血行が良くなると、代謝があがり余分な脂肪や老廃物を流してくれると共に、体温もあげてくれるので冷え性改善にもなります。

③ 疲労回復効果、肩こりや眼精疲労解消

炭酸ガスは、体内に溜まった疲労物質である水素イオンや乳酸と結びついて、体外に排出する作用もあります。

運動後に炭酸水を飲んで疲労回復をはかるスポーツ選手もいるそうです。イタリアでは、サッカーチームの公式ウォーターに炭酸水が使われているほどです。

寝る前に炭酸水を飲んでから寝ると、目覚めがすっきりとする効果もあります。

また、肩こりや眼精疲労にも有効です。これらは、肩や目の奥の筋肉が凝り固まってしまうことが原因なのですが、炭酸水は血流を良くするので辛い痛みを和らげる効果があります。

目の周りに霧吹きで炭酸水をシュッシュッとかけてあげると、目の周りの筋肉の緊張を和らげ、すっきりするのでオススメです。

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

④ 美肌効果

炭酸水は血流が良くなるので、肌細胞の新陳代謝を活発にし、お肌のターンオーバーをスムーズする効果があります。また、炭酸水は弱酸性なので、抗菌作用に優れています。

余分な皮脂や汚れを取り除き、ニキビ菌の働きを抑制します。炭酸水は水の1.5倍も浸透率があると言われており、毛穴の奥の汚れを優しく取り除き、毛穴をキュッと引き締める効果が期待されています。

炭酸風呂の他にも、炭酸水洗顔や炭酸パック、炭酸シャンプーも手軽に取り入れることができるのでオススメです。炭酸水洗顔は週2〜3回を目安に、余分な汚れを優しく落とし毛穴を引き締める目的で行いましょう。

炭酸パックはスペシャルケアとして、目の下のクマやくすみが気になる時に、炭酸水を浸したコットンを乗せ肌をリフレッシュさせましょう。

炭酸水で髪を洗えば、頭皮の皮脂を浮かせて落とし、根元からふわっとしたサラサラ髪になります。美容院の炭酸ヘッドスパが自宅で簡単にできてしまいます。

炭酸水ではなく、水だけでダイエットしたい方は、こちらも参考にしてください。水だけダイエットの効果は?期間や量などの方法をご紹介

おすすめの炭酸水

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

ひとえに炭酸水といっても各メーカーがこぞって生産しており、たくさんの種類があります。

サントリーの「南アルプス天然水スパークリング」や日本コカ・コーラの「いろはすスパークリング」など、コンビニで気軽に買えるものもあります。各コンビニでも、プライベートブランド(セブンプレミアム等)からも、販売されています。

海外の炭酸水は硬水が多く、ミネラル成分を豊富に含んでいるので、ダイエットだけでなく総合的に体内環境を改善したい場合は、海外の炭酸水を選ぶと良いでしょう。

海外の炭酸水といえば、「ペリエ」「ゲロルシュタイナー」「サンペレグリノ」「ウィルキンソン」などが有名ですね。特に、「サンペレグリノ」は世界のテーブルウォーターの定番です。世界中100カ国以上のレストランで愛飲されているほど。その口当たりの良さは、食事の美味しさを引き立てると定評があります。

どれもミネラル成分が多いと同時に、とても炭酸が強くのどごしの良さや爽快感があることが特徴です。

「炭酸水はピリッと強めが好き」「ダイエットと一緒にミネラル補給したい」という人には海外の炭酸水がオススメです。しかしながら、硬水になりますので、お腹が弱い人はお腹を下すこともあるので注意して飲んでくださいね。

毎日飲むものなのでお値段がはる炭酸水はコスト面が心配…という人は、国産の炭酸水を箱買いするとコストを抑えることができます。

国産の炭酸水は、レモンやライム、グレープフルーツなどフレーバー付きの炭酸水も多く見かけます。炭酸水の「無味」が苦手な人は、日替わりでフレーバーを変えて楽しんでみても良いかもしれません。

それでもコスト面が心配な方は、家庭でも簡単に手作りできるのでぜひトライしてみてくださいね。

<炭酸水の作り方>

重層:小さじ1/2
クエン酸:小さじ1/2
水:200㎖
これらを混ぜるだけです!重層:クエン酸が1:1になるようにしてください。混ぜ合わせたら、炭酸が飛ばないように炭酸水用のペットボトルに入れて蓋をしっかりしめましょう。

動画でも作り方を確認してみてくださいね。

「超簡単!炭酸水の作り方(重曹+クエン酸編)」

また、デメリットのひとつとして「炭酸水に飽きてしまう」という人のために、対策法があります。

フレーバー付きを飲むのも良いですが、炭酸水をちょっとアレンジしてみると飲むのに飽きてしまうことを防ぐことができます。

例えば、生レモンを輪切りにして炭酸水に入れると、味も変わり、新鮮に飲むことが出来ます。また、ミントとグレープフルーツを入れれば最強のデトックス炭酸水になります。見た目もとってもオシャレで気分があがります。

冷え性の方には、ショウガを入れると、体がポカポカと温まるのでオススメです。自分流にアレンジして楽しく、炭酸水ダイエットをしていきましょう。

最後に

炭酸水ダイエットの量や効果は?メリット・デメリットをご紹介

炭酸水ダイエットの合い言葉は、「無糖の炭酸水を食前に 300 mℓ~500 mℓ」です!

飲んでよし、肌につけてもよしの万能アイテム炭酸水を毎日の生活に取り入れ、まずは1ヶ月炭酸水ダイエットに挑戦してみてください!

アイデア次第で、活用法もたくさんあります。自分流にアレンジして炭酸水を取り入れてみてくださいね。ダイエットは“楽しく”なくちゃ長続きしないですものね。

1ヶ月後には、体重減少やサイズダウンなどの嬉しい見た目の変化と共に、体内環境が改善されてきたことによって体が喜んでいることを実感できるはずです。

炭酸水という神様がくれた天然の自然の産物で、「健康」「美」を同時に手に入れましょう!

栄養士からのコメント

人間の体は約60%~70%水分で構成されており、さまざまな代謝機能に水が不可欠です。基本の水分補給は水で行いながら、食前や間食時に炭酸水を飲むなどメリハリを付けて取り入れると飽きの面でもコストの面でも続けやすくなります。また、気分のリフレッシュや便通の為の起床時の1杯であれば問題ありませんが、冷たいものの摂り過ぎは内臓を冷やし逆効果となりますので、キンキンに冷えたものは避けできるだけ常温に近いものを取り入れると良いでしょう。
特別なものではなく、毎日必ず必要なものをダイエット志向に変えることで無理なく続けることができることも大きなポイントですね。炭酸水を上手に取り入れて心も体も清らかなダイエットを目指しましょう!

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事