効果的なおすすめダイエット方法が見つかる - ダイエットメニュー

おからダイエットの効果やレシピをご紹介

DietMenu

おからダイエットの効果やレシピをご紹介

おからダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

「おから」と聞くと健康や美容に良さそうなイメージがあります。

そんなおからがダイエットにも効果があるならば、とても気になります。

実は、おからダイエットは成功したという口コミも多く、話題になっています。ここでは、おからダイエットの効果やレシピ、失敗したないための方法を紹介します。

おからダイエットとは(方法・やり方)

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_6
instagram

まず、おからとは何か?

最近ダイエット食材として注目を集めているおからは、豆腐を作るときに出るカスのことです。

大豆から豆乳を絞ったあとに残ったものになります。おからには、水分を含んだおからと水分をしっかりと絞った乾燥したおからの2種類があります。

また、大豆の種類や製造過程の違いによって、さらに違ったタイプのおからがあるので、調理法によって使い分けると良いです。本来は絞りカスで、食品としての需要がないことや、日持ちしないことがネックで、ほとんどが処分されてきました。

しかし、大豆の食物繊維がぎゅっと含まれていて、さらに、大豆の持つ豊富な栄養素を持っているので、ダイエットはもちろん健康面にも多くの効果が期待できる食材として活用されています。

ダイエットの方法は、とても簡単です。

毎日の食事におからを加えて食べるだけです。特に量について、決まりはありませんが、体に良いからといって食べ過ぎると体に悪影響を与えます。食物繊維を多く含んでおりますが、下痢を引き起こししまう可能性があります。

1日だいたい50gを目安にして食べましょう。

おからのレシピとして、おからハンバーグやコロッケなど、おからレシピが無数にあります。自分の好みのおからレシピがあれば、飽きずに続けれますので、ぜひ試してみてください。

おからダイエットの効果

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_5
lettuceclub.net

ダイエットの味方である大豆からできたおからには、ダイエットに有効な成分がたくさん蓄えられています。その成分ごとに紹介していきたいと思います。

食物繊維

いわずとしれたダイエットにかかせない成分です。食物繊維には2種類あり、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。おからに多いのは不溶性食物繊維です。胃腸の中で溶けず、水分を吸収して量が増え、量以上の満腹感を与えてくれます。

この満腹感がありながら、100gあたり110kcalと意外に低カロリーなのです。

また、食物繊維は、大腸の内部の流れをよくし、便通を改善させます。便の移動が早まり、便の腸内への滞在期間を短くするため、余分な脂肪の吸収を防いでくれます。ダイエットに大いに役立ちます。

そして、食物繊維は単に、便を増やし、便の自然な排出を促すだけでなく、お腹の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やします。いわゆる腸内環境の改善ができるのです。善玉菌が増えれば、老化や病気の元である活性酵素が減り、免疫効果が高まり、美肌になるなど様々な効果が期待できます。

大豆たんぱく質

おからに含まれる大豆たんぱく質には、様々な効果がありますが、なかでも特徴的なのが、血液をきれいにする働きです。

血液中の余分なコレステロール、特に悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。その結果、中高年の方が気になる動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を予防してくれるのです。

また、たんぱく質を摂取することで、筋力アップすることができ、基礎代謝が上がり、代謝促進効果につながります。

イソブラボン

イソブラボンの効果は、体の内側だけにとどまりません。肌に直接塗れば、シミの原因になるメラニン色素の生成を防ぎ、シミをできにくくする効果が認められています。

また、美肌や保湿にも効果を発揮します。昔の人は、丸めたおからで肌をこすってお手入れをしていたそうです。美肌の効果を経験的に知っていたためと考えられます。

そして、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしています。そのため、女性ホルモンに非常に似た働きをします。閉経後、女性が更年期障害を起こすのは、エストロゲンが減少するためですので、イソフラボンを含むおからを摂取することで、更年期症状をはじめ、骨粗しょう症や肥満、乳がんなどの予防や改善に効果があります。

サボニン

本来は豆腐を作る際に、風味を壊すため取り除かれるサボニンですが、おからにはしっかりと含まれています。

余分な脂肪や糖の吸収抑制や便秘解消、中性脂肪の低下などのダイエット効果があります。

レシチン

おからに含まれるレシチンには、脂肪を分解して、代謝を促進してくれるダイエット効果があります。また、動脈硬化を抑えたり、記憶力を向上させたり健康に効果もあります。

おからには様々な効果があることが分かりました。

おからを食べるだけでは、ダイエットの効果を最大限に引き出すことができません。ダイエットに失敗しないためやおからの効果を上げるには、おからを食事に取り入れることと、適度な運動を取り入れることが大切です。おからの代謝促進効果に自身で意識して、運動を取り入れることでさらに効果が期待できます。

さらに、おから効果で便秘解消効果と、腹持ちの良いおからを摂取することで、一日の摂取カロリーを抑えることが、このおからダイエットのポイントです。

おからダイエットの人気レシピ

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_3

おからのダイエットレシピを紹介する前に、おからを使用する際の注意点について紹介します。

おからの保存方法

生のおからは水分を多く含んでいるので、腐りやすく長期保存ができません。

スーパーなどで買って来たらすぐに冷蔵庫に保存し、賞味期限内に食べきって下さい。

新鮮なうちに冷凍庫に保存すれば長期保存もできますが、水分の多いおからは小分けにして保存すると使いやすいです。水分の少なめのおからについては、フライパンで乾煎りして、水分を飛ばしてから密閉容器などに入れ冷凍保存することをおすすめします。

腐りやすいおからの弱点を解決した乾燥おからは、常温で保存できるので、自分が使用しやすいおからの種類を選びましょう。

◆おからは油をよく吸う

おからは油と水分をよく吸う性質があります。マヨネーズなどの油分を多く含む調味料を使う時は注意が必要です。量に注意し、酢や酒で代用しましょう。

おからのダイエットレシピ

ダイエット効果を持つおからのレシピをここで紹介します。

おからハンバーグ

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_7

【材料】豚ひき肉、おから、玉ねぎ、卵、大根、にんにくチューブ、生姜チューブ、牛乳
引用:おからハンバーグ

おからご飯

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_8
【材料】おから、絹ごし豆腐、ご飯、塩コショウ、中華あじ、オリーブオイル
引用:おからご飯

おからポテトサラダ

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_9

【材料】おから、じゃがいも、きゅうり、にんじん、玉ねぎ、ハム、酢、牛乳、マヨネーズ、塩コショウ
引用:おからポテトサラダ レシピ

紹介した他にもたくさんレシピがあります。

自分好みで、自分のライフスタイルに合ったものを探してみましょう。

料理が苦手な方は、まずは簡単なものから挑戦してみて、どんどんレベルをあげていきましょう。

おからダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_2

おからの様々な効果を知ったうえで、ダイエットをしてみようかと思った人もいると思います。

しかし、毎日おからを使ったレシピを考えたり、探したり少し大変かなと思った人もいるのではないでしょうか?

ダイエットは継続がとても大切です。続かないと効果は期待できませんし、ダイエット失敗につながります。時間がある人や料理が得意な人には簡単なダイエットかもしれませんが、仕事をしている人や料理の苦手な人には難しいかもしれません。

そんな方々に朗報です。手間いらずで、簡単におからを摂取できる方法を紹介します。

おからパウダー

一番簡単な方法はおからパウダーを使うことです。

これは、生のおからを乾燥させて粉末状にしたものです。生のおからは、1~2日しか保存できませんが、おからパウダーは数か月の長期保存が可能です。

やり方はとても簡単で、普段の料理におからパウダーを混ぜて食べるだけです。

成功した人達は、味噌汁、スープ、カレー、シチュー、コロッケ、ハンバーグ、お好み焼き、ホットケーキ、野菜ジュース、ヨーグルトなど、とにかく普段の料理におからパウダーを入れて食べていたようです。

忙しい朝は、スープや野菜ジュースに溶かすだけでとっても簡単です。味も、少しゴワゴワするだけで、味の変化はなく料理の味はそのままです。おからが少し苦手な方にもぜひ挑戦してほしいと思います。

豆乳おからクッキー

2つ目は豆乳おからクッキーです。

豆乳おからクッキー 1kg
カフェプリムラ
売り上げランキング: 2,276

ダイエットしている方には、おやつとして人気があります。朝の忙しい時間や夜の疲れていて、料理を作る気力が無い時にとても便利です。クッキーにもいろいろな種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

成功した人達がクッキーを選ぶうえで注意したことは、長く続けるうえで、保存料が無添加のものが安心だということと、甘味が強かったり、大量が大袋に入っていたりすると食べ過ぎてしまう危険性があるということです。

個装して入っていれば、食べ過ぎ防止ができます。あとは、食べる時は、飲み物と一緒に、ゆっくり噛んで食べることをおすすめします。

おからダイエットのおすすめ本

おからダイエットのおすすめ本を紹介します。

家村マリエさんの著書『満腹なのにみるみるやせる!おからダイエットレシピ』(アスコム刊、税込み1080円)

おからダイエットレシピ 満腹なのにみるみるやせる!
アスコム (2014-02-26)
売り上げランキング: 53,820

おからレシピを「メイン料理」「小さなおかず」「スープ」「主食」「スイーツ」「スムージー」などに分けて、計約60種類紹介しています。家村さん本人もおからで3ヵ月で12キロの減量に成功したモデルさんで、実績ありなので説得力があります。とっておきのダイエットレシピを大公開しています。

もう1冊紹介したいと思います。

石澤清美さんの著書『おいしく食べてやせる&デットクス!おからレシピ』(主婦の友社、税込み1058円)

おいしく食べてやせる&デトックス!おからレシピ
主婦の友社 (2014-06-26)
売り上げランキング: 98,114

おからやおから料理に関して詳しく書いてあります。おからに含まれる栄養成分、食べ方のコツ、保存方法まで、レシピ以外のこともたくさん載っています。

そして、メインのおかずから汁物、パン、スイーツまで幅広く、メニューが記載されており、どれも手軽にできるものばかりで、読んだだけでは終わらない一冊になっています。

最後に

おからダイエットの効果やレシピをご紹介_4

おからダイエットについて理解して頂けたでしょうか?

おからはダイエットに効果があるうえに、健康や美肌にも効果があるので、痩せるだけでなく体に様々な良い効果を与えてくれます。

始めた人がどんどんキレイになって、無理なくすっきり痩せられるのがおからダイエットなのです。口コミでもダイエット効果を実感した方が多くいます。少しでも興味を持った方はぜひ挑戦してみて下さい。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事